人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

水も滴るいい男という言葉がありますが、江戸時代では、「蜜が滴るいい男」と表現されていたそうです。

なぜ蜜が滴っていたんでしょうか?


●質問者: shika11
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:江戸時代 表現
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● Michell-K
●20ポイント

もともとは役者(いい男)が顔に塗っていた蜜が滴ってる様子のことらしいですよ。



【水もしたたるいい女】って表現がありますよね。でも、何の水がしたたったらいい...?


男には「水も滴る」女には「脂の乗った」みたいな言い方じゃなかったけ。

語源は知らんからはっきり言えないけど。

「滴る」には美しさや魅力が溢れてる様って意味があるんだって。

緑したたる、って言うように。

どこの水かね、下半身想像するよね。

ああそんな水が常時したたってたら危ない人ですね。

もともとは役者(いい男)が顔に塗っていた蜜が滴ってる様子のことらしいですよ。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1398641...


2 ● lame-delegate
●20ポイント

甘い雰囲気をあふれるほどに放っている風情を言うことのようです。

Yahoo!知恵袋に掲載されていました

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310300...


3 ● urf77
●20ポイント

いい男=甘いマスク=蜜がまんべんなくついている=「蜜が滴るいい男」

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1254408...


4 ● yamadakouzi
●20ポイント

水より「蜜」の方が甘いので自然発生的でしょう。ただ「蜜」が滴ると言うことは「べたつく」、あまり良いイメージとは言えなくなったのでしょう。

今でも「甘い」のイメージで「ハネムーン」「蜜月」「ハニーカステラ」「バーモント」などは使われますが、独特の癖味があり、他の液糖の様にあっさりしてません。ネチッコイ味、貴方は美男(美女)がネチッコイ性格の裏返しだったらどうします。私は嫌です。やはり、サラッとした性格が良いです。

http://q.hatena.ne.jp/dummy


5 ● r696
●20ポイント

昔は化粧水の変わりに蜜を塗っていたそうです。

しかし高いので買えるおしゃれな人だけが塗っていたそうです。

だから蜜も滴るいい男なんだそうですよ。

ちなみに蜜だとあまりにもべたべたなので、時代とともに水になったそうです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1254408...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ