人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

プラチナの値がここ2年くらいで上がって下がっているようですが、なぜでしょうか?

●質問者: a_hunter
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:プラチナ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● key555
●17ポイント

現在地球規模で行われている自動車の排気ガス規制で、エンジンや燃焼器から排出される排ガス中の有害な窒素酸化物を有効に除去できる触媒としてパラジウムが注目されていましたが、世界中の自動車メーカーがパラジウムを求めたために一気に価格が高騰してしまいました。そのため、自動車メーカーは同じ白金族のプラチナを買い求めるようになり、プラチナの価格も高騰してしまったのです。

http://houseki.info/2006/01/post_352.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

しかしなぜその後、急落したのでしょうか?


2 ● seble
●17ポイント

原油に連動しています。

また、プライム問題などで物への資金移動が起きたためと、中国などの経済成長により原材料の需給が逼迫している事も原因の一つかと、、、

ここで、原油が下がったりしたので、一緒に金やプラチナなども下がったようです。

金の動きはちょっと大きいですけどね。何でかな?

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


3 ● key555
●25ポイント

自動車メーカーからの需要減退が背景にある。

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-33330020080819

◎質問者からの返答

ありがとうございました!


4 ● name_k_k
●25ポイント

プラチナ需要の60%が自動車産業によるものです。

そして、アメリカの自動車販売台数がここ15年で一番低い水準となっていて、日本メーカーも減産を決定しています。

プラチナは主に三元触媒に利用されています。ここで利用されたプラチナは、リサイクル可能なものですので、商品価格が上昇しリサイクル率がよくなれば供給が増えると考えられます。

また、最大のプラチナ採掘企業であるAnglo Platinumが採掘したプラチナは2008年第1四半期で前年同期比25%ダウンとなっていたようです。

ここで言う第1四半期は1月1日から3月31日とのことなので、この期間に、深刻な供給不足が発生して異常高値を記録した可能性があります。

減産はPolokwaneとEskomの供給停止の結果とのことです。

プラチナの供給は南アフリカからのものがほとんどですから、近年の南アフリカランドの対ドルでの下落も影響があるかもしれません。

◎質問者からの返答

ありがとうございました!!!


5 ● yukitugu
●16ポイント

プラチナの価格は実需上の需給関係と投機対象としての価格動向が絡み合って形成されます。これはプラチナに貴金属としての性格とレアメタルとしての工業用素材として性格があることに由来します。

つまり価格が上がったのは環境素材としてのプラチナの需要増や株式市場の低迷による投機的資金の流入などを見込んで投機資金が流れ込んだことが原因で、価格が下がったのはここのところの世界的な不況で実需が細るという予想と原油バブルの崩壊によって過剰に商品市場に流れ込んでいた資金が引き揚げられるという連想で流れ込んでいた投機的資金が引き揚げられたことによると考えています。

実際のところは上の説明は極めて単純化したものですからいろいろと説明のつけようはあると思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ