人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【小説】ジュニア向けの小説で、次のようなものを探しています。

1. 学研の「学習」と「科学」のような雑誌に載ってました。本当に学研の雑誌だったかは思い出せませんが、小学館の「小学○年生」ではないと思います。
2. 場面はどこにでもありそうな普通の街(日本)でした。どこにでもいそうな誰それちゃんのお父さんみたいな人と、どんな街にでもいそうなナントカの先生(学校の先生かなんかかもしれない)が飲み屋で田じゃべってるシーンがあったと思います。
3. ナントカの先生の持論によると、生き物は特別に塩を食べる必要なんかないはずだ、というのです。野生動物が草や肉に塩をふって食べるわけがない。素材にもとから含まれている微量の塩分のみで生きていけるはずだ、と主張します。
4. 少なくとも30年以上前の小説です。小学校の図書館にあったので、小学生高学年向けの小説だと思います。


本当にあやふやな記憶で、これしか覚えていませんが、3の主張が強く印象に残っていて、この部分は必ず出てきます。この小説のタイトルと、単行本の有無がわかる方はいらっしゃいますでしょうか?


●質問者: chinjuh
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:けが ジュニア タイトル ナントカ 上前
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● hallooojp

筒井康隆 時をかける少女 学研の中三時代?に連載 http://www

◎質問者からの返答

ちがいます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ