人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

自ら提供するウェブサービス上でアップロードされたファイルが「ウイルスかどうか」を判別して排除することは、ウェブサービス提供者として一般的でしょうか?義務でしょうか?できればやったほうがよいレベルでしょうか?

例えばこの人力検索には画像ファイルが添付できたと思います。画像のみアップされるのであれば、画像かどうかは判別しますが、doc/png/pdf/pptなど色々なファイルをアップロードできる機能を用意した場合に、ウイルス設置の可能性を排除できず、どこまで対応すべきかを悩んでいます。教えて下さい。

ついでに、上記利用シーンで活用できそうなlinuxに設置するウイルス対策ソフトがあれば、合わせて教えて下さい。

●質問者: logihot
●カテゴリ:コンピュータ ウェブ制作
✍キーワード:DOC Linux PDF PNG ppt
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●35ポイント ベストアンサー

故意でなければ、ウイルスを含むマルウェアを掲示していた罪は問えませんから、義務とは言いませんが、サイト運営者の良心として排除する努力はすべきでしょう。


個人サイトであれば、フリー(ライセンスはGPL)のアンチウイルスソフト「Clam AntiVirus」はいかがでしょうか。


参考サイト

◎質問者からの返答

そうですね。できればサイトの信頼性の意味でも、排除したいと思います。法人ですが、clamチェックしてみます。


2 ● sabuibo
●35ポイント

ウィルス対策はないよりあった方が良いのは間違いありません。

複数のユーザーが利用するシステムなので、

他人のウィルスのために自分のファイルまで感染してしまったら

ユーザーは納得しないでしょう。

ただし、ウェブサービスとして提供するのであれば、サービスの提供料金を考え、

ウィルス対策基盤を構築するコストをあわせて考える必要があると思われます。

また、ウェブサービスなので、ウィルス対策ソフトのライセンスもASPモデルであることが多く、高額になりがちです。

やらないならやらないで、SLAにきちんと定義するのが良いと思います。

Linux対応のアンチウィルス製品は F-Secure が有名です。

http://www.f-secure.co.jp/products/antivirus_linux_server/

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ファイルがアップロードされるタイミングで呼び出して使えるのでしょうか?デーモンに常駐してという記述がありますが

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ