人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

小用をすると震えが来る生理現象について質問です。

「小用をすることによって体温が下がるから」という説明を聞いた事があるのですが、ちょっと信じがたいです。
たとえば、37度の水1リットルが入っているコップから100ミリリットルを捨てたところで、コップの水温は変わらないですよね。
スプレー缶を使用時に冷たくなる現象と同じかとも思いましたが、尿の圧力で排出しているわけではないと思うので、断熱膨張による尿の熱エネルギー損失は起こらないと思うのです。

本当のところ、どういったメカニズムで何のために震えが来るのでしょうか。また、他の生物でも同じなのでしょうか。


●質問者: Lhankor_Mhy
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:エネルギー ミリ メカニズム リットル 生物
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● chinjuh
●40ポイント

体温が奪われるからという説は、もう何十年も昔から同じ事を言われていますね。ちょっと検索したら、以下の本に次のような解釈が掲載されているようです。


うんちとおしっこの100不思議

http://www.bk1.jp/review/0000058535

おしっこの後でブルッと震えるのはなぜ?(→膀胱が縮み、お腹の圧力が下がるので、補うために全身の血液がお腹にいく。この時、血圧と体温が低下するため、血圧と体温の回復のためブルッと震える)、

◎質問者からの返答

おお、それは納得がいきますね。どの程度体温が下がるんだろう。


2 ● kanan5100
●150ポイント ベストアンサー

海外では"post-micturition convulsion syndrome"(排尿後けいれん症候群)とか"pee shivers"(おしっこ震え)とか呼ばれているようですが、原因についての研究はまったくといっていいほど行われていないようです。

仮説としていくつかのサイトに書いてあったのは、自律神経系(ANS)の伝達物質が関連しているのではないか、というもの。ANSのうち交感神経系は、膀胱の筋肉を弛緩し続けて、尿道括約筋を緊張させる作用があるため、尿意を感じてもトイレに行くまではおしっこを漏らしません。一方、排尿するときには、副交感神経系が優位になって膀胱の収縮と尿道括約筋の弛緩を引き起こします。

交感神経系の伝達物質は副腎髄質ホルモンであるアドレナリンやノルアドレナリンですが、副交感神経系はアセチルコリンであり、交感神経系から副交感神経系へとスイッチするときのホルモン生成の変化が身震いの原因ではないか、というのです。

また、尿道括約筋が弛緩したすぐ後、身震いに加えて瞬間の「恍惚感」を感じることも知られていますが、この原因もわかっていません。

http://www.theregister.co.uk/2006/09/01/the_odd_body_wee_shiver/

http://www.newdao.com/why-do-you-shiver-after-you-pee.html

◎質問者からの返答

>原因についての研究はまったくといっていいほど行われていないようです

そうだったのですか。ということは「体温が下がるから」とか最初に言い出したのは誰なのかしら。

ホルモン変化が原因というのはうなずけますねえ。小用を我慢した時になりやすいような印象ありますからね。


3 ● r696
●10ポイント

この現象についてはまだ原因を解明中らしいですよ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ