人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ?SEASON” #018

THEME:「お部屋の秋じたく」「中秋の名月」「敬老の日に」

「今日をちょっと楽しく、イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら…」と展開してきた “リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつSEASONバージョン。四季の暮らしや衣食住のこと、新しいシーズンライフ…。毎回のテーマに沿って、毎日を元気にする暮らしのサプリをその思いや由来とともにメッセージ下さいね。
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とサプリ例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080903

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は9月8日(月)正午で終了させて頂きます。

1220416952
●拡大する


●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:9月8日 theme いね おすすめ はてなスター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 235/235件

▽最新の回答へ

[1]kappagold

敬老の日は、やはり孫を連れて遊びに行くのが一番喜ばれます


[2]敬老の日に urf77

敬老の日には社会につくしてきたおじいさん、おばあさんを敬い、長寿を祝いたいという気持ちを込め定番ですが花を贈ろうかと思います。


[3]大好きな祖母には dankichik

祖母にはこまめに電話したり手紙を書いていますが、敬老の日は特別なものを送りたいと思っています。絵が好きな祖母なので、画集がいいかなと探している最中です。


[4]お布団 dankichik

涼しくなってきたので、布団をかえようと思っています。夏に活躍したガーゼケットをしまって、厚めの掛け布団を出さなければ。


[5]お月見 urf77

丸いお月様を見ながら手作りのおだんごを作って食べてみるのも風流でいいですね。現代ではあまり見られない光景になりましたね


[6]>4 毛布やブランケット urf77

夜は少し肌寒くなってきましたね。うちでも押入れから毛布やブランケットを取り出して秋の準備をしています。


[7]中秋の名月の前後は大らかな心で過ごす TomCat

中秋の名月は「芋名月」とも呼ばれるように、古くから収穫の喜びを分かち合う日でもあると考えられてきたようです。欠ける所のないまん丸のお月様を、豊作の象徴と考えたのでしょう。

豊かな実りに感謝する行事ですから、この日ばかりは皆の心も大らかです。たとえば東北の一部では「片足御免」と言って、他人の畑に勝手に踏み込んで作物を失敬してもいいという習慣があるそうです。もちろんあまり大量に持って行ってしまったら泥棒ですから、畑に踏み込んでいいのは片足だけ。その程度で手が届く範囲の物ならどうぞ差し上げます、なんたって今年も豊作に恵まれましたから、というわけです。翌朝行ってみて作物が無くなっていると、人々はお月様が持っていったと喜んだそうです。

ほかにもお供え物を、お月見が終わって用済みと見るや、片っ端から子供たちが持って行ってしまう、なんていう習慣が伝えられている地方もあるようです。そうした習慣が現代風に変化したのか、中秋の名月の晩に子供たちが家々を回ってお菓子をもらうという地域もあるようです。これはとても珍しいケースだと思いますが、まるでハロウィンみたいで楽しいですね。

こんなふうに、収穫の喜びを皆で分かち合う行事であった中秋の名月の前後は、心安らかにお月見を楽しむためにも、出来るだけ大らかな心で過ごすようにします。誰々のせいで損をしたとか、誰のせいで余計な手間を掛けさせられたとか、誰の責任でとんでもない目にあったとか、そういうことをみな許します。そうして他人を非難する心を全て取り去って、満月のようなまあるい澄み切った心を目指します。

世の中全てお互い様。私も誰かに何かを取られたけど、きっと私だって誰かの大切な物を奪ってここまできた。私が自分の損失を全て水に流すように、どうか私の与えた迷惑も許してほしい。そんな懺悔の時でもあるでしょう。

そして、昔の決して豊かとは言えなかった農村でさえ、持てる物をみんなで分かち合って楽しんできた伝統の心に立ち返って、美しい月を眺めるのです。

月は、富める者にも貧しい者にも、自分より優れていると嫉妬してきた相手にも、自分より劣ると蔑んできた相手にも、平等にその美しい姿を現してくれます。それを思うと、妬みの心も蔑みの心も消えていきます。

特にネットを使うようになってくると、匿名なのをいいことに言いたい放題の掲示板などに出会ってしまうこともあり、そこに渦巻く妬みや蔑みの心に感化されてしまうと、いつの間にか自分の心も荒んでくることが多々あります。そんな心のリセットにも、中秋の名月の分かち合いの心は有効です。


[8]衣替えの季節 toukadatteba

秋口にはいると、夏物をしまって、秋冬ものに衣替えです。9月の半ば以降、ちょっと肌寒くなってきたころにいつもしています。季節の変わり目を感じますね?。夏に活躍してくれた洋服たちを大事にしまって、秋物やコートを用意するのもなかなか楽しいです。


[9]>7 中秋の名月 toukadatteba

お月見はしませんが、中秋の名月を眺めにいくことはあります(笑)

本当はお団子やらなにやらつくって、がやがやしたいのですが、皆仕事が忙しく。

昔の行事って、何かしら楽しいですよね。優しい心になれそうです。


[10]>3 敬老の日 toukadatteba

おばあちゃんとおじいちゃんに毎回電話していますよ?。誕生日やら、敬老の日やら、イベントごとに電話は嬉しいといっておりました。ときどき手紙やプレゼントも!今年は何を送ろうかと悩み中です。


[11]>8 衣替え urf77

衣替えの季節が近づいてまいりましたね。夏物を収納して、秋物、冬物を出してと、考えていたら腰も重くなりますが楽しみながらやりたいと思っています。


[12]お風呂に入浴剤を準備 toukadatteba

夏になると入浴剤であたたまりすぎると暑いので、すっかり入浴剤をしまってしまうのですが、秋になってちと寒くなってくると、ようやくしまっていた体温め系入浴剤の出番です。

泡が出るのとか、ヒノキの香りのとか、いろいろ大好きで買い集めているので、秋に成るとどれをつかうか楽しみが増えますね?。

石鹸やら入浴剤やら、バスグッズがすきなのですが、夏は石鹸しか楽しめないため、秋になってちょっと寒くなってくるのは、少し嬉しくもあります。

寒いながらも楽しみがあるというのはいいことですよね^^


[13]>9 名月をベランダで linne

ベランダから眺める中秋の名月というのも楽しいですよ。

白玉団子を用意して、もちもち食べながらみます。

といっても、私はおしるこが好きなので、しらたま団子はおしるこ風になってますが・・・。


[14]>1 顔を見せに akauo

普段からちょくちょく実家によれれば、それが一番いいのですが・・・。せめてもの罪滅ぼし?として、孫の顔を見せにいこうと思っています。


[15]すすき akauo

ススキを出窓に飾ります。ちょっとしたお月見気分を味わうことができます。

家の御近所はまだまだススキを見かけることが出来ます。秋のこの季節はちょっと得した気分です。


[16]敬老の日は人生の先輩たちの経験や昔ながらの知恵を生かす日 Oregano

敬老の日は、終戦の二年後の1947年に、当時の兵庫県多可郡野間谷村(現多可町八千代区)の村長さんたちが「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と呼びかけたことに始まります。戦争の爪痕がまだ生々しかった時代に、辛い歴史を乗り越えてきた人生の先輩達に感謝しつつ、その知恵を復興のために生かしていこうということだったのだろうと思います。

こうした敬老の日の発祥を思うと、この日はただおじいちゃんおばあちゃんありがとうの日では足りない、忘れかけられている昔の知恵を発掘して現代に生かしていく日にしないといけないと思うのです。

先ごろイエはてなで夏休みスペシャルの「エコ・ルポ」が開催されましたが、エコライフの基本やエコのための知恵の多くは、昔ながらの知恵に由来していると実感しました。炭団作りでもったいないの心の核心に触れる体験をしたり、風呂敷の活用が呼びかけられたり、中にはそのものずばり、エコ暮らしとは戦後すぐのような暮らしを取り戻していくことなのかもしれないといった意見も見られました。自然保護や地球温暖化防止のためにも、長い経験を積んでこられた人生の先輩たちの知恵が大切です。

また、今の時代限定かもしれませんが、戦争を経験してきた人だけが持っている生の体験や、そこから生まれてくる社会作りへの願いなどを知り、受け継ぎ、生かしていくことも、忘れてはならないことだと思います。戦争未体験世代が政治家の中心になったとたんに目立ってきた焦臭い法律や議論などを、戦争体験者はどう感じているのかなど、そういうことも私たちの世代がしっかり受け止めていかないといけないと思います。

そのためにはまず、敬老の日をチャンスに、自分のおじいちゃんおばあちゃんはもちろんのこと、地域の人生の諸先輩の皆さんなどと、積極的なコミュニケーションを持っていくことでしょう。そういう語らいの中から、受け継いでいきたいもの、今に生かしていきたいもの、国作り社会作りに反映させていきたい願いなどが見えてくると思います。私も今年からは、ただありがとうに終わらないコミュニケーションの出発点として、この日を生かしていきたいと思っています。


[17]>11 衣替え akauo

クリーニングに出すもの、タンスの奥に仕舞うもの、リサイクルにするもの、逆にハンガーにスタンバイするもの・・・仕分けが大変な季節が近くなりましたね。


[18]>6 タオルケットの代わりに掛け布団を akauo

夏から冬にかけては、まだ作業的には楽勝ですね。冬から夏だと、厚手の布団を洗って干して、圧縮して、っと案外大変です。


[19]>16 昔の話を聞くいい機会 akauo

私達の住むまちや生活様式は、日々変化しています。MOTTAINAIの文化、と限定する積もりはありませんが、昔の暮らしや価値観などの話を、祖父母と(孫を交えて)出来るといいなと思います。


[20]敬老の日に誕生日が近い義祖父、記念にポートレートを撮影 iijiman

私は父方母方とも祖父母は既に他界してしまいました。

でも奥さんの母方の祖父母が健在です。

義祖父は今年で90歳。なのに自転車に乗って歯医者に通ったり(ってことはまだ自分の歯があるってこと!)、家庭菜園で野菜を作ったりしています。どうやったらあんなに元気に歳を重ねられるのだろう。

さて、その義祖父なのですが、敬老の日に近い9月11日生まれ。今となっては世界的に重い意味を持ってしまった日付で、おかげで一度聞いただけで覚えてしまいましたが、彼が生まれたのは大正時代、誰がそのような後世を予想したことでしょう。

ともあれ、「敬老の日と誕生日が近い」ので、どうしても「何かしなくちゃなあ」ということを奥さんと話していたところです。

いつだったか、フェイスタオルを贈った年には、「まだ古いのが使えるから」としまい込まれて使ってくれなかったし、じゃあ、もうだいぶ古くなっているバスタオルなら、と、バスタオルを贈った年には、新しいバスタオルはどこかにしまいこまれて、相変わらず古いバスタオルを使い続けていたし・・・お年寄りって、本当に物を大切にするのだなあと感心しました。

その他に考えた候補としては、服は、選ぶにも私たちとは趣味が違い過ぎて何を選んだらよいのか(そもそもどこに買いに行けば良いのか)悩んでしまうし、小物といってもお年寄りが喜ぶものって何だか分からないし、食べ物も趣味が違って今ひとつよくわからないし・・・

そこで考えたのが、夫婦揃って写真を撮ってあげる、というもの。

今年新しいデジタル一眼レフカメラを買った(仕事で必要だったので)のと、かつて私も奥さんも写真学校に通っていたので、スタジオこそありませんが、「ちゃんとしたポートレート」を撮ることが出来ます。奥さんにはアシスタントでレフ持ち。出力はプリンタですが、耐久性のある顔料系インクで、本当はA3まで伸ばせるのですが、そこまで大きな写真を貰っても保存場所に困るでしょうから、A4くらいに伸ばそうかなと。

予算的には、プリンタの用紙とインク代くらいしかかからず、何だかお金をケチっているようで申し訳ないなあという気持ちもしなくはないですが、自分が出来ることの1つで、本人達が喜びそうなことだったらよいかなということで、今年は「写真」が敬老の日+義祖父のお誕生日祝い、ということにしました。


[21]>18 羽毛布団にかえます toukadatteba

とはいえ、出すだけですが。秋だとまだ暑いので^^

タオルケットだけだとこれから寒い季節に成るので、毛布もだしますね^^


[22]>21 毛布を出しました。今年も猫が毛布を「ふみふみ」 iijiman

今年は涼しくなるのが少し早かったような気がします。

もう毛布を出しました。

毛布を出すと、毎年お約束なのが、我が家の猫による「ふみふみ」「足踏み」「milking」。

お母さんの母乳を飲んでいた頃を思い出している、と聞いたことがあります。

ムービーは去年のものですが、今年もやっています。

ムービーでは分かりませんが、しゅうしゅう言いながら「ふみふみ」をやっています。

http://jp.youtube.com/watch?v=DogpPocVemc


[23]>17 秋物 dankichik

秋物のお洋服を買ったので、早く着たいなあと思っています。涼しくなったとはいえ、まだ暑い日が続き、結局夏物を着る日々です。今日なんてノースリーブだし。衣替えはもう少し先になりそうです。


[24]お月見団子は家族全員で丸める+うさちゃん団子の作り方 TinkerBell

お月見の行事が庶民に広まったのは江戸時代といわれていますが、

その頃のお月見団子は、家族みんなが参加して作る物とされていたそうです。

作る量の違いはありますが、お正月を迎える時のお餅つきと似たような感覚だったのかなぁと思います。

わが家ではお正月のお餅は買って済ませてしまいますので、

かわりに家で簡単に作れるお月見団子は、家族みんなで作ることにしています。

作り方は簡単です。

材料は団子粉などとして配合されて売られている粉が一番楽かと思います。

これはうるち米の粉ともち米の粉が配合された物です。

家庭のお供え物にするなら、団子粉は150gくらい。

これで大人が一人で全部食べたらお腹が一杯になるくらいのお団子が作れます。

粉をボールに入れ、ちょっとずつ水を加えて、耳たぶくらいの固さに練ります。

この時水でなくお湯でやる人もいますが、私は水です。

練れたら上に濡れ布巾などを被せて少し生地を休ませます。

こんな休養時間は取らない人もいますから、時間は適当。

全体に生地が落ち着いてきたらよしとします。

あとは、家族みんなで丸めます。

私の家では15個のお団子を作りますので、

まず全体を3等分し、それぞれをさらに3等分し、さらにそれを2等分した物をお団子一個のサイズにしています。

これじゃ18個できちゃうって?

そうなんです。お団子として丸く作るのは、このうちの15個だけ。

残りは再びまとめて二等分してちょっと大きなお団子にして、それを雪うさぎ型にします。

言い換えれば小さなオムライスのような形のお団子ですね。

それを15個の丸いお団子にプラスして作ります。

できあがったらたっぷりのお湯を沸かしてお団子を入れます。

お鍋が小さい時はいっぺんに入れずに、小分けに茹でていってください。

火が通ると浮き上がってきますから、そのまま2?3分。

茹で上がったら冷水にさらし、冷めたら取り出して水を切り、軽くうちわで扇いで水分を飛ばします。

これでつやつやお肌の美味しそうなお団子のできあがり。

雪うさぎ型の方は、ハサミでちょんちょんと切れ込みを入れてお耳を作るか、

洗った小さな笹の葉をお耳としてさし、梅酢などを爪楊枝の先で塗ってお目々にします。

そして丸いお団子をお盆の上にピラミッド型に飾り、左右にうさちゃん団子を飾ってお供えセットの完成です。

もしも家族の中で団子作りに参加していない人がいたら、

その人には最後のうさちゃんのお耳作りなどで参加してもらいましょう。

家族みんなで作ることで絆も深まるお団子作り。

ぜひ皆さんの家でもやってみてくださいね。

お月見が終わったら、あんこや抹茶、きなこなどお好きな物を付けて食べてください。

一部を残してお汁粉に入れてもいいですね。


[25]>23 衣替え sidewalk01

うきうきしながら秋冬ものを出します。寒い季節は大好きです。


[26]>5 お月見 sidewalk01

ぶらっと散歩するだけでも、月を見てると心が落ち着きますね。


[27]>22 シーツを変えます。 sidewalk01

夏物から秋冬物へ!だいぶ寝心地が違います。


[28]>15 すすき sidewalk01

をみると秋の訪れを感じますね。全国どこにでもススキはあるので共通のシグナルみたいでいいですよね。


[29]>10 敬老の日に電話 sidewalk01

してましたねー。今は祖父母ともなくなってしまいましたが、すごく喜んでくれていたのを覚えています。


[30]>28 すすき! nanairokamen

○今年は野のススキを数本取ってきて・・

実際飾ろうかな?・・


[31]>27 ○もう掛け布団!・・ nanairokamen

○掛け布団もう掛けていますよ・・

ただし、タオルケットと一緒にね・・


[32]>26 ○お月見!・・ nanairokamen

○小さい頃大きなまんまるいお月様が怖くて・・

逃げて帰ってきたな?・・


[33]>2 ○敬老の日に!・・ nanairokamen

○大正4年生まれの父が健在!・・

今年は何かしようかな?・・


[34]>29 敬老の日に電話 urf77

私もしています。感謝の気持ちと元気な声が聞けることを楽しみにして敬老のひには電話するように心がけています。


[35]とっても憂鬱 to-ching

こちらは秋=冬の様なもの・・・とっても嫌です。また、ストーブに火が入るので部屋の模様替えを余儀なくされます。ソファなどストーブの近くに設置は不能になります。


[36]>30 ススキ w83

ススキは穂のでかかったものをとってくるといいそうです。でも穂がでかかったものは見つかるのですが、きれいな葉っぱをしたのを捜すのは、なかなか難しい。虫食いが結構酷いものです。


[37]簾戸のいれかえ w83

まだまだ暑い9月ですが、中ごろになってくると涼しくなってくるでしょう。その頃には、お盆前から活躍してくれた簾戸も、そろそろ長期休暇です。障子や襖と交代です。これが我が家で行う唯一の「部屋の秋支度」ですね


[38]>13 我が家はサトイモで w83

収穫を祝うことにします。4月に植えて掘りっぱなしっですが、割合順調に育っているようです。他人におすそ分けするほど、獲ったことはないですが、本当のお月さまにはお供えして、収穫できたことを感謝しようと思います


[39]ファブリックの秋支度 SweetJelly

まずカーテンですよね。まだちょっと早いですが、温かい紅茶が心から嬉しいと思った日に、まずカーテンを薄手の暖色系の物に変えます。そして向かい側の壁にも、あったか色の布を壁掛けとして飾ります。

夏の部屋は窓もドアも開け放して、とても広く感じます。壁も部屋の外とひとつながりです。でも窓やドアを閉める季節になると、そこは閉鎖空間。急に壁が、僕はここだよと自己主張を始めます。だから壁掛け。

その下に白熱灯の小さなルームランプなどを置くと、さらに部屋が秋の色になっていきます。

ベッドカバーも今の季節ならベージュ色に取り替えて、あ、床に敷いていたゴザも来年までお休みですね。代わりに暖色系のカーペットが敷かれます。この季節はまだ使いませんが、部屋の隅にもこもこのスリッパを一足待機させると、秋の妖精がそこで出番を待っているような気がしてきます。

初秋は全体に淡いパステルカラー。もっと寒くなって冬の気配が聞こえたら、カーテンを厚手の物に取り替えて、壁掛けもオレンジを基調とした物に変わります。


[40]父母 atomatom

うちにはこどもがいないので、父も母もぼくにとっては父であり、母であるまんまなのですが、兄弟には子供がいるので、父も母もどうやら自分のことは「おじいちゃん」「おばあちゃん」だと思っているようです。

その証拠に父母がお互いを呼び合う呼び方が、何年か前までの「お父さん」「お母さん」から「おじいちゃん」「おばあちゃん」に変わったといっていますもの。父母2人だけのときもやはりそのままなのだそうです。

ぼくにとってはいつまでも父、母なので、「おじいちゃん」「おばあちゃん」という呼び方にはなんかちょっと違和感が残るのですが、本人たちが気に入っているようなのでよしとしましょうか。

敬老の日には孫ともども楽しめるような旅行ギフト券でもプレゼントしようかと思っています。


[41]>38 秋の夜月 fwap

秋の空の月は、春とは異なり空が澄んで美しく見えますよね。

帰宅途中の夜月が美しく、足を思わず止めてしまいます。


[42]>36 ススキ fwap

ススキは自宅に飾ることにしてます。

それも、黒く首の長い花瓶に生けることで部屋の雰囲気がよくなります。


[43]>31 布団 fwap

タオルケットから布団に替える季節ですよね。

ただ、残暑が厳しいらしいのでまだ替えてはいませんけれど。。


[44]>36 ススキでよく手を切りました atomatom

こどものころは家の近所にまだまだススキが生えているような空き地がありました。あれ、手で引っこ抜こうとするとスパッと切れることあるんですよね。なんどか切りました。あと、半ズボンで草むらで遊んでいると帰るころには足元が血だらけになっていたり。

今の子供にもたまには草で手や足を切るって経験、させてあげたいですけどね。

今の親御さんはそんな経験なんて必要ないって思ってらっしゃるかな。


[45]>25 衣替え fwap

そろそろ、長袖シャツが必要になる季節ですよね。

夏物の収納も、このエントリを見てから始めることにしました。


[46]>34 敬老の日 fwap

いつもお世話になっている祖父母に電話します。

何かあるごとに声を聴けるので、貴重な時間を共有できます。


[47]>12 シャワーからお風呂へ atomatom

そうですね、もうそろそろシャワーだけでは寒く感じ始めますよね。秋には秋の楽しみ方がありますね。シャワー上がりのビール、なんてのは聞いたことありませんけど、風呂上りのビールとなるとガゼン、魅力が増しますし。


[48]>14 おぉ・・・ to-ching

良いことです!喜びますよ!


[49]>32 今でもビックリ! to-ching

本当に大きく見えることがあります。時に赤い色のときもありさらにビックリ。


[50]>49 お月見 wacm

黄土色の顔をしているときがありますよね。


[51]敬老の日は9月15日だった! to-ching

弟の誕生日です、歳取ったら嬉しい日だね何て昔話してましたが、もう9月15日は敬老の日とは限らないのですね・・・。まぁ、10月10日、1月15日等々もそうですが・・・


[52]>46 敬老の日に電話 wacm

祖母に電話をしています。

祖母も喜んでくれるみたいで、こちらもうれしいです。


[53]>42 すすき wacm

ススキを見て、秋きの風情を感じざるを得ません。

河川敷や運動場の周りのすすきを見ることが好きです。


[54]乾いた涼しい風と漬物の準備 to-ching

これは好きです。とってもさわやかで、空気もきれいな感じがします。昔はそれからが漬物の用意、具体的には大根を大量に購入し、洗い、干す作業が始まるのを良く覚えてます。今はどの家庭でもしなくなりました。


[55]>45 衣替え wacm

秋冬物を出すときは寒い季節が来るかと待ち遠しいです。

冬物は重いので、腰を痛めないように注意です。


[56]>43 タオルケットを片付ける wacm

まだまだ熱い夜は続きますよね。

秋用の布団です。


[57]とはいえ当分冷房・・・ some1

暑がりなので


[58]>52 電話より peach-i

顔を見せてあげたいな


[59]>55 衣替え juic

長袖の季節だなあ…としみじみ用意しても、着てみたらまだ汗だくだったりしますが…

寒い朝も増えてきたし、タイミングが難しいですね。


[60]>20 写真撮影 eiyan

ポートレートを撮っておくのはよいですね。

記録記念写真は記録として残りプレゼントにも使える。

毎年撮影するとよいですよ。


[61]>24 お月見団子 eiyan

お月見団子は売っていますね。

色んな種類の団子。

沢山召し上がれ!!


[62]>35 石油 eiyan

今年は原油の高騰で冬越しが大変です。

燃料石油が高くなったままで冬の暖房をするとなると対策を考えなければなりません。

薪ストーブが流行りそうですが、薪を確保するのも大変そうです。

今冬の悩みですね!


[63]>50 芋名月 xnissy

実家は宮崎なのですが、お団子だけじゃなくて里芋や栗もお供えしていました。また、子どもたちが綱引きをしたり、相撲を取ったりというイベントもありました。当時はわけもわからずやってましたけど、今思えば地元だけの伝統文化だったんですね。今も続いてるかなぁ。


[64]猫のお月見計画 YuzuPON

猫が家族に加わって初めての秋がやってきます。居間で猫を抱きながらPDAでイエはてなを閲覧しつつ、今回のテーマに中秋の名月があるよと言ったら、父が「猫のお月見をするか」と言い出しました。うちのは大人になるまで野良だった猫なので、この子はきっと毎夜月を眺めて過ごしていたはずだ、中秋の名月の美しさをわが家で最もよく知っているのはこの子だ、飼い猫になってもやはりお月見くらいさせてやりたいじゃないか、というのです。ここまで本気で言えるとたいしたものです(笑)。

さっそく猫のお月見計画を話し合いました。完全室内飼いですから、会場は空がよく見える二階の部屋とします。時間は概ね20時から開催。この時刻ころ、月は南東からちょっと東に寄ったあたりの仰角30度くらいの位置に見えるはずですから、南の窓際に台をしつらえてお供えを置けばちょうどいいだろうということになりました。

お供えには普通のお団子と共に、猫も食べられる鶏肉団子を用意し、二皿並べて飾ります。お月見が終わったらお下げして、人間は普通のお団子を、猫は鶏肉団子をそれぞれ食べて、天地の恵みに感謝する儀式とします。

鶏肉団子は猫が食べても大丈夫なように食塩や香辛料などを一切使わない特製を、母が手作りしてくれることになっています。食塩を使わないと挽肉の粘りが出にくくて団子にまとめるのが難しいそうですが、そこは長年の料理キャリアで頑張ってもらいます。猫には魚より鶏肉の方が適していると聞いたのでこのように計画しましたが、それでもあまりたくさん食べさせると体に毒ですから、当日は一個か二個程度で我慢してもらう予定です。

お供えと一緒にススキを飾りますが、猫のお月見ですから、一緒にエノコログサ(別名ねこじゃらし)を採ってくる予定です。ススキはなかなかいいのが見つからないので、もしかしたらエノコログサがメインになるかもしれません。エノコログサはかつて重要な穀物の一つであったアワの原種と言われていますから、ススキよりも収穫を祝う秋の行事には適しているかもしれません。

あとは、人間の座布団と共に、猫が好きな私の枕を専用席として並べて準備完了という段取りです。

当日は部屋の明かりを消して、キャンドルナイトのように楽しみます。でも猫は夜目が利きますから、明かりを消してもあまり感動しないかもしれませんね(笑)。

皆さんも可愛い家族の一員であるペットと共に、楽しいお月見を計画してみてください。


[65]>59 ネクタイ xnissy

9月いっぱいはクールビズでよいのですが、10月になるとネクタイをしないといけないのが、ちょっと鬱陶しいです。


[66]>40 敬老の日 eiyan

老人が増えてくるとお祝いするのも大変です。

そのお祝いに旅行ギフト券はよいですね。

元気な間に旅行を楽しむのもよいものです。


[67]冷房を使う時間を減らす nakki1342

まだまだ日中は、真夏日もありえる地域に住んでいますが

少しずつ冷房を使う時間を減らそうかな?と

思っています

(その結果電気代が減るのは嬉しい)

その代わりに扇風機を使ったり

窓を開けて風を室内に入れるようにしたりと。

Tシャツもまだまだ半そでで過ごせるので

衣替えは、まだまだなんですけどね


[68]>51 祝日 eiyan

日本の祝日ってどうしてこんなに変更するんでしょうね?

子供の頃の祝日が今になって変わって祝日でないのは困りもの。

祝日はやはり変更しない様にして欲しいですね。


[69]>41 秋の豊かさ hanatomi

本当に秋は実り豊かなんですよね。

柿の木は、オレンジ色の木かと思うほど実がなり。

稲は一面金色の波。

土の中からは、ぼこっと大量のお芋さん。

暑い夏を乗り越え、冬になる前に、甘さたっぷり、澱粉たっぷり、栄養たっぷりの物が沢山地球に現れでます。

見ているだけで、豊かになります。


沢山の物を与えてくれる大地を目の前にしたら、心は自然に大らかになるような気がします。

それにしても、日本というのは四季があって豊かでよかったと思います。


[70]>41 おおらかな心で tibitora

おおらかな心で、まんまるいお月様を眺めながら心にも角が無くまんまるにしたいですね。

私もおもちを食べようと思います^^

夜は風などが冷えるようになってきましたので、おしるこ風もおいしそうですね(^^*


[71]>61hanatomi

ちょきんと切って作る耳、葉っぱの耳。

読むだけで秋の季節を感じます。

お耳と葉っぱを付けるのが面倒くさかったら、

丸いおもちに目と耳をかくだけでも可愛いですよ。


!! こういう感じです。 。は目。1は耳。


それから、あんこは、カスタードクリームや、黄味あんを入れたら、

お月さんぽくて可愛いですよ。


[72]虫の声と一緒にお月見 tibitora

こちらではちらほらと秋の虫の声が聴こえてきました^^

昼間は蝉が鳴いているのですが、日が暮れてからは「リーリーリー」と秋の虫たちの時間です。

うちの近くには田んぼとか公園とかで緑が多いので家にいてもよく鳴き声が聞こえて来ます。

お団子を食べながら、虫の声を聞きながら、綺麗なお月様を見たいなと思います^^


[73]祖父も祖母ももういませんが tibitora

私の祖父も祖母ももういないのでじかにお祝いをしてあげられないのがさびしいです。

お祖父さまやお祖母さまがおられる方は、会いに行ったり、電話をしたり・・・手紙でも、メールでも、何かちょっとしたことでも喜んでくれると思いますので、してあげてほしいなと・・・余計なお世話かもしれないですが私はそう思います・・・。


[74]>56 毛布 tibitora

夜中に寒くなって目が覚めてしまったりしましたので、毛布を出しました。寝るときはかけて無くてもすぐに手も届く所に置いています^^

だんだんと毛布が気持ちいい季節になってきましたね^^


[75]お背中流し隊 hanatomi

昨年敬老の日に小中学生がボランティアで高齢者の背中を流す「お背中流し隊」というのが行われたそうです。喜ばれただろうなあと思いました。

お年を召されると、年齢によっては、疲れてしまって、背中を流すのも大変なんです。湯ぶねにはいるのもふらふらで危険。良かったら一緒に入ってさしあげるのは、いかがでしょうか(*^-^*)

肌の触れ合い、良い思い出になると思います。

実家に帰られたら、おばあさん、おじいさんがいたら、お風呂でお背中を流してさしあげる

もしくは、銭湯に行って、近くの人の背中を流すのもどうでしょう(*^-^*)

FREE HUGのように、あらかじめお背中流し隊と何かに書いて持っていたら、

お声を掛けてもらえるでしょうか(笑)

私は、100歳(数えで101歳)で亡くなった祖母の背中をよく流していました。

祖母と一緒にお風呂にはいるのが好きだったんですよね。

とっても楽しかったです。てれくさくても、とっても幸せな思い出です。

とても喜ばれるかもしれませんよ。


[76]>72 虫の声 hanatomi

こおろぎのこえが、もう聞こえてきました。

季節は、肌でも、耳でも、目でも感じますね。(もちろん味覚や臭覚でも!)

秋の虫の鳴き声、好きですね。

夏が終わった頃の寂しそうなバッタの声、風が揺れるようになく音、あれはどんな虫なのでしょうか。

コオロギも素敵ですよね。

明月は、窓を開けて、虫の声を聞こうと思います。


[77]秋らしいリースを飾る staples54

秋になると自然の恵み(麦穂・どんぐり・赤い実など)を使ったアレンジ、リースが作って飾りたくなります。

今年の秋はローズヒップのリースを作るつもりです。

一つ一つ手摘みしたローズヒップは深い紅色からダークレッドとさまざま。

とてもシックなものができそうです。

出来上がったらキッチンに飾って秋を満喫しながらクッキングを楽しみたいとおもっています。


[78]>60 思い出の贈り物 asukab

これはすばらしい贈り物ですね。とても喜ばれると思います。こちらでも家族の記念撮影はすごくさかんで、(うちはほとんどしないのですが……)よくいろいろなお宅で壁にかかった家族写真を見かけます。子どもは毎年学校で個人の顔写真を撮りますし、写真って米国では何か大きな意味を持っているようです。

どうぞ思い出深い敬老の日をお過ごしください。


[79]>77 季節感いっぱい asukab

いいですね?、思い描いただけで秋の甘い香りが漂ってきました。子どもが作る簡単リースとしては、クリーニング屋さんでいただくワイヤーハンガーを利用します。丸型に広げ、ドーナツ型にくりぬいた同サイズの厚紙にテープで貼り付けて、あとはその上から秋の紅葉や木の実を木工のりやホットグルーで貼り付けていくだけです。あっと言う間に簡単リースのでき上がり。

でも今回は、staples54さんのように本格的なリースも作ってみたい。今から材料集めが始まりますね。


[80]こたつと、ラグ fhkl

フローリングの上に引く温かいラグと、こたつをそろそろ出す季節です。

一度天気のいい日に干してから出すと温かくて気持ちが良い。

フローリングは夏は冷たくて気持ちが良いですが、冬になると熱を奪うので、秋にはラグを敷きます。

涼しくなる前に出して、強い日光で殺菌しておきます。


[81]>69 名月 fhkl

よもぎ団子が好きですので、温かいお茶と頂きます。

秋の月を見ながら、お団子を食べるのは良いですね。

サツマイモで作った金時や、焼き芋を食べるときもあります。


[82]敬老の日、成人の日に hiro_kun

それぞれ、その年(4月2日?翌年の4月1日)に65歳、20歳になる人を集め、それぞれ、敬老の日に、めでたい敬老者式です、成人の日に、めでたい成人式です、と祝い、全ての該当者を、ポリグラフ、嘘をついた時の声、嘘をついた時に出る脳波P波、の三つを組み合わせた(他に良さげなのがあれば全部合体)嘘発見器にかけ、匿名で情報公開、どの質問に何パーセント反応があったかなどを公開する。質問には、全て「いいえ」でお答え下さい。

1 あなたは過去に、殺人を犯したことがある

いいえ

2 あなたは過去に、傷害を犯したことがある

いいえ

3 あなたは過去に、万引き、窃盗を犯したことがある

いいえ

4 あなたは過去に、暴力(時間が経てば治る程度ってことで)で誰かを傷つけたことがある

いいえ

5 あなたは過去に、言葉で誰かを傷つけたことがある

いいえ

ちょっとひねって、

6 あなたは過去に、PCウィルス(生きた、も両方聞かないとダメかな)を作成し、誰かに送りつけたことがある

いいえ

おおざっぱに、

7 あなたは過去に、法を犯したことがある

いいえ

個人的に聞きたいぃ、

8 あなたは過去に、子供はいらないという思いのままセックスをしたことがある(中絶という名の○人に繋がると思われ)

いいえ

好きな人にのみ聞いてみたい、

9 一人エッチをしたことがある

ハイ

人間界が弱肉強食になってしまう気がする、支えあい助け合いがいいんじゃないかと思いながら、

10 あなたは過去に、勉強の出来る出来ない、運動が出来る出来ない、仕事が上手く出来る出来ない、お金をより多く持っている持っていない、障害の有無などで、人に優劣をつけたことがある

いいえ

などなど、ひろくんは、1では多分っ引っかからず、って今まで虐めてきた人が誰か自殺してたら引っかかるかもな、2で家族を殴る蹴るしたことがあるので引っかかり、3はあんま仲良くない友達、というか嫌いだったヤツが万引きしたのを店を出た後に気付いたが放置したので、かかるかのうせいがあり、4も3同様かかるかのうせいがあり、5は知らず知らずに傷つけまくっている可能性があり、6は作る知識を持ち合わせておらず、って作る気もなく、気もなくの変換がキモなくになったな、7は高校の時酒飲んだし幼い頃タバコすったんでひっかかるかもな、8は黙秘だな、9は自分が嫌いなんで答えなくていいな、10は確実に引っかかるな、優劣つけまくってた、自分より劣ると思う人がいなくなってくると、下手をすると自ら、自分より劣る人をつくってしまう可能性がある、という危険なじょうたいのような気がする。5分程度で終わるかな、黙秘するひとは怪しく、って黙秘してしまった、何かちがうことを考えたり、騒いだり、呪文を唱えたり、現実逃避したりして、反応を阻止しようとするのも怪しい、罪を洗いざらい自白する人がでてくるかもしれない、時効になった事件が解決するかもしれない、小心者で該当しないことに反応しても匿名なんで安心、の、ような感じの、浄化作戦というか人生リセット作戦というか、人生のカタルシスというか、懺悔というか、全ての犯罪あぶり出し作戦というか、危険因子あぶり出し作戦だったり、を、毎年毎年全国規模で行い、受けに来なかった人は移動式嘘発見器で家まで押しかけ、何としても行い、それでもダメならブラックリストへ、という行事を、記念すべき成人の日にパスした成人を、大いに祝ってあげ、記念すべき敬老の日にパスした高齢者を、大いに敬い、たいんです僕は。

オイラみたいに引っかかった人々は、己を戒め、過酷な修行の日々へ。何をやっていても、どんな仕事でも、修行は可能、と思うんダガ。

関係ないのですが、Hafizさんの質問でだいぶテンションガ上がってしまったのですが、もう眠いです。寝ます。ここで寝ます、オヤスミ_ノ乙(、ン、)_…♪♪


[83]>68 違和感のある変更。 nakki1342

いつからか祝日が変更になってるものが

ありますが・・

変更した理由も分かりますが私も

何だか違和感がありますね


[84]>67 そうそう。 rsc96074

夜は涼しくなって自然に消すようになりました。


[85]>75 昔の銭湯 atomatom

もう30年以上も前の話ですけど思い出しました。うちには風呂があったので銭湯に行くのはごくごくマレでした。うちの風呂の調子が悪かったときくらい。

ただ小学校も高学年になると友達同士で夕方に銭湯に行くのが流行りました。子供だけでわいわいとはしゃぎながら風呂を楽しむのです。そういうとき、おなじく夕方の早い時間に風呂を楽しんでいるおじいさん、全然見知らぬ人でしたが、頼まれることがしょっちゅうでした。何を頼まれるか。「おい、わしの背中流してくれ」

子供にとっては見知らぬおじいさんの背中を流すのも遊びに一種になります。わらいながら流していたんですが、このおじいさん、もっと力を入れろと、注文が多いのです。ぼくらがむきになって力を入れても「もっともっと強くこすれ!」となかなか満足しません。ぼくらはもう何人かがかりでゴシゴシ行くんですが、おじいさんはそれでも満足しません。

最後にはもうなんだか意地の張り合いみたいになって我慢比べみたいな背中流しでした。

ぼくももう少し歳が行ったら見知らぬ子供と我慢比べ、してみたいなあ。もちろん、今度は背中を流してもらう方で。


[86]>85 背中を洗う futanbo

いいですね。私も洗われたい・・。昔の銭湯では当たり前の光景だったとは初耳で驚きで、いいなあと思いました。今銭湯自体がないですしね。せめて祖父母のおうちに行ったときにお背中流し隊をお孫さんたちがやってくれたらすごく嬉しいことと思います。


[87]>78 写真撮影 futanbo

ステキなプレゼントですね。モノより思い出って感じで・・。昔の人はよく家族で写真館でとってましたよね。今は写真が身近になった分、そうゆう記念写真ってあんまりとりませんよね。


[88]>76 虫の声とお月様 futanbo

ステキなとりあわせです。夜の虫の声ってほんとに秋を知りますよね。そして、あんなにやかましかったセミの声がなくなってちょっとだけさびしい気持ちにもなります。名月に涼しい虫の声、にお団子。お団子はあんまり食べてないので今年は食べてみようかな?


[89]>65 衣替え futanbo

タイミングが難しいですよね。確かに10月になっても長袖だと暑いって日もありますし。うちは去年一気に服を減らし、衣装ケース(収納ケース)だけになったので、ボックスの入れ替えのみで楽チンです。暑い日は半そでもすぐだせるし。


[90]>19 経験や知恵を聞く機会 futanbo

素晴らしい意見ですね。私はデイサービスでお年寄りのお話をよく聞くんですが本当に勉強になります。こんないい話聞く機会が他の人にないなんてもったいないっていつも思います。昔は自然にお年寄りとつながりがあったけど、今は世代間でぶった切られています。つながりが。敬老の日をそうゆうつながりの再出発の日として、コミューニケーションが続いていくことを祈ります。


[91]敬老の日は・・・ haruyo_koi

毎年温泉に招待しています。

普段食べられないような、高級なお肉だったりイセエビだったりカニだったり

が、ついてくるようなそんな温泉旅館に家族で泊まります。

いつも、優しく笑ってくれている祖父母に感謝しています。

どんなときでも、優しく話を聞いてくれて

笑ってくれて、感謝の気持ちでいっぱいです。

みんなでわいわい話をしながら旅館までいく道のりがとっても楽しいです。

段々年をとり、長旅はできなくなりましたが、それでも元気なうちは

こうして毎年旅行に招待してあげたいです。


[92]本の入れ替え haruyo_koi

たくさんある本棚

二列になっていて後ろの本はなかなか表に出てくることがありません

秋になると読書の時間が増えるので

少し厚みのある本を表に出します

本棚の雰囲気もがらっとかわり読み応えのある本ばかりのせいか

秋冬の気配です。

入れ替えの時には、天日にさらして虫干しをします。

小さな本の虫がわらわらと出てきます。

庭で広げるのでみんな自然に戻っていくようです。

そろそろ天気も落ち着いてきたことなのでこの週末にでも思い切ってやってみようかと。


[93]>89 まだ haruyo_koi

暑いような寒いような・・・

微妙な季節なので衣替えを迷っています。

少し薄手の長袖類をだしてきました。


[94]>88 まだ haruyo_koi

セミの声しかきいていません

こおろぎの声が聞こえるようになると、

あぁ、秋だなぁと実感できるのですが・・・。


[95]>86 私も haruyo_koi

洗いますよ。

敬老の日は温泉旅行にいきますので、

おばあちゃんの背中をごしごし。


[96]>87 暖かいプレゼントですね。 canorps

写真をプレゼントって素敵ですね。

私の祖母は、なにもいらないいらないの愛情を自分が注ぐばかりの祖母で

敬老の日には手紙を書くか電話をするか、会いにいくか位をするだけでしたが

とてもとても喜んでくれる祖母です。

写真をとって贈ってあげたら喜んでくれそうな気がします。


[97]>48 息子よりも孫 peach-i

孫のほうが喜びますよね^^


[98]>96 そういえば lovelykuma

あんまり家族で写真を撮る機会ってないような気がします

せっかくみんな元気でいるんだから、記念に撮っておいたほうがいいですね


[99]>95 子供のとき lovelykuma

銭湯でとなりのおばちゃんの背中を流してあげたりしていたのを

思い出しました。

最近はそういう温かみのある小さな銭湯も消えつつありますね。


[100]>94lovelykuma

虫はすごく苦手なのですが、

秋の虫だけは特別。

鈴虫やコオロギは子供の頃に飼っていました

キリ吹きで水をかけたり、今となってはなつかしい!

寝る前にあのかわいい声を聞きながら寝るのが幸せでしたね


[101]>92 本のお手入れ lovelykuma

先日、棚の奥の方にあった本を整理していました

何か読めそうなものはないかな?と。

すると、子供のときに読んでいた本や図鑑がでてきました

懐かしい思い出とともに再び本を読む意欲がわいてきました。

たまには本の整理もいいものですね。


[102]秋の飾りつけ lovelykuma

季節ごとにローチェストの上を飾っています

その時期にあわせたもので。

次は秋なので、まつぼっくりやいちょうで飾りたいですね。

でも、まだ秋色のものが見当たらない^^;

これから紅葉の季節に入りますが

それから少しずつ外に出てよさそうなものが落ちていたら拾ってきて飾りたいと思います。


[103]>74 私もです lovelykuma

今はブランケットをかけています。

夏のタオルケットでは少し寒い、

でもお布団はちょっと暑いので

小さめのものを出してきました

ふわふわの手触りが心地よくって長く寝てしまいます^^;


[104]>71 お団子 lovelykuma

ふつうのまあるいおだんごは作りますが

そういえば、お団子でうさぎって作れますね

これはすっごくかわいいかも!

いつもは、南天の実と庭の葉っぱでウサギをつくっていますが

耳も作ってしまえば食べられますものね。

赤いこんぺいとうとかで目をいれてもかわいいかも。


[105]>58 私も lovelykuma

祖父母に会いに行きます。

元気な顔を見せてくれるだけで十分、といって

喜んでくれます。


[106]>54 京都の lovelykuma

お漬物を通販で注文しました

今はどこにいてもネットで購入できるので便利ですよね。

梅の時期にはおばあちゃんといっしょに梅干を。

冬になると冬の独特のお漬物をつくります。

これが結構楽しくって子供の頃からの楽しみでした


[107]>53 ススキ lovelykuma

秋だなぁと思うと同時に

あの黄金色はおいしい新米を連想させ

お月見団子も連想させてくれます(笑)


[108]>91 町内会 to-ching

町内会(市から)長寿の人にちょっと前までは現金がお祝いに配られました。でも、家族内でトラブル(誰か猫ばばする?)が頻発し中止になりました、その代わり、金、銀杯(めっき)等が送られようになりましたが、誰が使うやら?困った世の中となりました。


[109]>101 そうすると・・・ to-ching

なかなか、仕事がはかどらなくなるのですね・・・。


[110]>106 甘くてね? to-ching

売っているのは化学調味料の味がして、また変に甘くないですか?塩とその素材の味だけの漬物が良いです。うちは家で漬けてそうやってます。


[111]>62 薪ストーブ to-ching

これを設置する家庭が増えているようです、ブームと言っても良いほど。灯油価格の高騰とヤッパリ雰囲気が良いらしい、また結構暖かいそうです。


[112]>57 暑いところは to-ching

仕方がないですね?、こっちで言う真夏が暑いところでは秋という感じですものね。


[113]>104 お月見団子 urf77

今年のお月見は、もっちりとした「おだんご」で秋の夜を楽しんでみようかなと思います。


[114]>100 鈴虫 urf77

秋の夜長には鈴虫の音色で風情を楽しみながら過ごす時間がたまらなくいいですね。


[115]>81 名月 urf77

朝晩涼しくなりましたが、秋の澄んだ空に昇る満月を鑑賞するのも風流ですね。


[116]>105 お金でもなく・・・ peach-i

色んな意味でエコですが、大事なのは、文字や、言葉だけでなくて、顔を合わせること


[117]>97urf77

祖父母にかわいい孫を連れて行ってあげるのもプレゼントの一つですね。きっと喜ぶでしょうね。


[118]>98 写真撮影 urf77

写真撮影はいいプレゼントですね。最近はそういった機会が減ったので元気な姿をみんなで撮影してそれをプレゼントすれば喜ぶでしょうね。


[119]>118 写真を一緒に撮る akauo

間違いなく、とても喜んでもらえますよね。「一緒に写る」というのが特にツボみたいです。


[120]>80 い草ラグから・・・ akauo

夏場はい草のラグカーペットをフローリングに敷いていました。まだOKなんですが、もう暫くするとウールカーペット、さらに秋が深まるとホットカーペットが恋しくなってきますね。


[121]>110 漬物 atomatom

漬物と聞いては黙っておられません。

秋から冬にかけての代表的な野菜はやはり大根と白菜でしょう。

沢庵漬けにもいつかチャレンジしようと思っているのですが、あれは大量に漬けるものですし、もらってもらえるアテもありませんので、つけたことがないなあ。大根のキムチ、カクテキは何度か作ったことがありまして、自家製だとありがたみが違いますから、うまいです。ハチミツを隠し味にするのがぼくのやり方です。


[122]>90 兵庫県発祥でしたか。 atomatom

敬老の日の由来は知りませんでした。アメリカでは敬老の日に当たるのは何でしょうねえ。ベテランズ・デイかなあ。ベテランという語には「退役軍人」の意味もあるんですよね。

ぼくらの世代がありがたいことに経験していない戦争についての話は今のうちに聞いておく必要があるといつも思います。口が重くなるような経験をしておいでの方もたくさんおられますでしょうけど。


[123]>119 写真 fwap

毎年、撮っていけばいい思い出にもなりますよね。

喜んでもらえる大きな手段だと思います。


[124]>114 鈴虫 fwap

鈴虫の鳴き声を聞くと秋の訪れを感じますよね。

鈴虫を飼ったことがあるのですが、繁殖しすぎると夜はうるさくて大変です。


[125]>117fwap

孫を連れて行くと喜んでもらえますよね。

私自身が孫だったときがそうでした。

喜んでもらえてうれしいですよね。


[126]>113 月見団子 fwap

うちでは、特に形式を決め手はいませんが、

みたらし団子あんこ乗せを食べることにしています。


[127]>121 漬け物 fwap

確かに漬け物はいいですね。それに、自分で漬けてみるのも。

大根と白菜はやはり定番で、キムチに流用できますよね。


[128]>125 自分の子供が peach-i

自分の子供が、幸せな家庭を築いてくれている姿が嬉しいのでしょうね


[129]>124 虫の声 toukadatteba

夏の終わりを感じますよね、すずむしとか。うちの近隣はもうなき始めています。りりりり、っていう声が涼しげで。


[130]>126 うさぎ団子の作り方 toukadatteba

はっぱって可愛いですね!やりたいなぁ?。お団子は意外と作るのは簡単ですよね?。やり始めになんとなくやるぞ!って気持ちがいりますけど。家族が減ってからはつくらないなぁ?。


[131]>47 お風呂? toukadatteba

あはは、確かに風呂上りのビールは、秋でもいけますね!私も良く飲みます(笑)

あ?のみたい?。今日はないんで・・・。


[132]雅楽と共に名月を眺め、雅さにひたる momokuri3

美しい月を愛でる習慣は非常に古くから存在し、少なくとも縄文時代にはそうした文化があったと言われています。平安時代になると、中国文化の影響を受けた貴族たちが、盛んに観月の宴に興ずるようになりました。

こうした平安文化を今に伝える観月会が今も伊勢神宮をはじめ、各地の神社などで多数催されていますが、そこで欠かせないのが雅楽の演奏です。雅楽の雅やかな音色に心を遊ばせながら観る月は本当に格別で、まるで心が一瞬にして空を駆けていく思いすら味わえると言っても言い過ぎではないくらいのすばらしさです。本当に心洗われるひとときです。

観月会は儀式ではなく宴ですから、そこで演奏される曲目は様々なようです。これは必ず演奏するといったような決まりごとはないようですが、伊勢神宮では「催馬楽(さいばら)」と呼ばれるジャンルの雅楽が奉納されます。これは平安初期に庶民の間で歌われていた民謡が宮廷音楽として取り入れられたもので、平安中期頃に雅楽として成熟して今日に至っています。インストではなく歌入りで、元々が庶民の歌ですから、歌詞は恋愛を歌ったものなどが多いのが特徴です。美しい月を愛でるロマンチック宵には最適な演目です。

さて、催馬楽がCDとして出ていないかと探してみましたが、数ある催馬楽に属する曲を網羅した物はちょっと見つかりませんでした。

雅楽の世界(上)

雅楽の世界(上)

でもこちらのDisk2の10曲目に入っている「蓑山」は、たしか伊勢神宮でも演奏されていたはずです。

他にもAmazonで「雅楽」で検索すると、日本の伝統音楽・芸能 ? 純邦楽 ? 雅楽 で絞り込んで、37件がヒットしました。

わが家がお月見でよく使っているCDはこれです。

日本の楽器(10)?雅楽?

日本の楽器(10)?雅楽?

五常楽、越天楽、千秋楽といった、いつかどこかで聞いたことがあるような耳馴染みのよい楽曲が6曲収められています。ちなみに越天楽は結婚式でもよくかかる曲ですね。巫女さんの舞いによく使われる「豊栄の舞」という曲も越天楽のアレンジバージョンです。

話が長くなってしまいましたが、お月見に雅楽は本当によく似合います。騙されたと思って雅楽のCDを1枚手に入れて、遥か平安の時代に心遊ばせるような、雅なお月見を楽しんでみるというのはいかがでしょうか。きっと心に残る一夜になると思います。


[133]十五夜と共に十三夜も愛でよう watena

ここで言う十三夜とは、中秋の名月の後に巡ってくる月齢13の月のことを指します。別名「後の月」。古くから中秋の名月に次いで美しい月とされています。十五夜にわずかに欠ける姿がまた風流なのですね。

古くは中秋の名月と後の月は完全にセットになっていて、お月見をするなら必ず両方すべきとされていました。どちらか片方のお月見だけで済ませてしまうのは「片月見」または「片見月」と呼ばれて、満足なお月見とはみなされなかったのです。

このため、男は意中の女性を中秋の名月のお月見に誘おうと懸命だったと言われています。ここで誘うことに成功すれば、翌月必ず、二度目のお月見デートが約束されるからですw。

十三夜は、日付で言うと旧暦の9月13日。今年は新暦の10月11日になります。この夜の月齢は11.8で厳密な十三夜の月に比べてちょっと細いですが、それもまた風流ですね。

中秋の名月を「芋名月」と呼ぶのに対して、十三夜の方は大豆や栗などを供えたことから「豆名月」「栗名月」とも呼ばれます。十三夜の習慣は日本独自の物で、諸外国には見られません。日本におけるお月見には収穫感謝祭の意味がありますから、重要な食糧であった芋の収穫期と、栗や豆の収穫期の両方で行うことで、完全な感謝が捧げられると考えていたのでしょう。

さらにここに稲作に関連した行事として「十日夜(とおかんや)」もセットに加わることがあります。これは旧暦10月10日に行われるもので、田の刈り取りが終わった後、稲藁を束ねた物で地面を叩く鳥追いのような行事を行ったり、田んぼを守ってくれたカカシに供え物をして月見を楽しむといった習慣が東日本を中心に伝えられてきました。

昔から旧暦8月15日の中秋の名月、旧暦9月13日の十三夜、そして旧暦10月10日の十日夜の全てに月が見られると縁起が良いと喜ばれてきました。今年はどうでしょうか。皆さんもぜひカレンダーに印を付けて、この三日をちょっと意識して過ごしてみてください。


[134]上と下 二つの月を愛でる♪ vivisan

平安時代には、中秋の名月には宴を催したとか。その際、本来の月もきれいですが、池などに船を浮かべて舟遊びと称し、水にゆらゆらとゆれる月(いわゆる水鏡の月です)を楽しんだといわれています。

夜空には本物の月、水面には水鏡の月を見て愛でるなんて風流ですね♪

本来なら、舟を浮かべたいところですが、それもままなりません。川の水鏡ならなんとかなるかもしれませんので、河原でながめるなんていうのもオツだと思います。

でも、せっかくならイエで楽しみたい。ベランダや縁側などに水を張った皿や鉢などを出して、ススキやお供えなどとともにならべ、月を映し出します。ちょっとだけ水をゆらせば、ゆらめいた月をながめることも可能です。

こうやってゆったりとした時間を楽しんでいこうと思います。


[135]月を愛でる歌会に参加してみるってどうでしょう? vivisan

月見の宴で行われていたことの中で、月を愛でる歌詠みがあります。

現在でも探してみると、いろいろな地域で当日、または前日のお休みの日などに歌会が開催される場所もあるようです。

例えば、


・静岡の伊豆山では源実朝を偲ぶ、仲秋名月伊豆山歌会が行われます。

http://www.izusan.com/izusan%20ibento.html


こうやって、場所にでかけて歌を詠むこともありですね。しかし、現在はWEB上でも投稿できる歌会というのもあるようです。

何年も前から行われているようです。

・ものぐさ歌会

http://www.tankamonogusa.net/web_utakai/web_de.cgi


昔から和歌が好きでしたが、まだ詠んだことはあまりありませんでした。

今年は自分のイエで月を愛でながら、歌を一首詠んでみるというのも粋ではないでしょうか?

けっこうみなさん大作ですが、今回がんばって歌を詠んでみたいと思います。

短冊をかってきて、墨を刷って詠んだ歌を書いて、お部屋に飾ってもよい思い出になるかもしれません♪


[136]>64 猫は夜、外を見る atomatom

公団に住んでいます。野良猫が何匹か住み着いているんです。うちの2匹の猫はその野良ちゃんたちがもうどうしようもなく気になるようです。外の猫たちの声が聞こえると窓際に走っていき、長い間、外を眺めています。もともと夜行性だからなのか、特に夜、外が気になるようです。確かに野良だったら月明かりと親しくしていたでしょうね。


[137]>63 家族でゆっくり月を眺める sidewalk01

のもいいですよね。


[138]>93 いつ衣替えするか sidewalk01

中々ふみきれないですね。


[139]>131 半身浴 sidewalk01

で読書するのが好きです。


[140]>129 風流ですね。 sidewalk01

あの音色は落ち着きます。


[141]>123 記念日に写真 sidewalk01

っていいですね。家族を持ったら実践したい!


[142]>136 ねこじゃらし・原っぱの風景のお月見 Lady_Cinnamon

猫のお月見、まるで絵本に出てきそうなフレーズです。とっても素敵なお月見になるでしょうね。

YuzuPONさんちのネコちゃんは、元は野良ネコちゃんとのことですので、ススキの風景だけでなくエノコログサ(ねこじゃらし)があることで、野良時代に闊歩した原っぱや自然を思い出してくれるかも(^^)ネコちゃんにとって、郷愁の秋となるかもしれませんね。


[143]>109 ふるきをたずねて新しきを知る Lady_Cinnamon

なるほど、衣服だけでなく本棚も模様替えとして、中身を入れ替えてみるのもいいですね。昔読んだ本など奥に眠ったままになっていたりします。また以前は途中断念した本なんかも、出てくるかもしれません。

温故知新、ふるきをたずねて新しきを知る。自分の中では昔の本になったものを、改めて開いてみると、新しい発見がある事はよくあることです。本のむし干しを逃した方には、秋の連休に文化の秋を楽しむ1日として、本の模様替えもいいですね。


[144]>133 「芋名月」「豆名月」「栗名月」 Lady_Cinnamon

十五夜(中秋の名月)に続き、十三夜(後の月)を愛する人と共に過ごすというのは、現代にも復帰させたい慣わしですね。

また「芋名月」「豆名月」「栗名月」というのも、素敵な響きの日本語です。秋の収穫のお祝いも込められているのがよく分かりますね。お月見のお団子には、十五夜にはお芋、十三夜には豆・栗も添えることで、秋深まる南天の満月の輝きもいっそう映えるでしょうね。


[145]>37 簾カーテンから布カーテンへ Lady_Cinnamon

昨年9月は残暑厳しい年でしたが、今年は雨や涼しい日も多いですね。うちも今月あたりに、簾ローリング式カーテンから布カーテンに衣替えになりそうです。

簾戸(すど)というと本格的に日本家屋を美しく、そして夏の涼として目にも優しい工夫ですね。

●簾戸・屋内の簾の美しい工夫例

http://www.digistyle-kyoto.com/study/culture/machiya/machiya09.h...

簾戸から障子・襖への衣替え。洋風でなく和のイエだからこそ、絵になる光景が広がりますね。


[146]>107 ああ、ススキ toukadatteba

いいですね?。ぼちぼち生え始めるかな。これをみると秋を感じますね・・・


[147]>127 漬物はいいなぁ toukadatteba

これからはくさいと大根がでてきますね。漬物には最適。私は漬物もしますが、キムチのなかに直接漬け込んでキムチをつくっちゃいます。おいしいですよ。


[148]>147 漬け物 wacm

確かに、キムチの中に加えればそのままできあがりますもんね。

寒い季節に食べる冷たい漬け物が好きです。


[149]>139 ヒノキのお魚マスコットにボール tibitora

ヒノキの香りのお風呂は香りもよくてゆったり落ち着けますよね。

お家でヒノキのお風呂桶は無理でも、ヒノキで作ったマスコットやボールをぽんと入れるだけでもいい香りが楽しめて、お魚で遊んだり出来ます(笑)

http://www.rakuten.co.jp/manaita/638395/#608839


[150]>140 鈴虫 wacm

あの音色がまた落ち着くんですよね。

うちの近所の小川も鈴虫の音色で一杯です。


[151]>141 秋の記念日の写真 wacm

家族を持つと意外に写真を撮る機会がないので、

是非とも3世代にわたる写真を撮っておくことをオススメしますよ。


[152]>146 すすき tibitora

すすきのあの先っぽのふさふさを見るとつい触りたくなります(笑)

たくさんのススキが風に揺らいでいるのを見るのも好きです^^

海みたいと思ったり・・・ナウシカみたいと思ったり(笑)


[153]>130 ウサギ団子 wacm

可愛いですね。家族がいるときにこそ作るべきですよね。

それこそ、子どものいないところで作っても何も楽しみも得られない・・


[154]>142 ネコと秋の夜空 wacm

確かに、うちの飼い猫も秋の月をよく見ています。

なんででしょうか?


[155]>151 思い出 tibitora

写真を撮って残しておくと記念にもなって思い出にもなっていいですよね。

見ていると「あの時はああだったなー^^」とかいろいろ思いだしたりもします。

甥っ子はたまに気づかれないように写真を撮られたりしています(笑)何かに集中していたり遊んでいたり、自然な写真がとれています^^


[156]>138 衣替え tibitora

今はその日の気温によって半そでを着たり長袖を着たりです。

昼間は暑いので半袖、夜は長袖とかも。

「何月だから」ではなくて自分のすごしやすい服装でいるのがいいかなと思います。


[157]>82 さらに、中秋の名月を hiro_kun

痴漢、露出狂、変質者、誘拐、監禁、イタズラ、DV、何やかんやで誰かを傷付けたことがある、盗撮、盗聴、などを、KYっぽく加えてみる、ついでにKYも加えてみる。そして……

何とかして世の中を平和にできないものか、と平和であってほしい未来に思いをはせながら、部屋の電気を消し、中秋の名月を愛でながら、日本酒を味わい、ワインも味わい、ビールも味わい、シャンディー・ガフをつくってみて、飲んでみて、ベイリーズをミルクで割ってみて、ウィスキーとコーラを混ぜてみたり、何やかんやで泥酔、そして現実逃避、記憶消滅につき、実行からも逃避。


[158]>157 適当かつおおざっぱに、書いたので、何か間違いはないかと見てみると hiro_kun

間違いに気付いたり、気づかなかったり、ラジバンダリで、DVはドメスティックバイオレンスで、KYは空気読めないで、と、追記してみたり、追記できないことがあったり、なかったり、ラジバンダリ。


[159]食べるものをお供えして食べる nakki1342

中秋の名月の時に地元では、フチャギと呼ばれるものを

仏壇などにお供えしてからしばらくして

それを食べるのですがウチの家ではフチャギが人気がありません

なので団子を10本用意してそれをお供えして

食べます。

(本当は9本でOKなんですが売っているのは5本入りのものが多いんです。

手作りをする時間もなくて・・)

→一皿に三本ずつ団子をおいてそなえるんです。

本当は、フチャギを食べなきゃいけないなと思うのだけど

無理して食べるのもいけないと思うので

団子を食べるのもOKかなと思っています

最後に

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B5%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%8...フチャギとは・・


[160]>159 面白いですね。 ssunao

上記wikiは記入されていなかったので、

調べてみました。

http://blog.qlep.com/blog.php/162701?categ=5&year=2007&month=9&m...

【以下引用】

ふちゃぎ

9月25日は旧暦8月15日、中秋の名月

沖縄では仏壇にフチャギをお供えする。



白いお餅に小豆をまぶしてあるおはぎの親戚の様な食べ物、これが「ふちゃぎ」です。

ふちゃぎは塩味が基本ですが、最近では砂糖入りも人気です。

旧暦8月15日、中秋の名月と呼ばれる15夜の日、本土ではお月様に対して月見団子か饅頭、おはぎなどと共にススキなどをお供えしますが、沖縄ではこの日、ふちゃぎを、仏壇か、台所に祀られているひぬかんに供えます。

【ここまで】

おもしろい!

あずきが直接まぶしてあるおはぎですね。

沖縄の文化を見せて貰いました。


[161]いっしょにハイキング vivisan

うちの両親は歩くのがけっこう好きで、しょっちゅういろんなところにでかけています。

ということで、今年の敬老の日には、いっしょにハイキングにでかけてみようと思っています。

私やダンナだけでしたら、ふと思いついた駅で降りて散策もよいですが、あまり両親に負担をかけるのもなんなので、あらかじめコースが決まっているところにしたいと考えました。


JRや私鉄で、決められた駅を降りて、その周辺を散策しながら歩く「●●ウォーキング」のイベントがありますよね。参加するとスタンプがもらえて、これを集めるとポイントに応じたプレゼントがもらえるみたいです。

常設のコースや、秋ならではの場所もあるようです。

前々から親が興味を持っていたみたいなので、お弁当と水筒を持参して参加する予定です。

場所は現在いろいろと検討中ですが、両親の希望を含め温泉とセットになっている場所にしようかと考えています。


例として

・JR東海さわやかウォーキング

http://walking.jr-central.co.jp/


いっしょに鉄道に乗るのも久しぶりだし、こういうハイキングなら距離的にもあまり負担はかからないし、ふだんは見過ごしていたところを発見できる楽しさもあります。

だんだん涼しくなってきたので、健康的に汗をかくのはちょうどいいかと。

ついでに私はMYトングでゴミ拾いをしようと思ってます。


親といっしょになにかを成すというのが、親も私も楽しいかもしれません。

いつまでも健康でいてほしいという願いを込めたハイキングです。


[162]>144 名月づくし ssunao

まん丸の月と、少し欠けた月、どちらも風流ですね。

昔は電気がなかったですし月の明るさを本当によく感じていたのでしょうね。

名月は、丸いお菓子にも良く付けられている名前ですね。

海老満月ではないですが、

さつま名月、あずき名月、えび名月は、食べ物でもありました。

rakuten:ogurasansou:439953:detailrakuten:isaika:10001729:detailrakuten:minamishuhan:1349624:detail


[163]>154 猫とお月見 ssunao

猫にとったら月はどんな存在として見えているのでしょうね。

温かい家族のはからいでよい月見ができたでしょうか。


[164]>39 季節に合わせた部屋のしつらい TinkerBell

夏はエアコンかけまくり、夏こそ閉め切りという家は別にして、

エコライフを目指す家の夏はとても開放的ですね。

秋になって涼しくなってくると窓やドアを閉めるから急に壁が自己主張を始める。

確かにその通りかもしれません。

私もチェストが置いてある壁の上が寂しいので、何か布を飾ってみようかな。

初秋らしい色合いの物がいいですね。

カーテンもわが家は夏の間は植物が作ってくれる「緑のカーテン」でしたので、

それが無くなると窓辺の雰囲気ががらっと変わってきます。

秋色のカーテンの登場ですね。

こういう季節に合わせた部屋のしつらいは、

室内環境を全てエアコンに任せて、

四季を通じて人工的に調節する暮らし方では、

なかなか実感を持って受け止められない話かもしれません。

部屋にも季節に合わせた装いを取り入れていく。

そんな楽しみを満喫するためにも、

エコを目指す暮らし方がお得だなぁと思いながら読ませていただきました。


[165]>163 猫のお月見、すてきです TinkerBell

猫の健康を考えたお団子まで計画して、すてきなお月見になりそうですね。

お月見は秋の実りに感謝する行事とのことですが、

YuzuPONさんのお家のお月見は、猫と暮らせる幸せに感謝する行事も兼ねますね。

秋は動物愛護週間の季節でもありますから、

こういうお月見は本当にすばらしい計画だと思います。

私も自分の家には猫はいませんが、地域の人たちと一緒にお世話している猫たちがいますので、

みんなと一緒のお月見を計画してみたいと思います。

来年はみんないい飼い主さんが見つかって、

YuzuPONさんの猫ちゃんのようにお家で楽しいお月見ができますようにと願いを込めて。


[166]>156 衣替え canorps

タイミングをいつも逃します・・・

そのせいでしょうか、たんすの中にはいつも長袖も半そでも混在している気がします。

もう少ししたら秋物の羽織類を出してこようかな。

夏の衣類も汗がたくさんしみこんでいて過程の選択だけでは取りきれない汚れを取って来年に備えるためにクリーニングにも出さないといけませんね。


[167]>161 すてきな計画です! TinkerBell

去年友だちが、敬老の日って困るんだよね、

孫としては何かしなければいけないと思うんだけど、

うちのおじいちゃん年寄り扱いすると怒るのよ、

なんてメールでぼやいていたのを思い出しました。

一緒にハイキング計画は、そんな若さがご自慢の方へのプレゼントに最適ですね。

敬老の日っていう理由ではなく、秋だから、お休みだから、と言った理由なら、

まだお仕事などで現役バリバリの方に対しても失礼がありません。

楽しい時間を一緒に過ごして孝行して、さらにマイトングで環境貢献。

こんなすてきな計画なら、きっと喜んでいただけますね。

敬老の日がハッピーマンデー休日に変わってしまって、

年によって日が変わるのは嫌だなぁと思っていましたが、

こういう敬老の日の使い方なら、連休の良さが生きてきますね。

お仕事をお持ちの方なら連休初日にハイキングに行って翌日はゆっくり休むとか。

子供、孫の立場でも、連休の一日を使えば色々やりやすそうです。

せっかくのハッピーマンデーを生かすやり方としても、

いっしょにハイキング計画はとてもすばらしいと思いました。


[168]>132 雅楽! TinkerBell

お月見は平安以前からずっと行われてきた行事ですから、

それに似合うBGMといったら雅楽ですね!

めったに聞かない音楽ですが、これを機会に親しんでみたくなってきました。

平安装束お雛様で、文学は古典で今に伝えられて接する機会も多いですが、

音楽には全く無縁でした。

雅楽のCD、一枚買ってみようかなと、とても興味をひかれました。

さらに平安の雅やかさを現すために、お香を焚いてみるなんていうのもどうでしょう。

さすがに十二単は着られませんが、ちょっぴり平安京のお姫様気分が味わえそうで、

すてきなお月見になりそうです。


[169]>134 水面の月、すてきです TinkerBell

そうそう。平安の昔は中秋の名月に水面に映る月を楽しんだりもしたんですよね。

お供えと一緒に水を張った鉢を並べて、家にもう一つの月が呼べたらどんなにすてきでしょう。

これ、ぜひやってみたいと思います。

黒い鉢ならよく月が映るかな。

陶器のお花を生ける黒い鉢があるので、それを使ってきれいに映るかどうか試してみたいと思います。

笹船を一つ浮かべたいな。作り方、前のいわしにありましたよね。

探してそういうのも作ってみたいと思います。


[170]>162 ふと考えました TinkerBell

そういえば月の名前が付く丸いお菓子、ありますね。

お菓子でふと考えました。丸くないけど、月見羊羹です。

黄色いお芋で芋羊羹の生地を作って丸め、

普通の小豆餡で作った羊羹の生地の中に埋め込んで固めるんです。

上手に切れば、小豆餡の夜空に浮かぶ芋羊羹のお月様の出来上がり。

失敗してお月様が二つ現れてしまったら、それはフォボスとダイモス。

火星のお月見用羊羹です(笑)。


[171]>122 とても大切なことですね TinkerBell

たしかアフリカなどでは、経験深いお歳を召した人のことを知恵の宝庫として図書館にたとえるんですよね。

そういう豊富な経験と知恵を教えてほしい、受け継ぎたいと願う心でコミュニケーションしていく日にするって、

本当に大切なことだと思います。

戦争の経験も、この日を機会に、ぜひ受け継いでいきたいですね。

せっかくのおめでたい敬老の日に暗い話は似合いませんが、

戦争体験その物でなく、そういう体験をしてきた人たちが、

今の時代をどう見ているかといったことをうかがう切っ掛けとしてのコミュニケーションのスタート日。

そんなふうになっていけたらすばらしいと思います。


[172]>73 お子さんやお孫さんがいないご高齢の方もいらっしゃいますから TinkerBell

ご近所のそういう方に何かお祝いをさせていただくというのもいいかなぁ、なんて思います。

親しくないとそういうことはしにくいですが、

私は一緒に町の猫たちのお世話をしてくださっている一人暮らしのご高齢の方に、

何か贈ってみたいな、なんて思っているんです。

でもその方、とても心の若々しい方で、年寄り扱いしたら叱られちゃいそうなんですよね。

だからいっぱい作ったからお裾分け、という理由でも付けて、

お口に合いそうな和菓子でも作ってみたいと思っています。


[173]>79 すてきな季節のよそおいですね TinkerBell

staples54さんのフォトライフには、すてきなリースやアレンジがいっぱいですね。

私も何か秋らしいリースを作ってみたくなってしまいました。

手摘みのローズヒップなんて本当にすてきです。

私はどんな素材が使えるかなぁ。

初秋はよく、秋を探しにハイキング、なんていいながら出かける人がいますが、

私は秋のリース作りの材料を探しにハイキングに出かけたくなりました。


[174]>73 敬老の日は peach-i

自分の身内だけにするためではないと思う


[175]消臭剤を秋バージョンに motsura

季節毎に消臭剤って出てますよねー

芳香剤っていうのか?

今年はハローウィンをテーマにしたのが出ていて楽しいです


[176]車の中の模様替え atomatom

友達が長距離トラックの運転手をしていますが、彼にとっては車の中がもう居住空間と呼べるほど長く時間を過ごすスペースなわけです。当然、季節によって模様替えが必要だそう。なによりシートの下に敷く座布団というかクッションというかとにかく敷き物。夏場は通気性のよいイ草のシートだったのを秋から冬にかけては、あったかいふわふわしたものに替えるそうです。


[177]>175 どんなかおりでしょう? peach-i

ハローウィンの香り??


[178]>176 車の中 eiyan

車の中は別部屋。

時には季節ごとに変えたいですね。

模様替えはよいことですね。


[179]>102 季節かわり eiyan

季節ごとに飾りを変えるのはよいですね。

特に季節色にしようとすると大変です。

季節の自然を取り込むのはよいですね。


[180]>135 月見 eiyan

月見の会はいいですね。

月より団子といかないので歌会はよいですね。

どんな作品が出来たのか知りたいですね。


[181]>177 ハローウイン eiyan

ハローウインの香りってどんな香りなんだろう?

そんな植物?そんな動物?そんな鉱石?

どんなものか創造しちゃいますね。


[182]>169 水面の月 eiyan

水面の月は綺麗ですね。

水が波打てば漂う月が。

水が跳ねれば跳ねる月が。


[183]名月眺めに夜のお散歩 Lady_Cinnamon

イエに縁側があって、そこからお月さまを眺められたら、さぞかし風流なお月見が出来るだろうな?と、毎年この時期になると思います。

というのも、満月ののぼる東側には、我が家に縁側や家族みんなで眺めれる窓辺が無いので、お月見団子などは夕食時に楽しむことにしています。

せっかくの十五夜お月さん。お天気が良ければ、家族で夜の町内を名月に照らされながらお散歩するのが我が家にとってのお月見になります。

ススキを持って、家族3人で静かなご町内をプ?ラプラと、月を眺め虫の音を楽しみながら歩く、秋の一夜です。


[184]>181 外観のことでしょう! atomatom

ハローウィンの香りっていわれてもピンとは来ないですよお。消臭剤の容器にハローウィン仕様のお化けとかかぼちゃのイラストが描かれている商品のことだと思いますよ。ハローウィン以外にも季節のイベントの描かれたものが販売されていますね。


[185]>182 池に映る月 atomatom

「池に映る月」と書いただけでもうすでに雰囲気がありますねえ。

うちの近くのため池、ガマが植わっていたり、松の木が枝を伸ばしていたり、ブラックバスがうじゃうじゃいたり、そういう池なのですが、その水面に映る空や雲がキレイなのですよ。街灯などない場所にある池なので日が落ちてから行ったことないんですが、一度、懐中電灯持参で月を眺めにいこうかな。


[186]>155 今日、撮ってきました。やっぱり小物をプラスしようなか・・・ iijiman

この「いわし」に書いた「敬老の日」兼「お誕生日祝い」のポートレート、さっき、撮ってきました。

今、プリントアウト中です。

ポートレートをちゃんと撮るのは久しぶりで、何だか私が緊張してしまって、手が震えました。

手ブレ補正付きのカメラで助かりました。昔のカメラだったらどうなっていたことか。

敬老の日は来週ですから、ちょっと早いですけれど、もう出来上がり次第渡そうと思います。

しかし、敬老の日当日に「何もなし」は、やっぱりちょっと淋しいかなあ・・・ガーゼのハンカチ(義祖母)と手ぬぐい(義祖父)なんかをプラスしようかな、と思案しているところです。


[187]>184 かぼちゃの香りかと思いました(笑) tibitora

ハロウィンテーマの消臭剤、見たときにカボチャの香り?と思ってしまいました(笑)

オレンジと黒のパッケージ・・・思い切ってかぼちゃおばけのパッケージで、カボチャの実の香りや花(どんな香りか知らないのですが^^;)の香りでも楽しそうだなと思います^^


[188]>185 笹舟! vivisan

おお!笹舟ありましたね!これはグッドなアイデアです!

私も笹舟浮かべたいと思います。

水面の月に映える笹舟もなんともいえないですね。

水を張る容器は黒のほうがいいかもしれません。私も黒い花器に水を張ろうと思っています。

カエルくんがしょっちゅううちの植物に止まっているので、きてくれないかなぁ?そしたら、水も跳ねるかも。


[189]>187 ハローウィンの香り・・・ peach-i

非常に気になりますね。

カボチャの香りだったら面白いですね^^


[190]>178 車の中ですか。 taknt

年中 同じかと思ってましたが、季節ごとに模様替えしてたりするんですねぇ。

クッションを替える程度みたいですが。

あとは シートカバーとかですかねぇ。

私は 車をもってないので よくわかりませんが。


[191]>179 まつぼっくりやイチョウは・・・ taknt

10月ぐらいにならないと 入手できないんじゃないかなぁ。

外の景色は 季節ごとに勝手に変っていきます。

部屋の中もそれに あわさなくてもいいような気もしましたね。

だって 外にイチョウがいっぱいあって 家の中にあっても・・・

なんて。

ま、都会だと イチョウとかは 限定したような場所にしかないから

部屋の中で十分、秋を堪能するのは いいかもしれませんね。


[192]>190 車を季節ごとに模様替え、素敵ですね Lady_Cinnamon

なるほど!車の模様替えはしたことが無い気がします。斬新なアイデアですね☆

座席のヘッドカバーやティッシュ小物のカバーとか、それ以外にも車の中のお手入れを季節ごとにしてみるというのは、工夫・アレンジにも色々と考えるでしょうから、楽しいお手入れになりそうです。

それに季節ごとに芳香剤が変わるとかも、素敵じゃないですか。春は梅・桜、夏はミント系や消臭効果もある緑茶をパックにして置いてみたり・・・秋や冬だったら、どんな香りがいいかなぁ。

家族でお出かけの時にも、季節ごとの楽しみが加わって、ドライブも楽しいイベントになりそうです。


[193]>166 難しいです・・。 nakki1342

衣替えってホント難しいです。

長袖と半そでのものとを変えるだけなんでが・・

(秋物と呼べるものはあまりないですね)

日中は、まだまだ暑いので長袖にそのシフトを完全に変えるのは10月以降かな・・

そう思っています


[194]お部屋の秋じたく。メンテナンスとお掃除 koukame

秋はとても良い季候なので、お部屋や家のメンテナンスとお掃除にも力を入れます。

まず、夏の間にフル稼働した、クーラーや扇風機のお手入れ、換気扇のお手入れ。

クーラーは共働きで勤務が忙しい人や、アレルギーの小さいお子さんを持っている方は、プロの業者に頼んでメンテナンスして貰う方もいるそうです。それはそれで、仕事を供給していることになり、また、健康にも良く、物も長持ちしますのでよいかなと思います。

私は自分でやっております。私は暖房は別の器具を使うので、クーラーは、天気のいい日にフィルターを洗い、本体はそうじ機を掛け、綺麗に拭き掃除し、百均などで売っている、カバーを掛けておくと来年使うときもスムーズです。

また、夏の間に電気のカバーに入ってしまった虫も多いので、この時期にきれいに掃除し、ふいておくと、部屋がサッパリ明るくなります。

障子などが傷んできたら貼り替えるのも今が良いと思います。

夏の陽射しで焼けていることがありますので。

また、夏は暑く、外に出たくないのでこの季節に風を通しながら家の外側のメンテナンスもするのが、我が家の習慣です。

家の周りのちょっとした汚れをとり、夏の強い陽射しで傷んだ塗料や、庭の木材などの部分は、きちんと秋に簡単に塗料を塗っておくと長持ちします。


[195]>188 水面の月 futanbo

ゆらゆら揺れてステキですよね。池や湖なんかいいですね。昔、夜の海で満月見た時、大感動でした。海に月の道ができてて、すごくキレイでした。もう10年以上前のことだけど、あの月光は忘れられません。


[196]>116 会いに行くこと canorps

会いに行くことを喜んでくれる。

というのは、こちらにとっても最高に幸せですね。

知人に敬老の日にプレゼントをしないと、あの人はお金をいくらくれてこれをくれたと、文句ばかりいうご夫婦がいて

しまいには、デパートで物の値段をみてきてこんなのはいらないとつき返してしまったそう・・・・

その後夫婦もなんだか、そうゆう風にしかできないのって寂しいだろうと思うし、周りの方もきっと寂しいだろうなとおもいました。


[197]>137 お月見いいですね。 canorps

お月見のお団子は、白玉団子ではだめでしょうか。

白玉団子なら子供も喜びそう。。。。

それとも白玉団子なのかなぁ。あれ。

今年はお団子を用意して、テレビを消して

家族でいろいろ語り合うのもいいかもしれませんね。


[198]>152 そういえば canorps

あまりススキを見かけなくなった気がします。

子供の頃はわっさとはえていて、トンボが飛んで・・・

ススキは本当に秋を感じますよね。

うちの子供たち、ススキはどれだってわかっているのでしょうか。

ちょっと探してこなければ・・・・


[199]>183 夜の散歩 futanbo

夜の散歩お月見作戦、いいですね。最近は夜、外を歩くことが少ないけど、たまに歩くとウキウキします。星空大好き、お月さま大好きなので。昔、田舎で見た満月があまりに美しくて思わずそれ(と湖の夕日)撮るために一眼レフ買ってしまったことがあります。


[200]>150 虫の声 canorps

うちも、外から虫の声がよく聞こえてきます。

日中のせみの声もだいぶ減ってきて夕方にはりんりんりーりーりー。

まだ蒸し暑かったりするけれど、そういったことひとつで日本人は涼しく感じたりしますね。

ああ、日本人でよかった。


[201]>172 私は futanbo

子供がいないから、お祖母ちゃん体験できません。なのでもし自分が老人になってtinkerbellさんのような方に贈り物もらえたら、すごく嬉しいと思います。年寄り扱いされるのいやってゆう方いますよね。私は年をとるってすごい尊敬されるべきことだと思うんですが・・。まあ、自分がそうなったらわかるのかな?


[202]>108 町内 canorps

うちの町内ではまだやっていますね。

お祝い贈っています。

私が組の組長を去年やっていたのですが、70歳以上の方のお宅を訪ねて

現状を聞きに回りました。

悲しいですが亡くなられたりする場合もあるようで・・・。

to-chingさんのおっしゃってるようなトラブルいやですね。

なにもそんなところから・・・・

とほんとに思いますね。


[203]>170 月の名前の丸いお菓子 futanbo

といえば、「満月ぽん」ですかね?満月ぽんは関西のみですかね?

あと、13夜の月で思い出したのが、ゆーみんの名曲「14番目の月」「次の夜から欠ける満月より、14番目の月が一番好き」ってゆう。恋心を月にたとえたステキな曲です。


[204]>103 ああ canorps

もう掛け布団を出さないといけなくなってくるんですね?。

我が家、夫が寒がりなので、なんと6月半ばくらいまで羽毛布団に毛布が出ています・・・

やっとしまえたとおもっても、もう出さなくちゃいけないんですねえ。

でも、羽毛布団は汗などを調整してくれるので年中いいとも聞きますね。


[205]>192 車が家 futanbo

長距離トラックの方は車の中が生活空間ですもんね。外の飾りつけも凝ってるけど、やはり中身もこだわりが出てくるでしょうね。季節感もあるんですね。一度拝見してみたいです。


[206]>196 寂しいですね peach-i

モノやお金より、価値のあるものに気づいてくれる人が増えて欲しいです


[207]鈴虫。 ttz

先日、スーパーで鈴虫を虫かごで売っていました。久しぶりに聞いたあの鳴き声。綺麗な音でした。鈴虫とか風鈴とか、夏に涼しさを感じるものはいいですね。そして、異常に暑かったもう夏ももうそろそろ終わりですね。


[208]気づけば両親が、敬老の対象に。 ttz

おじいちゃんおばあちゃんは、とうの昔に他界しました。

だからってすぐに両親がおじいちゃんおばあちゃんになるわけではありませんが、最近見ていると、ちょっと老いて来たのかなと感じるときがあります。少し寂しいものです。だから、やさしくしてあげないとという気持ちにもなります。


[209]クールビズもあとわずか。 ttz

とってもすごしやすいクールビズもあとわずか。暑いとか寒いとかに関わらず、ネクタイが無いというものはとても居心地がいいのですが。もう、ずっとこれでもいいのに!


[210]>112 ほんの少しは減るかもだけど・・。 nakki1342

少しずつ稼動させる時間は減っていますが

うちもまだまだ冷房のお世話になる時が続きます

うーん。10月一杯までは、稼動させると思います


[211]>194 蛍光灯綺麗にしました siyal

蛍光灯を掃除して、ファブリックを秋色の物に変えました。

さっぱりすっきり気持ちいいです。

最近の蛍光灯は凹凸面が少ないので掃除も楽ですね。


[212]>167 ハイキング siyal

この季節にハイキングに行くのは、気持ちが良いですね。

私鉄のウオーキング参加したことがありますがスタンプ帳があったりして、やる気になります。道も選んであるので安全ですね。

行ってみたいと思います。


[213]>180 月見の会 siyal

月を見ながら歌会なんて風流ですね。一度行ってみたいです。


[214]月を見ながら月見鍋はいかがですか? noz-hat

月を見ながら縁側で、ベランダでお鍋。

語らいながらゆっくり食べましょう。

少し風が冷たくて体が冷えてもぽかぽかと温かいです。


作り方

月にちなんだ、お鍋です、コトコトゆっくり煮込んでください。

月のように真っ白で、3度楽しめる美味しいお鍋です。

材料

・豆乳 500cc

・だし汁 約300cc

・薄口しょうゆ、みりん、塩 少々

・野菜 水菜、みつ葉、白菜、ネギ等々

・サツマイモの輪切り

・絹ごし豆腐 小1/2丁

・しいたけ 2枚

・おあげ 大1/2枚

・生麩 2切れ

・おもち

・ごはん 茶碗に2杯

・卵 2個

作り方

1)だしを煮こんで、豆乳を入れてください。

2)満月のように真っ白な、豆乳が入ったお鍋です。

沸騰させると湯葉ができます。

まずは湯葉を楽しんでください!

3)湯葉をとったら、好きな食材を入れて楽しんでください。

ゆでサツマイモを入れると、きいろいお月様のようです。

おあげさんが良くあいます。

4)まあるいお餅も月見鍋と好相性の味でしかも、お月見気分増量。

5)最後は、ご飯を入れて、卵を満月のようにポトリ。美味しいおじやを頂いて下さい。



湯葉→お鍋→おじやと楽しめます!


注意:吹きこぼれやすいので火加減に注意

具材のお薦めは、豆腐や厚揚げ、あぶらあげなどの大豆加工品が良くあいます。

コクがあるので浸透圧の関係で、少塩分の具材の方が汁を吸収し、味がよく馴染みます。はんぺんやちくわぶ、肉は、豚の薄切り、魚は鮭やタラが合います。

具材は薄くスライスするか、レンジであらかじめ加熱すると、火が通りやすくなりおいしく食べられます。



付け合わせには、キムチや、錬りごま、青海苔、あおさ、ぽん酢などを置いておいて、

それを器に入れて食べるとまったく違う味が楽しめてより美味しいですよ


[215]>203 月とお菓子 noz-hat

芋名月、栗名月、季節にちなんだ名前と言え、美味しそうに思えますね。

名月が付く名前はお菓子に多いですね。

カステラなどでも風月堂、名月堂、お好み焼きの風月

それに、ぐんま名月という、「りんご」もあるんですよね。


[216]>195 和盆の月 Lady_Cinnamon

ベランダで皿や鉢に水を張って、ささ舟を浮かべるなんて素敵なイエお月見ですね(^^)

黒塗りの和盆があったら、素材も軽いですし、ベランダの塗装を傷つけにくくなるでしょうし、絵的にも風流かなと思います(防水加工用の塗装がはげると雨漏りの原因になりますので)。

そうそう、「ツキ」という童謡がありましたね。盆と月との組み合わせは、昔から愛着のある光景なのかもしれません。

出タ出タ、月ガ、

マルイマルイ マンマルイ

盆(ぼん)ノヨウナ 月ガ。

http://www.mkishi.jp/midipage/utadouyou/tuki/tsuki.htm より引用


[217]>214 月を愛でながら湯葉を味わう Lady_Cinnamon

涼しい夜に月を見ながら、月見鍋というのも素敵なイエ・フェステバルになりそうですね(^^)

月見鍋とあったので、卵をポンと入れたお鍋かと思いきや、豆乳鍋で3度楽しむなんて、嬉しいレシピアイデアです。ちゃんと最後の雑炊のときに、卵をポンと入れてらっしゃる所も、「月を愛でる会」の〆にピッタリですね。


[218]>202 昨日うちの父が Lady_Cinnamon

昨日うちの父が、一足早く、町内会主催の敬老の日パーティーに招かれました。

こちらの町内では、75歳以上の方は市や自治会から、それ未満の方は町内会費で運営しているそうです。メインはお食事・少々のお酒、趣味の会の方々の踊りやゲームを楽しんで、お土産に紅白まんじゅうを頂戴します。

100人以上の方が集まると聞いて、私としても驚いているのですが、父は今のご町内では比較的、若い敬老世代なんだそうです。80代以上の方も元気そうに参加されていて、毎年、敬老の日パーティーで久方ぶりに合う方もいらっしゃるとか。食事をしながら、身近な暮らしの話題など、父ですら色々なお話を伺い楽しんで帰ってきます。

本番の敬老の日は、各ご家庭でお祝いということになっています。地元に温泉ができたので、うちでも今年はちょっと奮発してドライブ&温泉なんて一日にしたいです(^^)


[219]>217 月見うどんも^^ tibitora

月を見ながら月見鍋、夜は空気も冷たくなってきていますのでおいしく温まっていいなあと思います^^

他に簡単に出来る「月見」ごはんは「月見うどん」ですよね、うどんをゆでで卵を割り落としてくつくつと煮た月見うどん。

わかめやあげ(お稲荷さん用の味付きあげを入れてもおいしいです^^)を雲に見立てて入れてみたりするのも楽しそうです^^


[220]>197 お月見 haruyo_koi

スーパーでも月見用のだんごが売られ始めましたね。

そろそろ秋だなぁ・・・と実感できます。


[221]>193 衣替え haruyo_koi

すこーしずつ衣装を変えています。

今は長袖の軽いものをだしてきました。

やはり10月以降ですかね。本格的な交換は。


[222]敬老の日に菊ペン asukab

ボールペンの先にペーパーフラワー(あるいは造花)を付けた花ペンを高齢の方にプレゼントするととても喜ばれます。視力が弱くなってきたおじいちゃん、おばあちゃんにとり、見かけが白や黒の無機質なペンは、探すのが結構大変。でも、そこに色とりどりの花が付いていれば、すぐ目に入るのです。花が「ここにあるよ」と言わんばかりに声をかけてくれるのですね。

そこで敬老の日に、重陽の節句の菊に合わせた菊ペンを作ってみてはどうでしょう。白はあまり目立ちませんが、黄色、ピンク、白と合わせて3本贈るのならすてきかもしれません。もちろん1本ずつでも。だとしたら、鮮やかな黄色やピンクがおすすめです。

作り方は簡単。希望する大きさにもよりますが、縦横20センチぐらいの正方形アートティッシュを真ん中を中心点にして、四つ折りし、さらに半分に折り、最後は八つ折りにします(つまり八角形のイメージ)。菊の花びらは細長いので、細く長く花型に花びらを切り込み、これを3枚から5枚ぐらい重ねて、中心点をよじります。よじったところを二つ折りにした手芸用のモールでくくり、花らしく整えて、マスキングテープでボールペンに付けます。とにかくお花になればどんなやり方でもOK。もっと簡単にしたければ、長方形でも正方形でもアートティッシュを3、4枚重ね、端っこからジグザグに蛇腹のように折って真ん中をモールでくくるやり方もあります。これは、子どもの頃やりましたね。小さなお子さんにおすすめの方法です。

この花ペンは病院や公共施設などのカウンターでよく見かけていました。米国では個人チェックを切る際に記入が必要なので、ペンが必ず置かれています。ワイヤー付きで取り外し不可の場合はいいのですが、そうでない場合は(多くはペン立てなどに入れてある場合)、自分のペンと間違えて持っていってしまう人が多いのだそうです。そこで自分のペンと間違えないように……と誰かが花を付けるすてきなアイデアを思いつきました。それが、この花ペンです。華やかなお花が付いているので、誰も無機質なボールペンが自分のものとは間違えず、据え置きの効果抜群とのことでした。

ボールペンはインク交換可能なものを選んで、終ったら詰め替えてあげるとまた喜ばれます。それもふれあいのきっかけになりますね。

(今回は見本の写真といっしょに3色揃えて投稿しようと思っていたのですが、時間がとれず、このまま締め切りがきてしまいそうだったので説明文だけでの投稿とします。)


[223]>191 季節の色 haruyo_koi

季節の色を取り込むことはいいことですね

段々季節感がない世の中になりつつあるので、

自分の周りだけでも、季節感あふれるものにしたいですね。

とても素晴らしいことだと思います。


[224]ハロウイン haruyo_koi

外国の風習ですが

友人たちと秋になるとパーティを開きます。

子供たちはかぼちゃをくりぬくのに必死^^

パンプキンスープにパンプキンパイ

パンプキンを練りこんだパンなど、いろんなものが作れます。

みんなでお菓子を持ち寄ってわいわい騒ぐのがとても楽しいです。


[225]>186 ポートレート haruyo_koi

あまり写真をとったことがないので、

こういう日に記念に家族で写真屋さんでとりたいですね。

やっぱり、みんなが元気なうちにいろいろ楽しみたいですから。

来年もこの写真がとれますように・・・と願いを込めて。


[226]>189 芳香剤 cherry-pie

結構前からありますね。

多分。去年からかな?

ハロウインの模様をしたものですよね。

私も使ったことがあります。


[227]>222 菊ぺん?? cherry-pie

これは、よさげですね。

病院で、なんて、さすがというか^^

無機質なものより、こちらの方が見た目もいいですし、

探しやすいという利点がありますね。


[228]>220 家族で cherry-pie

家族でのイベントは大事にしたいですよね。

誕生日、お月見、お正月、なんでもいいので、

何かあるごとに我が家ではみんな集まってパーティーです♪


[229]>219 月見鍋 cherry-pie

わぁ?

これ、素敵です。

夜は少し寒いので鍋でもいいですよね。

豆乳を使うことによってヘルシーになりますしね☆


[230]>218 町内会 cherry-pie

そういえば、そんな集まりがあったような・・・。

昼間にでかけていたりすると、わからないもので^^;

みんな、元気に今年も会えたね、と同窓会気分なのでしょうか。


[231]>216cherry-pie

水をはって

その中のつきを楽しむ

確か、漢文か古文でこういう一説を読んだような気がします。

風流だなぁと印象に残っています。


[232]>215 お月見 cherry-pie

つきの名前がはいっているだけで

売り出していますよね。

和菓子屋さんの前をとおると、おいしそうな

つきにちなんだ黄色いお饅頭だったり、和菓子が勢ぞろいしています

みるだけでも楽しい♪


[233]うたをよむ cherry-pie

昔祖母が何か読んでいたような気がします

今、どこにあるのか・・・

小さい短冊のようなものに、達筆で書き綴られた文字。

小さいながらに、キレイだなぁ・・・と見ほれていました。

詩吟などもやっており、この頃になると

お月見をしながら、唄を聴いたり、詩を詠んだり、とても古風なひと時を過ごしていたと思います。

もう一度あの素敵な時間を過ごしたい

祖母にねだってみようかしら。

私のために一句詠んで、と^^


[234]>212 ハイキング cherry-pie

あぁ、これ、いいかも。

たまに涼しい日もありますし、山にいってみたくなりました。

なかなか時間がとれないとできないですが、土曜日なんて丁度いいですよね。

疲れても次の日、休めますので。

この週末に計画してみます。


[235]>207 今でも cherry-pie

スーパーで売っているのですね

子供の頃によくかいにいっていました

かぶとむしなどももらえたんですけど、今は高いですよね^^;

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ