人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

江戸時代にあった、”大繩地”という場所は、どのような性質の場所で、どのような用途に使用されていたのかを教えてください。

●質問者: donzoko
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:江戸時代
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●40ポイント ベストアンサー

武家屋敷の呼び方。

URLに表があるのでご参照を。

http://token.or.jp/magazine/g200307/g200307_2.htm


大縄地

下級武士の宅地は職務上で同じ組に属する者がまとまって屋敷地を与えられたが、これは土地を一括することから大縄地・大縄屋敷といわれた

大番以下の旗本組屋敷

家だけではなく、拝領地も含めてこう呼ぶようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。わかりやすい回答ですね


2 ● idetky
●30ポイント

武家地の一種だそうです。。

詳細は以下をどうぞ。

http://www.jidai-show.net/i/kotoba/hu_005.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ