人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

株式に関してご教授下さい。

当方、親族の経営する会社の株式を一割強程保有しています。

この度、この株式を売却等して処分をしたいと考えたのですが、
全く関係のない第三者に売却等をするのは、
当社の性質上難しいので、
相当額で、会社自体へ売却等ができたらと考えました。

実際にこうしたことが可能であるのかご教授頂けましたら幸いです。

また、こうした株式の処分法として考えられ方法もご教授賜れましたら幸甚です。

なお、当社は同族会社であり、
公開会社ではありません。

何卒、宜しくお願い致します。


●質問者: kamo-kamo
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:会社 公開会社 同族会社 教授 株式
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● yazuya
●35ポイント

実際にこうしたことが可能であるのか

もちろん、会社に株を買ってもらうことは制度上可能です。

ただし、実際にその会社が株を買ってくれるかどうかはその会社に聞いてみないとわかりません。


経営者は親族とのことですので、まずは株を買い取ってくれるかどうか打診してみるのがいいでしょう。

同族会社なのでしたら、第三者に株を売られる可能性があるのは普通は嫌がりますから、その親族か会社が株を買い取ってくれる可能性はそれなりに高いと思います。

http://www.aibsc.jp/nsj/01tokusyuu/060701_01/index.shtml


2 ● oich
●35ポイント

まずは譲渡制限があるか否かによると思います。譲渡制限がないなら、法人としての会社に売却することも会社の経営陣の個人に売却することも可能でしょう。

具体的手続きとしては、有価証券売買契約書のひな形をgoogle等で探せばいいと思います。例えば、

http://www.tabisland.ne.jp/explain/jigyo/jigy1_03.htm

むしろ問題となるのは、法的・手続き的に売買できる/できない、ではなく、買いたいと思う売り先=買い手が見つかるか、どのぐらいの金額なら売買に合意できるか、合意できる売買金額算定根拠をどうやって決めるか、などといったことになることと思います。


3 ● dororoto100kimaru
●10ポイント

御社は、同族会社であり公開会社ではないとのことですので、全部の株式につき譲渡制限規定があり、種類株式は発行していないとの前提でお答えします。


会社側が自己株式を取得することに協力的であれば、株主総会決議により、特定の株主から自己株式を取得することができますので(会社法160条)、経営者に相談して株主総会を開催してもらうことになります。


会社側に自己株式を取得する意思がない場合には、株数・取得者を明らかにして譲渡承認請求を行うとともに、譲渡を承認しない場合には会社が買い取る旨の請求をする必要があります(会社法138条)。

親族である経営陣の誰かに購入する意思があるのであればよいのですが、そうでなければ、譲渡候補者として第三者をたてることになります。

http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_856.html


会社が買い取ることになった場合は、売買価格は、まず会社と請求者との協議によりますが、会社の提示額に納得がいかなければ、裁判所に売買価格の決定の申立てをするか、期間徒過を待って「1株当たり純資産額×買取対象株式の数」にするかの方法により定まります(会社法144条)。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ