人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

9月始まりの手帳が最近多く売られています。
「9月〜翌年12月」のものは、「来年の手帳を少し先取り」という感覚で買うのかと思いますが、
純粋に「9月〜翌年8月」のものは、どういった感覚で買うのでしょうか?
通常1月もしくは4月が年度の変わり目の日本において、違和感はないのだろうかと疑問です。
実際に買った方、使っている方、意見・感想をお聞かせください。

●質問者: heathy
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:意見 感想 感覚 手帳 来年
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● sylphid666
●23ポイント

アメリカなどでは9月に入学式が行われます。

http://www.america-ryugaku.jp/news/2007022700001.html

日本でも9月入学制度を取る大学も出てきたりしています。

http://www.waseda.jp/w-com/candidate/irregular/index.html

使用者のパイがそこまで広いかと考えると少し疑問はありますが、近いうちにアメリカ留学を考えていたり、9月入学で入った方などは違和感なく使えるのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

9月から始まるインターナショナルスクールや一部の学校だったらよくわかるんですが、

やはりそれほど人数が多いと思えないし、

輸入ものでなくて、六曜までかいてある純日本の手帳をつくるほど需要があるのが不思議です。

海外への留学だったら、現地の休日が描いてある現地のものの方が便利そうですし…


2 ● rsc
●22ポイント

どうやら、「9月始まり手帳」は、心機一転のためのようです。

・参考URL

http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20070903bk07.htm

http://www.selpro.jp/producer/digital-digitallife/archives/2007/...

http://ameblo.jp/republic-japan/entry-10045768599.html

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

やはり心機一転の場合は、買う時点では一応翌年9月まで使い通すつもりでいるのでしょうか?

それとも大体半年程度で飽きてしまうのであれば、次は1月もしくは4月を買えばいいやと思っているのでしょうか。


3 ● backupper
●22ポイント

9月決算の会社は多いですから、それにあわせたビジネス用途を狙っていると思います。

手帳はプライベート中心より仕事中心の内容が多いですから、決算期にあわせられている物は便利です。

http://questionbox.jp.msn.com/qa1675128.html?StatusCheck=ON

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

9月決算は思いつきませんでした。


4 ● horibeee
●22ポイント

http://hatena.ne.jp

URLダミーです。


前期・後期制度(2学期制)を取り入れている高校や、大学などの学生が主に使うものと思っていました。

ちなみに、私は大学ですので、後期から心機一転のつもりで購入しています。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

二期制だと後期の始まる10月から使うのでしょうか。


大学はセメスターの感覚が強そうですが、高校は学年・年度の感覚がまだまだ強そうです。

やはり4月からはまた別の手帳を買うのでしょうか。


5 ● peach-i
●11ポイント

夏が終わるということは、そこから冬がやってくる。

夏と冬の境をケジメとして居る人もいるのではないでしょうか?http://q.hatena.ne.jp/answer

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ