人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

洋楽に詳しい人、お願いします。

歌詞が深い曲、裏話がある曲を教えてください。歌詞を見ただけじゃわからないような、あっと驚くようなものをお願いします。

条件
・歌手名、曲名を明記すること
・歌詞が見れるURLを載せること
・恋愛系の歌詞、下品な歌詞ではないこと

楽しみに待っています。

●質問者: pineapples-and-jellybeans
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:URL 恋愛 歌手 歌詞 洋楽
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● popattack
●25ポイント

http://jp.youtube.com/watch?v=TS9_ipu9GKw

http://www.lyricsfreak.com/c/creedence+clearwater+revival/have+y...

Creedence Clearwater Revival - Have you ever seen the rain?

超有名ですが、レインとは投下爆弾のこと。ベトナム戦争の反戦歌です。晴れた日に雨みたことあるか?っていうのは

晴れた日に落ちてくる爆弾のことです。ベトナム戦争時には放送禁止にされていました。

◎質問者からの返答

知りませんでした。回答ありがとうございます。

歌詞だけ見ても全然わかりませんね。驚きました。


2 ● u-chan
●50ポイント

一番はコレかなぁ?。

http://jp.youtube.com/watch?v=POl4vFp-5os

http://www.geocities.com/holidaysfun/dontlike.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/哀愁のマンデイ

歌詞だけ読むと、何のことだかわからないですが、背景がわかるとかなりビックリする

内容です。

この曲が発表されてから数十年たちましたが、未だに何の変化もないのが、アメリカのすごいところですね...。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。これも驚きました。訴えかけている歌ですね。

歌詞にある”シリコンチップ”というのはどういう意味なのか気になります。


3 ● ayame2001
●25ポイント

ビートルズの『Lucy in the Sky with Diamonds』

タイトルの頭文字をつなげると幻覚剤なので、この曲自体それを服用した幻覚だろうと騒然となった。真偽の程はわからないまま。

http://jp.youtube.com/watch?v=A7F2X3rSSCU


ビートルズでさらに『get back』

http://jp.youtube.com/watch?v=-6G7MkBMVxE

歌詞は get back joe ですが、ビートルズから離れようとするジョン・レノンに対して僕たちの元へ戻ってこいよ、、というP・マッカートニーの気持ちだとする説が有力です。この曲に対するジョンの気持ちが知りたかったですねえ、余計なお世話でしょうけど。リフレインが多いからあからさまな気がするのですが、、、。このチューブにある屋根の上でのゲリラ演奏は当時のファッションも楽しめます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B...



ちょっと外れるかもしれませんが、国歌で歌詞が血なまぐさくて恐ろしいのはフランスとアメリカ

フランス国歌

http://www.worldfolksong.com/anthem/lyrics/france.htm


アメリカ国歌

http://www.worldfolksong.com/anthem/lyrics/usa.htm

http://ja.wikisource.org/wiki/%E6%98%9F%E6%9D%A1%E6%97%97

アメリカ国歌については、彼らもその歌詞の問題で争議中。元来英米戦争の途中で生まれた歌詞に戦争を肯定するフレーズがあるので国歌としてふさわしくないと1980年代からずっと言われていました。特に9・11テロ以降、『America is beautiful』を国歌の代わりに歌うことも多く見受けられます。

http://jp.youtube.com/watch?v=OFbGEu8J7OM&feature=related

◎質問者からの返答

そうなんですか。なんか悲しいですね…ありがとうございます。


4 ● nofrills
●25ポイント

3年前のハリケーン・カトリーナのあと、チャリティとしてU2とGreendayがやったThe Saints Are Comingは、1978年にスコットランドのthe Skidsというバンドがリリースしたシングル曲のカバーで、The Skidsのオリジナルは、英軍に入り北アイルランドに配属され、任務で死んだ友人のことを歌ったものです。

In an interview with the Sunday Post on November 12, 2006, Jobson said that he had written the lyrics about a friend of his who had recently joined the British Army, and been killed on tour of duty in Northern Ireland.

http://en.wikipedia.org/wiki/The_Saints_are_Coming

オリジナルのThe Skidsの映像(テレビ番組Top of the Popsでのライヴ、たぶん口パクです):

http://uk.youtube.com/watch?v=wT9eQ2smjUM


U2 and Greendayのカバーのプロモビデオ:

http://uk.youtube.com/watch?v=seGhTWE98DU


歌詞:

http://lyricalwisdom.wordpress.com/full-lyrics/the-saints-are-co...

http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20080327202900AAZpYt...

↑ここのWWEさんの投稿にあるように、U2 and Greendayの冒頭部分はまったく別の曲(朝日の当たる家)からの抜粋で、The Saints Are Comingとは関係ありません。


余談ですが、U2には北アイルランド紛争に関連する曲が何曲かあります。Sunday Bloody Sunday(これは曲名と歌詞を見ればわかる内容ですが)、Please(ジャケを見れば和平を訴えるものだとわかりますが、歌詞やPVだけではどうでしょうか……U2.comに、"Please audio / video / lyrics" があります)など。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ