人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【高ポイント質問】
↑ちょっとうざい

フサオマキザルの仲間は、硬い木の実などを割って食べるために石を使うようですが、
これ以外にも動物の中には道具を使うものがいます。

これらの動物がどれだけ凄いのかを表現するデータ・文章・事実を教えて下さい。

例えば、
▼「石を使って物を割る」程度の道具の使い方をするのは、人間でいうと○歳児レベルの知能に匹敵する
▼道具を使う動物は○種類しかいないといわれている

のような感じです。この例に縛られなくても大丈夫です。
ご自身で、こんな言い方があったぞ!というのがあればどんどん教えて下さい。
少々こちらの意図を外していても気にしません。
ただ、こちらの意図通りでしたらなるべく高ポイントお支払いいたします。

宜しくお願い致します!

●質問者: ryota11
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:データ ポイント レベル 事実 人間
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● chinjuh
●50ポイント

夢を壊すようなんですが、道具を使うという部分だけで言うと、人間の子供は2歳くらいですでに使ってると思うんです。子育てしたことがないのでアレなんですが、以前、保育所でプール掃除のバイトをしていた時に、2歳児のクラスで子供に交じって粘土細工なんかやってましたけど、へらを使ったりいろいろしてたと思うんです。っていうか、普通にスプーンで食事できてるんだからバリバリに道具を使ってますよね。


http://toy-maple.com/2shop.html

ここの、幼児用のオモチャの説明によると、11ヶ月で簡単な道具を使い始めるとあります。ただ、11ヶ月では目的意識をもってやっているかどうかアヤシイですが、まあそのくらいから使い始めるらしいです。ちらっと検索すると、1歳児に自分で食事をするように教えてるお母さんがいたりするので(うまくいかないと嘆いてましたが)、人間はけっこう赤ん坊のころから道具を使うんです。そう思うと、道具、という部分だけでは、実は大したことないのかもしれないですよ。


http://blogs.yahoo.co.jp/sanba_3_sanba/archive/2008/07/28

このブログの人は専門家にメールでチンパンジーのアイちゃんの知能について問い合わせたようです。専門家は、そういう判断はできないと言ってます。


単純に聞いたことがあるというレベルでならば(うろおぼえなのでソースはないです)

・チンパンジーは2才児と同じくらいの知能(たぶん道具を使うという部分に注目した例)

・チンパンジーは5?6才児と同じくらいの知能(たぶん手話を覚えるなど、言語能力にも注目している。道具を使うだけでなく、道具を作る能力もチンパンジーにはあるので、その点も考えると少し年齢が上がるかもしれない)。

◎質問者からの返答

▼「石を使って物を割る」程度の道具の使い方をするのは、人間でいうと○歳児レベルの知能に匹敵する


これは飽くまで例なんですよ。。

これで10歳の子供に匹敵する!とか言えるなんて思ってません。

1歳くらいだろうなーと思ってましたが、どういう系の回答が欲しいのかを示すための例というか・・。

まぁあと相手は動物なので人間の2歳児に匹敵するだけでも十分すごいとは思うのですが。


「人間と比較して」というのとは全く関係ないものでも大丈夫なんです。

道具を使えない動物が、道具を使えるようになるには、教育すれば○○世紀かかると言われている、、とか。。

↑そうとうバカっぽいですけど、こういう感じのなんでもいいわけなんです。


ありがとうございます。


2 ● urf77
●70ポイント

ニューカレドニアの道具を使う天才カラス

研究者は、この知能は旧石器人類と同じであると言うほど高度なものだそうでう。

http://homepage3.nifty.com/shibalabo/crow/newcale/tool/tooluse.h...

◎質問者からの返答

すみません、グッときました。

ありがとうございます!


3 ● jo_30
●90ポイント ベストアンサー

ニューカレドニアカラス(ナショナルジオグラフィック'08.3)

ニューカレドニアカラスには、道具を単に使うだけでなく新たな工夫を加える能力、研究者が言うところの「知的柔軟性」があるのだろうか。ちなみに野生のチンパンジーは、大きさの違う4本の小枝を使い分けて、ハチの巣から蜂蜜をすくい出すという。

ここでいう「知的柔軟性」は、「状況を判断する能力」「その状況に必要な道具をイメージする能力」「その道具を現実の素材を適切に加工して作り上げる能力」…などの意味で使われています。このカラスは相当賢い。

宇都宮大学農学部機能形態学研究室ではカラスの脳を解剖して、その知能を数値的に証明している。

同研究室の杉田昭栄教授(動物神経解剖学)によると、脳1立法センチメートル当たりの神経細胞数は、ニワトリ約3,300個に対して、カラスは19,500と約6倍の密度で鳥類では傑出している。さらに、カラスの平均脳重量10グラムに2億5000万個の神経細胞があり、人間の脳の重さ1300グラムに換算すると、人間約150億個の倍以上の約325億個になる。杉田教授は「カラスの脳の質は人間に勝るとも劣らない」と潜在能力を評価する。

http://www.tsujii.co.jp/column020813.html

なんか凄いのか凄くないのかよく分からないけれどほめ方の一例ということで。



テグー(南米産のモルモットの仲間)(sankei.jp)

南米産のネズミの一種「デグー」に道具を使う訓練をしたところ、前足でくま手のような道具を自在に操り、

離れた場所に置かれた餌を取れるようになったと、理化学研究所などが26日、米科学誌に発表した。

え、えーと。

齧歯類初の快挙とか。

アルジャーノンと名付けられるのに最もふさわしいネズミとか。



オランウータン@スマトラ島

リンク先の記事によると、彼らが驚異的なのは

・ハチミツを取る

・アリを捕る

・トゲのある実から種を掻き出す

など複数の別々の目的のためにそれぞれ道具を作成し使用しているという事実。さらにそれは生得的なものでなく後天的な学習によって身につけられた行動だということ、言い換えれば道具(=技術)文化を生み出す能力を持っているということ



とりあえずこんなところでいかがでしょうか。

◎質問者からの返答

かなり詳しくありがとうございます。

とても参考になりました。


4 ● chinjuh
●40ポイント

http://www.ngcjapan.com/explore/2blddp0000000o6c.html

近年の発見により、道具を使う動物は数百種にものぼる事がわかっている。例えばニューカレドニアカラスは木の枝を使って幼虫を坑道から引きずり出し、ラッコはウニや貝をたたいて割るのに平らな石を使う。動物の道具利用が文化となる場合もある、ということをチンパンジーの集団が教えてくれる例も取り上げる。


昔に比べると、道具を使うこと自体があまり特殊じゃなくなってるんですぅ。

ポイントは外のひとにあげちゃっていいですよ。

◎質問者からの返答

えぇまぁたしかに^^;

そんなに凄いことではないのですがね・・・。

それをいかに凄いように聞こえる言い方をするかっていう質問なのですよ。。。


5 ● あひる
●40ポイント

「道具を使う」というのかどうか怪しいところですが、日本のカラスでも「車にクルミをひかせて割る」奴がいますね。よくTVでやってます。

dummy URL : http://www.google.co.jp/

◎質問者からの返答

ん?

いやですから、そういうのをどう表現するかっていう、、、そういうフリなんですよ。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ