人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アメリカのオバマ大統領候補は、母親が白人で父親が黒人。白人の血が1/2黒人の血が1/2。これでなぜ初の黒人大統領候補なんですか。映画の黒人俳優をみてもみんな白人の血がはいっているようにみえます。たとえばモーガンフリーマン デンゼルワシントン等それでも黒人です。
日本だと日本人と黒人の混血はすくなくとも黒人と呼ばないと思います。
アメリカ的な判断基準からすれば、少しでも黒人の血が入っていれば黒人なんですか。
なおわかりやすい表現で質問しました。「差別用語だとか何とか」の回答はいりません。

●質問者: mari108
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:アメリカ オバマ フリーマン ワシントン 俳優
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● どんジレ、どんさん
●18ポイント

こんにちは。興味深い質問ですね。

黒人の人権問題のご意見番であるシャープトン師は、「オバマは奴隷の末裔である我々とは別種の人間だ」と言い切り、積極的な支持を表明していない。

http://mediasabor.jp/2008/01/2008_1.html

上記がご質問への間接的な回答になるように思います。

上記のような例もありますが、アメリカの場合は「ルーツとして、アフリカから連れてこられたかどうか」が重視されるのかもしれません。だとすると、人種的にハーフであっても、「ルーツとして、アフリカ系アメリカ人である」として生きれば、アフリカ系の方ということになるのではないでしょうか。

アフロ・アメリカン

アフリカ系アメリカ人

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%A...


以上です。何か参考になれば幸いです。

◎質問者からの返答

ルーツとしてナアフリカ系ですね。ありがとうございました。


2 ● truth_or_gossip
●17ポイント

アメリカには、人種差別の歴史があり、混血でも、一滴でも黒人の血が混ざっていたら、黒人とされていました。

http://en.wikipedia.org/wiki/One-drop_theory

◎質問者からの返答

One drop rule 面白い言い方ですね。ありがとうございます。


3 ● MEI-ZA-YU
●17ポイント

「一滴でも黒人の血が混じっていると黒人」とみなすという

昔の考え方からでしょう。

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/7d72f31f783290414e864cb982...

>『1滴の血の掟』

南北戦争が終わってから、多くの南部の州で白人と黒人の「分離」(差別)を

徹底させるための法体系が作られる。

この法体系のなかで「黒人」の定義が必要となった。

多くの南部の州では「ワン・ドロップ・ルール」

(例えば一滴でも黒人の血が混じっていると黒人とみなされるような捉え方)で

判断することになった。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


4 ● greenwoods
●17ポイント

アメリカ的な判断基準からすれば、少しでも黒人の血が入っていれば黒人なんですか。



上で、まさに正解です。

http://www.kcn.ne.jp/~ca001/A135.htm

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%A...


顔が白人と区別が付かなくなるまで混血すれば、また別です。

しかし、それでも黒人家系だといわれるのが現在のアメリカの慣例です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● isogo45
●17ポイント

WASP、、、ホワイト・アングロサクソン・プロテスタント

か、「それ以外」というくくりになると思います。

メイフラワー号に乗ってきた子孫同士の純血種?!というと変な表現ですが、要は純血種かどうかということだと思います。

「それ以外」は、皮膚の色、生活習慣、宗教などの違いが少しでもあると分別されるようです。

黒人系、アジア系、ヒスパニック系、アメリカ先住民族系、アイリッシュ(ケルト系?)

。。。

イスラム系、仏教系、カトリック系

。。。

は差別の対象です。

という感じで区分けすると白人と黒人の混血は、「それ以外」で黒人系となります。

白人と黒人の混血の場合に、ほぼ白人として生まれた子と、ちょっと皮膚の色が黒かった子供で白人社会では別扱いされたことがあるとCBSニュースでやっていたことがあります。遺伝子なんて見た目じゃぁわからないけど、見た目の雰囲気で有色人種かどうかというのが判断の分かれ目な気がします。

ケネディが大統領になったときも概ねwaspだけどちょっと外れているから問題?話題になりました。

ほんのちょっと外れても「それ以外」なんでしょうね。

日本の場合は差別の対象になるようなことではないのでハーフだとかクォーターなんて平気で50%、25%といった感じで話をしますが、アメリカの場合は雇用の際にも人種の割合をはっきりさせないといけないケースもあるし昇進やビジネスに大きく影響してくるから白、黒はっきり区分けする必要があるんだと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ