人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

『影武者』のことについて調べてください。
「影武者」は黒沢明氏の映画で有名ですが、孫子などの兵法書には記載がありません。
六韜などにも探しましたがありませんでした。
影武者・スケープゴート・身代わりなどの起源は?

●質問者: string_buffer
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:スケープゴート 六韜 兵法書 孫子 影武者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● guskonbudori
●35ポイント

人類史は自然界がもたらしてくれる収量との関係で豊穣の祈りを遙かなる自然界(神)に捧げた時代にその文明的端緒があり、生け贄(共同体全体からの身代わり)を神に差し出す代表犠牲儀式は世界各地でなされた。

やがて、生産力の高まりと共に国の初源的かたちとしての経済共同体が発生し、時には対立、闘争するような段階へ。権力の安定した構造づくりが試みられ、時に『影武者』の必要が生じたと思います。

身代わりの起源は相当に古く国家概念以前のものでしょう。

http://gogen-allguide.com/i/ikenie.html

◎質問者からの返答

スケープゴートと自分は書きましたが、生贄と影武者は本来違うとおもいます。

生贄は神に捧げるもので、影武者は身代わりです。


2 ● movinout
●35ポイント

呪術が起源ではないでしょうか?

日本では形代が有名ですね。

中国でも施術者の身体の一部などを身代わりにして

災厄を避けるエピソードが多くありますね。

http://www.kougetsu.co.jp/hinamatsuri/amagatu.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ