人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

知り合いから(Aとします)Flashコンテンツの依頼を受け指示通り制作しました。
Aは他の業者(Bとします)から制作依頼されていてその制作の一部を私に投げた形です。
契約書、覚書といったものは私とAの間では無くすべてメールか口頭でのやりとりです。
半年ほどたって報酬を受け取りましたが
その2か月後くらいからAが仕様を間違えていたということで3,4回直すことになりました。すでに発注から1年、初回納品から半年たとうとしていますが一向に終わる気配がしません。
AとBとの間に契約書はなく口約束だけで進んでいたようです。BもAに丸投げのようです。支払もBの顧客からBに支払われる前にBが肩代わりしてAに渡されたようです。
私は度重なる修正対応で報酬以上の仕事内容はしたと思っています。
しかしまた修正(聞かされていない仕様変更)が入るようでそろそろ辞めたいと思っています。
そこで
1.貰った報酬の全額を返金し終了。
2.制作分の報酬はもらったので終了。
3・一部返金するので終了。
を検討していますがどうすればよいでしょうか。弁護士に相談も考えていますが
お金がありません。報酬も全部使ってしまいました。
皆様のご意見をお聞かせください。

●質問者: chibitomo
●カテゴリ:ビジネス・経営 ウェブ制作
✍キーワード:Flash お金 コンテンツ メール 仕様
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● hiko3karasu
●100ポイント

ここに書かれているchibitomoさんの情報からは

2.制作分の報酬はもらったので終了。

でいいとおもいます。

口約束でも契約は交わされたと解釈していいと思いますが、

どこまでの仕事を受けたかがあいまいです。

仕事の依頼時にxxというスペックを満たすものをxxxまでに納入とするべきでした。

最初に仕様を間違えたので修正してくれといわれた時に、Aさん、chibitomoさんの間で仕様が違うという認識があるのならば、その時に新たな修正の仕事として契約しなおしたほうがよかった。

いま、かなりの量の工数を使ってしまっているので、いままでの納入後の仕事はアフターサービス的な好意でやってあげたと位置づけて、これ以上の工数がかかるならば、費用請求していいと思います。

もう受けたくないというなら、工数と費用が見合わないのでお断りします。と言うしかないでしょう。

メールでも何でもいいので、こういう仕様ですと連絡があった証拠が残っていればいいのですが。

◎質問者からの返答

大変貴重なご意見をありがとうございます。

エクセルで仕様書を2?3回変更したのをAから

メールで受け取ってます。

またそれらの作業にたいしてやるべきことではないと

やりとりもあるのですがAがいい加減でBにまったく伝わってないような状態です。

引き続き皆様の貴重なご意見をお聞きできればと思います。


2 ● cherry-pie
●100ポイント

指示通り作成したとのこと。

間違えていたのは、あなたではなく、

依頼者A,Bである

つまり、そのあとの修正はあなたの過失ではなく、あなたが修正に無償で応じる必要はありません。

依頼されて納品したあと確認をしなかった両者にも問題あり

また、依頼ミスをしたAも問題あり

あなたは依頼どおり作成した、とのことであれば

今回の修正は追加依頼となり、料金が発生します。

ですので、今までの分(修正分)は無料でいいけれど、これ以上は無料ではできない。

言われたとおりの仕事をしていなければ、無料で修正するけれど、

依頼どおりの仕事をしている。

つまり、そこで仕事は完了しているので、この修正はもう別問題になる。

当然料金が発生するけれど、3,4回の分は料金を請求しないのでこれで終わりにしてもらいたい

そういいましょう。

メールであっても依頼内容が記載されていれば、それが証拠となります。

弁護士にいくことを考えているのであれば、仲が多少こじれてもいいということ。

だったら、これくらい言ってもいいのではないでしょうか。

仕様変更は、相手の追加依頼となり、修正とは無関係です。

もし、修正にはいるとしても、最初の依頼どおりに作成していて、その後ミスがあり修正はこちらのミスなので、無料、

でも、仕様変更となれば話は別です。追加依頼となり、新規に料金は発生します。

追加分も含めて報酬以上の仕事をしたと言い切れるのであれば、強気でいきましょう。

◎質問者からの返答

ご意見まことにありがとうございます。

Aは私の知り合いでもあるので

私がここでやめると、Aは確実にBとトラブルになるので

その修正の対応に応じてきました。

できればいい加減な奴ですがAも助けたいのが本心であります。

私がこのような仕事に向いていないのを大変痛感しております。


3 ● isogo45
●100ポイント

長期にわたる仕事の場合は私のところでは以下のようにしています。

1.初回納品に対して1回だけ修正に応じる。(1回、あるいは1ヶ月以内)。。。ミスの修正に関しては納品ご確認を行ってもらって「特に無い」といわれたら修正完了とする。しかし、いつまで多っても返事が来ない場合もあるうるので納品完了後1ヶ月以内が申告期限としてそれ以降は費用を請求することになります

2.(1.)以降は修正料金として”修正のたびに”半額を請求する。大幅に修正する場合は新規制作として見積りを出します。

3.前回の入金が無い場合は次回の仕事を請けない。入金を確認後仕事に着手する

基本的には1ヶ月ごとに締めるようにしています。たとえ長期にわたる仕事であっても1ヶ月ごとに段階を踏んで請求を行います。

仕事を請ける際に特に契約書を交わさなくても色々な条件を自社のホームページなどに記載しておくと良いと思います。

また、必ず区切りごとに請求書を出すようにすると良いと思います。請求をしなければ相手は気を利かせてお金を払うことはありません。

◎質問者からの返答

貴重なご意見ありがとうございます。

そうですよね。今回の最大の問題点はこのような

約束事がまったくなされていないことだと痛感しております。

知り合いからの依頼だったので気を許していました。

ちなみにAから私への報酬は請求書も領収書すらありません。

(BからAは銀行振込なので領収書変わりになります)


4 ● cherry-pie
●100ポイント ベストアンサー

今後の改善案を今提案してもこの件の解決にはならないので、

請求書や領収書の発行、云々はこの際置いといて・・・。

AとBがトラブルになるのを避けるために修正に応じてきたとおっしゃっていますが、

あなたが弁護士に依頼することで、

もうイヤですと断る以上に大きなトラブルになりますよ?

その点も踏まえて、依頼するつもりがあるなら、

自分から意見をいったほうがいいですと、申し上げました。

弁護士は解決策なんて出してくれません。

法的に有効か無効か、それだけです。

ですのでメールのやりとりや実際のデータ受け渡しがどうだったか、という事実に基づいて判断します。

相談料や仲裁料、相手から修正に対してお金を貰うのであれば

その報酬が弁護士に支払われることになります。

それもご承知でしょうから、それ以上に受け取った報酬が高いということになりますよね。

それだけ貰っているのであれば、

自分で知り合いであるAには言えるのではないでしょうか?

はっきりいえなければ、最初の依頼どおりの仕事はした、それ相当の報酬ももらった

修正も応じたけれど、仕様変更になると新しい仕事になるんだけど・・・と要点だけを並べるといいと思います。

問題点を挙げれば、契約書がないこと、そして、全てを丸投げにして

依頼→依頼→依頼と間に二人も人が入ったこと

最初から間違いだらけです。

そんなのを今いっていても、質問者様はどうしようもないと思いますし

第一、知り合いですから、契約書・・・なんていいだしにくいと思うのです。

それも全て踏まえての回答です。

まずは、Aに対し、あとどれくらい修正をしなければいけないのか

もうやめたいんだけど・・・と言ってみる。

相手次第ですね。

その話の中で、言われたとおりにしたから、もう仕事は終わったと思っていた

とか、自分はきちんと仕事をしたという旨を織り込むといいと思います。

その結果次第じゃないでしょうか。

返金ということを考えていたようですが、

返金をしても、Aも困るのでは?

次に依頼する人もいないでしょうし・・・。

AとBの中も考え、AがどれだけBから貰っているのかわかりませんが、

新たにお金を貰うか、自分が依頼した人(質問者様)が、納品してからかなり立つのに

今更、最初から全て間違いだったといわれても困るといっていた、新たに報酬が必要だといっていると、

あなたのせいにしてもらって、Bと報酬の交渉をしてもらうとか。

納品してからこれだけたって違うといわれても、確認をしなかった依頼者もBも責があります。

◎質問者からの返答

貴重なご意見ありがとうございます。

まっくその通りだと思います。

今夜Aと話してすべて終わらせようと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ