人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本において、バブル崩壊からの知見はなかったのでしょうか? アメリカでおこっていることは、日本で起こったことのよりひどい事例のようにしか見えません。政策的にどのようなのが効果的かという議論はないのでしょうか?
過剰流動性が発生した場合しても、投資対象が存在しないなら、問題ないようにも思えます。また、今回のサブプライムのようにバブルが発生しないようにすることはできないのでしょうか? もしくは、意図的にバブルやりたい放題の経済活動をつくりその中でやるようにするというのはないのでしょうか?
このあたりの議論をつめて考えているアカデミックな論文などの情報ありましたら、お願いします。意見をもとめているわけではなく、リファレンスをもとめているのでよろしくお願いします。


●質問者: isogaya
●カテゴリ:経済・金融・保険 科学・統計資料
✍キーワード:アカデミック アメリカ サブプライム バブル バブル崩壊
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● guskonbudori
●35ポイント

世界の多極化に向けた一連の動きと、その背後にあるアメリカ金融資本と政権内部の暗闘のシッポを掴んできては起こっていることのライトモチーフを描きだそうとしてきた田中宇の仕事(国際ニュース解説)は一読のものあると思います。


・世界金融危機のおそれ(2007年8月6日配信)

http://tanakanews.com/070806crisis.htm


・広がる信用崩壊(2007年8月21日配信)

http://tanakanews.com/070821credit.htm


・ドルは歴史的役目を終える?(2007年11月6日配信)

http://tanakanews.com/071106dollar.htm


・サブプライム危機の再燃(2007年11月13日配信)

http://tanakanews.com/071113subprime.htm


・イギリスの凋落(2008年1月15日配信)

http://tanakanews.com/080115UK.htm


・隠れ多極主義の歴史(2008年4月27日配信)

http://tanakanews.com/080427multipole.htm


・覇権の起源(2008年8月14日配信)

http://tanakanews.com/080814hegemon.htm

・覇権の起源(2)ユダヤ・ネットワーク(2008年8月29日配信)

http://tanakanews.com/080829hegemon.htm

・覇権の起源(3)ロシアと英米(2008年9月3日配信)

http://tanakanews.com/080903russia.htm

・リーマンの破綻、米金融の崩壊(2008年9月15日配信)

http://tanakanews.com/080915Lehman.htm


2 ● matsuda158
●35ポイント

まったくちがいますね。http://www

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ