人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

戦後、大阪の肥後橋に米軍(空軍)のキャンプがあったらしいのですが、
どこの師団(部隊?)が来ていたか分かりませんでしょうか?

●質問者: shika11
●カテゴリ:旅行・地域情報 芸術・文化・歴史
✍キーワード:キャンプ 大阪 師団 戦後 空軍
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● jo_30
●60ポイント

参考:大阪と進駐軍

大阪都心の焼け残った建物がアメリカ進駐軍に接収された。アメリカ第6軍第1軍団の司令部は住友本社ビルにおかれた。大阪は第1軍団の第98師団の占領下となった。(今のビルは戦後のもの)

1945年12月に第6軍司令部は朝鮮に移動、第1軍団の司令部は京都に移り、大阪は第25師団が担当することになった。

とあり、終戦直後は第6軍第1軍団98師団であり、終戦翌年からは同第25師団となります。また、肥後橋ということで更に特定すると

1945(昭和20)年10月8日現在の米軍進駐状況は次のようであった。

=================中略======================

その他 上宮中学校 天王寺区上之宮町

電気専修学校 大淀区中津浜通

海洋道場 貝塚市二色ヶ浜

新大阪ホテル 北区中之島3丁目

桃ヶ丘国民学校 天王寺区北山町

石原産業 西区江戸堀上通1丁目

というわけで、石原産業ビルまたは飛行場として使用されていた靱公園のことかと思われますが、

そして講和条約発効の年、1952(昭和27)年当時の米軍利用状況は次のようであった。

=================中略======================

石原産業ビル 国警予備隊顧問団

=================中略======================

靱飛行場 軍連絡飛行場

という利用状況だったようです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ