人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

輸入インフレーションとはどのようなことでしょうか?
200字程度で説明して頂けると助かります

●質問者: fromtokyo
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:インフレーション
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● masanobuyo
●23ポイント

要は生産コストが上がることによる物価の上昇を意味します。

たとえば、多くの日本企業は、製品を作るため原材料を海外から輸入しています。

こうした企業は円安が進むと、材料費が高くなり、その分商品の値段を上げなければなりません。

このように生産コストが上がることで物価(製品価格)が上昇する現象を「輸入インフレーション」と呼びます。

http://www.online-basha.net/details.php/10-67/


2 ● s-n-k
●23ポイント

海外のインフレにより輸入原材料の価格が上昇(1973年のオイル・ショックなど)することによって発生するインフレのことです。

のようです。

http://www.findai.com/yogow/w00905.htm


3 ● リョウヂ
●22ポイント

まさしく現在、原油高や輸入小麦の価格高騰で見られている現象です。

海外での価格高騰が(主に第一次産業や鉱物原料)国内の物価に影響し、国内物価がインフレを起こすことが特徴です。

例).第一次オイルショック(海外での原油急騰→日本国内の狂乱物価高)


4 ● rsc
●22ポイント

「輸入インフレーション」とは、海外のインフレーションにより輸入原材料の価格が上昇することによって発生するインフレーションのことです。実例として、1973年のオイル・ショックなどが挙げられます。発生原因が供給サイドにあるインフレーションで、コスト・プッシュ・インフレーション(Cost Push Inflation)の一種です。

http://www.findai.com/yogow/w00905.htm

http://www.findai.com/yogo/0040.htm



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ