人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

留学や、就職、キャリアアップのために、英語を勉強した方へ質問です。
語学のみの資格(英検,TOEIC,TOEFL…)をもっているだけでは足りなかった経験はありますか??
(経験でなくイメージでも結構です)
語学と平行して、
あるいはそれ以上に学んでおくべきこと(現地のマナー・慣習・歴史etc)のアドバイスを頂きたいです。

●質問者: tai2006
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:ETC TOEFL TOEIC アドバイス イメージ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● ajc
●23ポイント

現在留学中です。

語学の試験ですと試験勉強をすればいいわけですが、

実際に人相手に使う(話す、聞く)となると別です。

発音が悪くて通じなかったり、場違いな発言をしてしまったり。

国によっても、地域によってもマナーは違いますからね。

ある程度は日本でも勉強していけることではありますが、

留学先で実際に生活してみないと分からないことも多々あります。

留学を考えていらっしゃるのであれば、

とにかく現地に行ってみて学ぶので十分だろうと思います。

ただ心を広く、違いに寛容であることを意識する必要はありますが。

むしろ、これは皆さん仰ることではありますが、

海外に行って必要になるのは日本に関する知識だったりします(笑

あえてお知りになりたいのであれば、例えば↓

http://japan-england.269g.net/

◎質問者からの返答

>海外に行って必要になるのは日本に関する知識だったりします(笑

なるほど。自国のことをもっと知っておく、そして語れることって大事ですね!

有難うございます。


2 ● wildcard66
●23ポイント

留学経験者です。TOEFLもTOEICも受けました。ちなみにこの2つは語学資格ではなくて、現在のそれぞれの英語力の「到達度」を点数化してるだけですので、あしからず。

.

足らないと感じたのは、サブカルチャーに関する慣用句や、流行語ですね。しかし、これはオンタイムのネタなので、あらかじめ準備していく、というのは難しいですね。

英語圏の場合ですが、

・現地の人気テレビシリーズ(ドラマやコメディショー)を観ておく

・現地の子供が見るテレビアニメとCartoonを観ておく

・日本でも後悔している映画を観ておく

というのが妥当ですかね。現地に行ったら、MTVと、ゴールデンタイムに放映してる3大ネットワークのコメディー観てました。

スポーツに詳しくなりたければ、試合を観ることで、特技になることもありました。

.

英語圏は、日本人が思ってる以上に階級社会です。それぞれの層にマナーがあります。これは、現地に行ってどの層と交わるかによって代わってくるので、それは現地でできた友達複数人にその都度確認するのが妥当でしょうね。ネイティブの英語の先生に聞くのが、実は一番いいでしょう。

.

ビービス&バッドヘッド

http://www.amazon.co.jp/s?ie=UTF8&search-type=ss&index=music-art...

シンプソンズ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%B...

◎質問者からの返答

オンタイムネタ!

たしかに、ちょっとした話題でついていけないことも十分に考えられますねw

ビーバスはMTVでよく見てました!


3 ● ExtraSmooth
●23ポイント

語学資格では足りなかった経験、有ると聞きます。私は海外大学学部修了、現在日本国内外資系企業勤務です。

英語力と外国一人生活で培った我の強さで内定を頂いたものの、始めてみるとスキルが追いつかない、って言うのは良く聞く話です。私が感じるのは、学術的な分野でも、商業的な分野でも、自分が秀でている事を主張する姿勢、スキルは必要だということです。

外国語が使える事が評価されている職場の場合、その言葉を母国語とする人と勝負して勝つ必要があるんですから。

海外にいる間に現地人と積極的に触れ合い、細かな事柄も良く話し合うことが重要だと思います。

外国語での交渉のスキル、つまり外国語でので口喧嘩の場数を踏んでおく事が重要です。

毎日プライドを持って生活すればいいと思います。大学でのグループディスカッションで勝つためでも、支払い順に割り込んだ人へ注意するためでもいいのでは?

http://q.hatena.ne.jp/answer (ダミー)

◎質問者からの返答

> 自分が秀でている事を主張する姿勢、スキルは必要だということです。

>外国語での交渉のスキル、つまり外国語でので口喧嘩の場数を踏んでおく事が重要です。

なるほど。

英語は話せるだけではなく、それを使ってどう主張していくかのスキルも合わせて必要なんですね!!

大変勉強になります!


4 ● momoko2004
●23ポイント

国外で働いたことがあり、国内でも英語が必要な仕事をしていたことがありますが、英語ができる(例えばTOEICが満点近いとか)ことと、英語を使って仕事ができることとは全く別物です。


ただし、英語を話す人々と意思疎通をしたり、生活上の用事を足すために最低限の英語は必須です。


さらにその先は、ご自分が何をされたいのかによります。


何か専門的な仕事をする、あるいは専門分野の勉強をするのであれば、そのための知識や語彙は当然必要です。また、友達作りや現地の社交などを重視されるのであれば、スラングや生活習慣、最低限のマナーやタブーなども知っておいたほうが生活の質が向上します。


英語学の学者になる、とか、英語が出来るという満足が欲しい、という特例を除くたいていの場合、語学は目的ではなくて手段なので、手段だけではなく目的に関する部分も力をつける必要があるのです。


似たようなことを書いたサイトを見つけたので、ご参考までに。


http://www.catiks.com/sk/eclm_15.html

◎質問者からの返答

有難うございます!!

参考サイトも見てみます!!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ