人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

HTMLの書き方についてです。metaのkeywordsとdescriptionについてです。
<meta name="description" content="(以後省略)
<meta name="keywords" content="(以後省略)
という記述は正しい記述です。一方、「name」の代わりに「http-equiv」を使った、
<meta http-equiv="description" content="(以後省略)
<meta http-equiv="keywords" content="(以後省略)
は間違いだと思うのですが、keywordsとdescriptionの場合、「name」の代わりに「http-equiv」を使ったら間違いだという記述をネット上で見つけることができないでおります。

なぜ間違いなのかという理由も含めて、きちんと解説してあるページがありましたらお教えいただきたく、よろしくお願いします。

●質問者: website
●カテゴリ:ウェブ制作
✍キーワード:HTML HTTP name ネット 記述
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● thrillseeker
●85ポイント ベストアンサー

いくつかのページの内容を繋いで解説してみます。


ウェブブラウザがウェブサーバーから HTML を受信する手順(プロトコル)

である HTTP では、まず始めにヘッダがあり、それに次いで HTML の内容

となるボディが続きます。

http://www.kanzaki.com/docs/sw/http-header.html


HTML 中にメタ情報を meta http-equiv を使って記述する方法は、

HTTP ヘッダにその情報が入っているのと同等 (equivalent) の処理を

ブラウザにしてもらう事を期待する目的で使われます。

http://www.tohoho-web.com/html/meta.htm


従って、http-equiv では HTTP のヘッダとして定義済みのフィールド

である必要がありますが、keywords や description は定義されて

いませんので、間違いと言う事になります。

http://siisise.net/rfc2616-HTTP1.1-ja.txt (目次の14章部分を参照)

◎質問者からの返答

> http-equiv では HTTP のヘッダとして定義済みのフィールドである必要がありますが、keywords や description は定義されていませんので

なるほど、これは分かりやすい説明ですね!良く分かりました。ありがとうございます。


2 ● Quphondi
●35ポイント

すばりは書いてませんが

<meta> - メタ (tohoho-web)

http://www.tohoho-web.com/html/meta.htm

HTML - meta タグの仕様詳細まとめ

http://www.drk7.jp/MT/archives/001311.html

http-equivで記述すると、httpサーバとクライアント(要するにブラウザ)間の通信でhttpヘッダーに変換されます。nameは変換されません。

具体的には、コンテンツの文字コードやキャッシュ制御等のどちらかと言えばシステム寄りの項目はhttp-equivに、ご質問にあるdescription(ページの概要説明)、keywords(ページのキーワード)は、コンテンツ(内容)寄りの項目はnameに書くのが正しい、となります。

◎質問者からの返答

> http-equivで記述すると、httpサーバとクライアント(要するにブラウザ)間の通信でhttpヘッダーに変換されます。nameは変換されません。

なるほど、そうなると、HTTP のヘッダとして定義済みでないmetaのkeywordsやdescriptionを、HTTP ヘッダにその情報が入っているのと同等 (equivalent) の処理をブラウザにしてもらう事を期待することになって、定義されていないものは処理できないので、やはり間違いということになるわけですね。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ