人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

漂白剤に関する、ちょっとした疑問です。


白いTシャツに透明な漂白剤をかけて20秒ぐらいすると、漂白剤が白濁します。

「おお、汚れがとれている」と思って安心して洗濯機で回すのですが、洗いあがってみると、とりたかったシミはほとんどとれずに変わらず残っていたりします。

では、あの白濁はなんなのでしょうか。

Tシャツを白く染めている成分が落ちているのでしょうか?


ご参考までに詳細を書くと、綿100%のTシャツに、ワイドハイターという漂白剤を使っており、ワイドハイターの成分は、「過酸化水素(酸素系)、界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)」となっています。

おわかりになる方がいらっしゃいましたら、教えてください。

●質問者: tomokazu
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:Tシャツ ほと エーテル ポリオ ワイド
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● きょくせん
●60ポイント ベストアンサー

過酸化水素はつまりオキシドールで、その漂白作用は還元作用によるものです。

http://sentaku-shiminuki.com/senzai/kiso-hyouhaku-5.html

過酸化水素は水の分子に酸素原子が一個くっついたもので非常に不安定でして、これは容易に酸素を吐き出します。

で、泡の正体ですが、ズバリ酸素です。

◎質問者からの返答

白濁の正体は、酸素の泡だということですね。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ