人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

吉良上野介が足利の子孫であると聞きましたが、
それが証明できる「家系図」って知りませんか?
詳細も一緒に情報をほしいです。
よろしくお願いします!


●質問者: yuka33
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:吉良上野介 家系 証明 足利
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● rsc
●35ポイント

吉良上野介は義央と言います。ウィキペディア(Wikipedia)で吉良氏を引いたら、下の方に系譜「三河吉良氏・奥州(武蔵)吉良氏」があって、義央がありました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E8%89%AF%E6%B0%8F

http://ikasama4.at.webry.info/200707/article_17.html


2 ● adog
●35ポイント

http://www2.harimaya.com/sengoku/html/kira_k.html

http://www.weblio.jp/content/%E5%90%89%E8%89%AF%E7%BE%A9%E5%A4%A...

http://www.weblio.jp/content/%E5%90%89%E8%89%AF%E6%B0%8F

以下は、他URLからの引用です。

引用元は、

http://ikasama4.at.webry.info/200707/article_17.html

ですが

(おもしろおかしく書いてあるのでご紹介しました

一部、僕がアレンジしています)。

遡ること、戦国時代(織田信長の時代)へ。

まだ今川家が全盛期のころ、

一時期吉良家は今川家の家臣となっていましたが

今川義元が桶狭間にて亡くなると三河に戻り、後に徳川家康に仕えます。

一方の義元の後を継いだ氏真は

武田と徳川の侵攻を受けて大名としての今川家はここで滅びます。

その後、江戸幕府が開かれた折には徳川家の家臣として仕えます。

吉良家と今川家は名門の家柄という事で

幕府ができた時につくられた高家という役職に就きます。

高家というのは簡単にいうと

朝廷の使者とか接待とか幕府での儀式とかの

礼儀作法一切を取り仕切る役職と考えたのでいいです。

この家系図からも分かるかもしれませんが

直房は子が早世したために

岡山家から養子をもらい今川家を存続させています。

この吉良家は代々上野介を名乗ります。

この家系図の吉良義央(きらよしひさ)がその吉良上野介です。

つまり、吉良上野介義央は今川義元の孫の孫の子って事になります。

大抵の忠臣蔵関連の作品では吉良義央はどこか相手を見下すとこがあって

意地悪かつ嫌みったらしい感じで描かれていました。

それは多分、今川家の血が濃いからなんでしょう(笑)

ちなみに・・・続きがありまして。

吉良義央は出羽国米沢藩から藩主の妹を妻に迎えています。

で、米沢藩の藩主が亡くなった折に吉良義央は

妻との間に生まれた息子(綱憲)を米沢藩主の後継ぎにしました。

この米沢藩の藩主というのが上杉家。

結局、吉良義央の子、綱憲は、上杉謙信の子孫って事になります。

上杉綱憲は上杉家の当主としては当然の事ながら

吉良家、今川家共に縁がある人物という事になります。

つまり今川義元からすると孫の孫の孫です(笑)

なんか、今川家も吉良家も、

歴史上では、どちらかというと憎まれ役なのですが

こうしてみるとしぶといですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ