人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

postfixでバーチャルドメイン機能を使っている時に、送信元ドメインをバーチャルなドメインに設定する方法を教えて下さい。

□状況

- example.com というサーバでWebサーバ、メールサーバ共にバーチャルホスト、バーチャルドメインを使っている
- main.cf にて myorigin = example.com という設定
- example.jpというドメインで動いているWebアプリから From: from@example.jp というメールを送る
- そのメールのヘッダー(Message-Id: や Received:)の送信元サーバは、当たり前ですが myoriginと同じ設定の example.com となってしまう

□やりたいこと
迷惑メール対策などで引っかかる可能性があるので、ヘッダー内のこの送信元サーバ、ドメインを Fromに書かれているメールアドレス(例:from@example.jp) と同じ example.jp にする設定方法を教えて下さい。

●質問者: p_question
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:.jp Cf example.com MESSAGE postfix
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● JULY
●42ポイント

Received ヘッダに関して

[postfix-jp: 2253] Re: Received:ヘッダのカスタマイズについて

オリジナルでは変更できないらしく、

Postfix - patch

パッチを作っている人がいるようです。

Message-ID は、本来は、メール1通1通にユニークであることが求められるので、「ユニークとなるような番号等@FQDN」という形式が一般に使われることを考えると、これを変更することはできないかな、と。ただ、もともと MTA に届いた時点で Message-ID があれば、MTA 自身が Message-ID を書き換えることは無いので、Web アプリ側で Message-ID をつければ、example.com 側の postfix で Message-ID を書き換えることはないと思います。

で、迷惑メール対策という点でしたら、はじく側がどんな基準ではじいているか、ということに依存してしまうのですが、example.jp 側の DNS のゾーン情報に SPF レコードを記述して、「example.jp のメールの送信元 MTA に、example.com の FQDN も追加する」とすれば、SPF レコードを判断基準にしている場合には、正規のものとして扱ってくれる可能性があります。

Sender ID:送信者側の設定作業 - @IT

◎質問者からの返答

>example.jp 側の DNS のゾーン情報に SPF レコードを記述して、「example.jp のメールの送信元 MTA に、example.com の FQDN も追加する」とすれば、SPF レコードを判断基準にしている場合には、正規のものとして扱ってくれる可能性があります。

これは具体的にどう記述するのでしょうか?

今一度、回答を頂けると助かります。


2 ● youku554
●28ポイント

違法

◎質問者からの返答

不適切な回答

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ