人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

激しい腹痛があっても検査して異常がないという時はどういうことが考えられるのでしょうか。医療関係者の方お願い致します。

●質問者: photos
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:医療 検査 関係者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● wildcard66
●0ポイント

ストレス性における腰痛。怒ることが多いと、腰に来ます。

それが重なると、自律神経失調症という診断もときに受けることになるでしょう。

by経験者

http://www.tms-japan.org/y2k/y2k.htm

◎質問者からの返答

腰痛ではありません。腹痛です。


2 ● sidewalk01
●10ポイント

過敏性腸症候群(IBS)や心因性腹痛の可能性が考えられるかと思います。

心療内科を受診されてはいかがでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8E%E6%95%8F%E6%80%A7%E8%85%B...

http://www2.ocn.ne.jp/~toyamate/hukutu.html

◎質問者からの返答

どうも有難う御座いました。


3 ● morethan_Katsu
●10ポイント

あ、やばい!私も一瞬「腰痛」に見えてしまったのです --;

腹ですね?結構範囲が広いのですが、どのあたりのでしょう?

胃腸あたりなら、ストレス系の要因と考えられる(胃腸が病気でなければ)

胃腸の周辺なら(食道等)胃の酸液で腐食され、痛むケースもある。

右サイドなら盲腸、左は内臓がないため、ストレスや疲れ。

女性の方なら生理?

以上全部はずれであれば、筋肉や靭帯(腰あたり)の痛みでしょう?

http://q.hatena.ne.jp/answer(URLはダミーです)


4 ● to-ching
●10ポイント

http://www.central.or.jp/central/kesseki.htm 尿管結石とかその他の石(胆石)見逃されることは良く有るようです。検査しても・・・とは言ってもどの程度の検査か?レントゲンでも写らない場合もあり。家の弟も尿管結石は中々見つからずでした。苦しんでいましたよ。


5 ● totsuan
●70ポイント

ども。

前回の質問と内容において変わり映えがしないのは気のせいでしょうか?

今までにお受けになられた検査内容が不明ですし、検査時の腹痛の有無や症状に関する一切の情報がないので、可能性だけならいくらでも挙げることは出来ます。が、そういった疾患(※例えばC1インヒビター欠損症:http://www.jstage.jst.go.jp/article/nisshoshi/104/6/104_799/_art...)を次々に提示して無駄な不安を煽るのは望むところではありませんので。

http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~suga/sgcenter/series2/online2.9...

一先ず、上記のサイト(※PDFファイル)で殆どの腹痛の鑑別疾患を確認できると思います。ただ、”検査”で異常を認めないということになると、まず機能性疾患は考慮しておくべきでしょう。

まず女性に圧倒的に多いものとしては、便秘症に伴う腸管の痙攣や通過時の腸管伸展に伴う疼痛が考えられます(※以下、今回は便秘についてのみ徹底的に回答していきますので御了承下さい)。”便通が普通”と訴える女性は多いですが、個人的見解としてはそういった女性の殆どは詳しく聞くと便通異常があります。例えば毎日3度3度それなりに食事を摂っているのに、排便が1日1回以下と言うのは物理的におかしいと思いませんか?それと、トイレに行く回数や発汗を抑えるために水分摂取を控える方もいらっしゃいますが、この場合は腸管の内容物から水分を吸収されることで体内の水分を補おうとする働きが強化され、腸管の動きも次第にゆっくりになります。その結果、便はどんどん硬くなり、溜まりに溜まった内容物を押し出そうと腸管が頑張れば頑張るほど無理が生じて疼痛が発生します。

さらに、手術の既往があればその部分で腸管が癒着している可能性があり、腸管の動きが妨げられることで便秘がひどくなったり通過時に疼痛が発生することもあります。

便秘薬の短期使用は一時的に排便状況を改善しますが、長期的視点ではあまり効果がありません。便秘薬で排出されるのは肛門に一番近い部分のものや、逆にまだ比較的柔らかいものが硬いものの側を通り抜けて出てくるからです。一番のお奨めは便を柔らかくするための定期的な水分摂取と排便時の”いきみ”に必要な腹筋も鍛えるような全身運動の継続です。補助薬としてにがりなどの摂取は良いと思います。排便が毎日1-2回必ず訪れるようになっても、少なくとも1-2ヶ月は排便状況が安定するまで続けた上で、水分摂取と運動は最低量継続するようにしておけば、大丈夫だと思います。

何事も我慢は身体に毒。そもそも美容とは健康の上に成り立つものだと考えます。

お粗末さまでした。

◎質問者からの返答

いつもどうも有難う御座います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ