人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

グレートバリアリーフで今年も珊瑚の大産卵が見られると思いますが、
これに関して以下のことを教えて下さい。

○今年の大産卵の具体的な日程(確か干潮で満月の晩だった気がしますが)
○過去5年の産卵が行われた具体的な日程
○グレートバリアリーフは広いですが、場所によって産卵の時間がずれたりするのか・しないのか

以上3点になります。
どうか宜しくお願いします。

●質問者: ryota11
●カテゴリ:旅行・地域情報 科学・統計資料
✍キーワード:グレートバリアリーフ 満月 珊瑚 過去
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● chinjuh
●100ポイント

>確か干潮で満月の晩だった気がしますが

2007年11月の月齢(24日が満月)

http://www.moonsystem.to/calendar/cgi/calendar2.cgi?year=2007&mo...


http://www.diversden.com.au/japan/coral_spawning.htm

2007年は11月27日、28日、29日でした。

満月から3?4日後のようです。


今年は11月13日と12月13日が満月なので、

http://www.3da.com.au/shop/modules/cairns/tour_coralspawning.htm

ずばり、11月17日(大爆発)と12月15日(小爆発)と予想しました!最終的な調整は、冬場が終わったときにしますが今の状況で予想できる日程ということでご了承ください。

と、このサイトの人は予想してます。


ただし、

http://www.livingincairns.com.au/pickup%E6%83%85%E5%A0%B1/tusa%E...

サンゴの産卵日の予想は非常に難しく、万一産卵が見られなくても料金をお返しすることは出来ませんのでご了承ください。


月齢と関係しているなら、グレートバリアリーフ全体でほぼ同じ時期に産卵が始まりそうです。が、潮の満ち干にも関係するなら数時間の誤差があってもおかしくないと思います。でも去年の例を見ると三日も続いているので、どこでも同時ですかという問いは、あまり意味がないような気がします。


過去五年っていうのが今一番難しいところ。

旅行会社は「いつごろ」という目安ばかり書くし、

一般の人が盛んにブログをはじめたのも去年かせいぜい一昨年からでしょうし。

こりゃ英語の得意な人が海外をあたったほうが早いかな(と、ぼそっと言ってみる)。

◎質問者からの返答

やはり絶対!この日というのは無理ですよね、自然ですし。

過去5年絶対に満月に一番近い干潮の時に産卵していれば、今年もほぼそこだと思うのですが。


こりゃ英語の得意な人が海外のサイトを検索してくれるのが早いですね(キッパリ言ってみる)。


参考になります。ありがとうございます。


2 ● australiagc
●80ポイント

釣られてみました。

芸が無いけどwikipedia↓

http://en.wikipedia.org/wiki/Great_Barrier_Reef#Ecology

(バリアリーフには)400種からの軟質・硬質のサンゴが生息している。その大半は配偶子なので春?夏に大量に繁殖するのだが、時期は水温の上昇、月・太陽の満ち欠けによって左右される。グレート・バリアリーフ内側のサンゴ礁は(通常)十月の満月の次の週に産卵するが、外側のサンゴ礁は11・12月に産卵する。(産卵は外側に行くほど遅くなる)

http://www2.eis.net.au/~nqtds/infocomm/5gbr1.txt

内側のサンゴ礁は11月頃に産卵し、外側のものは12月に産卵する。産卵は必ず満月の夜に起こり、その後6日の間続く。

http://www.divethereef.com/coralSpawning.asp

前支度

・・・

2007年

11月28-30日 ローカル、リボン、北部のサンゴ礁

12月28-30日 オスプレイ、サンゴ海

2008年

11月17-19日 ローカル、リボン、北部のサンゴ礁

12月17-19日 オスプレイ、サンゴ海

2009年

12月 6-8日 ローカル、リボン、北部のサンゴ礁、オスプレイ、サンゴ海

http://www.prodive-cairns.com.au/spawning.html

産卵が行われるには水温が27度以上である必要がある。・・・11月の満月の夜からその後6日間の間に大半が産卵を行う。


こんなもんでいけそうですか?過去の統計は見つからなかったんですが、大体予測できそうですね。

◎質問者からの返答

\ ∩─ー、 ====

\/ ● 、_ `ヽ ======

/ \( ● ● |つ

| X_入__ノ ミ そんな餌で俺様が釣られクマ――

、 (_/ ノ /⌒l

/\___ノ゙_/ / =====

〈 __ノ ====

\ \_ \

\___) \ ====== (´⌒

\ ___ \__ (´⌒;;(´⌒;;

\___)___)(´;;⌒ (´⌒;; ズザザザ


ありがとうございます。とても参考になります。

はっきり過去のが出てるとこってないもんですかね。

おそらく今年のはきっちり知るのは無理なんだろうと思いますけど・・・^^;


3 ● nofrills
●120ポイント

ぼそぼその声ときっぱりの声が聞こえたので2人目が通りがかります。といっても、検索して見つかるものが多すぎて、そのわりにピンポイントのものがないので、何がなにやら、という感じです。過去の産卵の日程については、すっきりした表のようなものが簡単に見つかるのではないかと思いきや、なかなか見つからないですね。


> グレートバリアリーフは広いですが、場所によって産卵の時間がずれたりするのか・しないのか

場所によって、時期が全然違うみたいです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Great_Barrier_Reef

Reefs in the inner Great Barrier Reef spawn during the week after the full moon in October, but the outer reefs spawn in November and December.

グレートバリアリーフの内側のほうでは10月の満月直後の週に、外側のほうでは11月か12月に産卵がみられる。

上記のソースはGreat Barrier Reef Marine Park Authority (2006) で、政府機関の出している間違いのない資料です。

この機関のサイトは、http://www.gbrmpa.gov.au/ なのですが、サンゴの産卵の記録が書かれているのかどうか、書かれているとしてどこにあるのかがわかりません(検索してもそれらしきものが出てこない)。


また、産卵日についてですが、昨年10月19日のオーストラリアのABCのレポート:

http://www.abc.net.au/news/stories/2007/10/19/2064172.htm

Professor Ove Hoegh-Guldberg of the University of Queensland's for Marine Studies conducted the research with international colleagues. The team's findings are reported today in the journal Science.

クイーンズランド大学海洋学部(か何か)のOve Hoegh-Guldberg教授が、各国の研究者らのチームを率いて調査を行なった結果が、『サイエンス』誌で今日発表された。


"They're timing the spawning, it appears, using the cue of the lunar cycle," Prof Hoegh-Guldberg said.

"The mystery is how they detect moonlight without eyes."

「産卵の時期は、どうやら、月齢を指標としているようです。わからないのは、サンゴがどのようにして月の光を察知しているかです。目はないのですから」と同教授は言う。


Coral are highly sensitive to blue light, which plays a role in regulating body clocks throughout the animal kingdom, from fruit flies to humans, say the researchers.

サンゴは青い光には非常に敏感である。青い光は、ショウジョウバエからヒトに至るまで、動物界全体で体内時計を制御する上で一定の役割を果たしている、と研究者らは言う。

というわけで、昨年10月19日のScienceに「サンゴは青い光を受容して産卵時期を判断する」という研究論文が出たらしいのですが、こういう論文だったら、過去何年か分の産卵の日付の一覧表とかもありそうな気がします。でも私はScienceの中身を見られる立場にありません。Scienceのサイトで探してみたのですが、これかなあというのを見つけたものの、サマリーがなくて、本文は登録していないと読めません。ryota11さんのお知り合いでScienceの記事の閲覧ができる人がいらっしゃったら、見てもらってください。


で、この教授のサイトが

http://profiles.bacs.uq.edu.au/Ove.Hoegh-Guldberg.html

http://www.climateshifts.org/

↑ここの2007年11月のアーカイヴを見ると、23日付けの投稿に、

If people can get to a reef and in the water between the 24th (tomorrow) and the 28th, about 7pm-7.30pm, they'll have a good chance of seeing it happen.

とあります。つまり2007年は11月24日から28日の午後7時から7時半の間だったようです。(これは産卵がある数日前の記事ですが、特に訂正や情報アップデートの記事はないので。)


また、これは基本的に10月産卵の区域のことでしょうが、昨年は研究者の予測より2日早く産卵が行なわれたとのレポートがあります。

http://www.abc.net.au/news/stories/2007/10/30/2075149.htm


まとまりがなくてすみません。これは英語で探すより日本語で探したほうがピンポイントのものがありそうな気がします(産卵を見るのを目当てに旅行しているダイバーさんの日記とか……)。

◎質問者からの返答

現れましたね!名指ししようか迷ってるとこでした(笑


場所によって時期は違うんですね、やっぱり。。

内側とか外側とかどういう意味なんでしょう。オーストラリアに近い方と遠い方ってことかな。

そうなってくるとなかなか過去にこの日に産卵がありましたっていうリストを作るのはめんどくさいのでしょうね。

ここではこの日、こっちはこの日・・・ってやんないといけないから。。

(いや別に1個の場所に絞ってくれればいいわけですけど)


>産卵を見るのを目当てに旅行しているダイバーさんの日記とか…

確かにこういうのあってもおかしくないんですけどね。


とても参考になりました。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ