人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

当社では月間の売上目標
一日の売り上げ目標などを設定しています。
そして朝礼などで昨日の売上はいくらでした。など言っています。

日々の数字は大切なのですが、
数字をとにかく追いかけている感があります。
それを少しでもやんわりする表現があれば使いたいと思っています。
言っている内容はいっしょでも
言葉の選び方で受け取る側のイメージが100のところを90とかにする方法を
考えています。

なにかよい伝え方はないでしょうか?
どんな意見でも大歓迎です。よろしくお願いします。


●質問者: huruta
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:イメージ 意見 数字 目標 表現
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● kazumori7
●19ポイント

金額で言わずに 何とかポイントを使って競わせれば良いと思います。


2 ● KairuaAruika
●19ポイント

パーセンテージに変えるだけでも大分イメージが変わると思いますが


3 ● un0
●18ポイント

一万円とはいわずに10K

百万円とはいわずに1000K(または1M)

と呼ぶというのはいかがでしょうか。

これだと0が3つ減るのでかなり軽い感じがしてきませんか。

同様の理由でドルとかユーロ換算にするとゼロが2つとれます。

それにしても日本はいつになったらデノミするのでしょうか。無駄に0が多い


4 ● pahoo
●18ポイント

朝礼で営業担当が集まるのですか?

であれば、売上未達の営業さんに苦労話をする時間を与え、その苦労をねぎらってあげてはどうでしょうか。大勢の前で話すことで、担当者自身が未達の原因を発見する“きっかけ”になるかもしれません。


ただし、会社としての目標は「売上目標」一本に絞るべきです。目標の軸が複数あったり主観的なものだったりすると、かえって従業員の混乱を招きかねません。


5 ● hamster006
●18ポイント

おおまかな数字(約いくら、など)とするだけで印象が変わると思います。

細かくすればするほど、数字意識が高まってしまいます。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ