人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【生活のリズムが出来ない】
カラダの悩みです。
以前、夜の仕事をしていた時期があり、現在は昼型の生活を望んでいます。
でも、AM26時位に寝ようとしても、結局朝方AM6時・7時まで眠れずに、頭は興奮状態にあるのか色々と考えてしまいます。
しばらく(一週間程度)夜寝つける日が続いても、結局またしばらくすると、夜型(朝7時頃寝る)生活に戻ってしまいます。
睡眠薬を処方してもらうか悩んでいますが、睡眠薬には依存性や副作用がありますでしょうか。
みなさんに相談に乗って頂ければと思います。


●質問者: galpapa
●カテゴリ:医療・健康 人生相談
✍キーワード:リズム 依存 副作用 現在 相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

1 ● joruno
●14ポイント

徹夜して、次の日の夜(9時くらい)に寝るとか。

よく、海外にいったときに

時差ボケを直すために、長めにおきていて

適正時間に寝ると、次の日には対応できるようになって

たりするもんです。

その理論が通じるかどうかはわかりませんが・・・。

睡眠薬をもらうまえに、医者に相談したほうが

いいんぢゃないでしょうか。睡眠障害専門医がこの前

テレビに出てましたよ。

不眠症には16種類ぐらいあって、

原因がわからないと、治せないと思いますので。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E7%9C%A0


2 ● t111
●14ポイント

自分も夜寝つけず、明け方に眠ってしまい、短時間の睡眠の後、仕事に出かけるというパターンになることが多いです。

夜眠るために、酒を飲むことも多いですが、体にはよくありません。

酒で寝るぐらいなら、睡眠薬を飲んだ方がいいという話もありますが、医者に処方してもらったりはしていません。

風邪薬を睡眠薬代わりに使うこともありますが、効果のほどは疑問です。(睡眠薬には風邪薬と同じ成分の物もあるようです)

軽い運動をすれば、眠れるということもありますが、逆に興奮してしまって眠れなくなることもあります。

とにかく、あまり深刻に考えずに、昼型の生活(昼間に仕事で寝ていられない)を続けているうちに、夜眠れるようになってくると思います。

医者に処方してもらうのは、悪くはないと思いますが、不眠症とかとは違うので、薬に頼りすぎるのはよくない気がします。

自分の場合は、平日の睡眠不足を土日で補うという生活パターンになっています。


3 ● totsuan
●45ポイント ベストアンサー

>AM26時位に寝ようとしても、結局朝方AM6時・7時まで眠れずに、頭は興奮状態にあるのか色々と考えてしまいます。

午前2時の就寝でも普通に考えるとちょっと遅いように思います。

それまで何をしてお過ごしになっていらっしゃるのかにもよりますが、まずは以下の項目をチェックされてから改善に努めて見られては如何でしょうか?

・起床時間は比較的早い時間で一定しているか?

・食事時間は3食共にほぼ決まった時間にとっているか?

・日中に外に出てキチンと日光を浴びているか?

・日頃から身体が心地よく疲れる程度の運動を心がけているか?

・コーヒーやお茶などの刺激物の摂取が多すぎないか?

・夕食を摂る時間が遅すぎないか?

・入浴時間が遅すぎないか?

・寝酒と称して大量飲酒していないか?

・寝室(特にベッドの上)を寝る行為以外に頻用していないか?

・自宅に仕事を持ち込んで、夜間にこなそうとしてないか?

一般に睡眠薬の長期使用に伴う依存は生じにくいと思いますが、耐性が生じる可能性はあります。

それと、若い人であっても実は”寝貯め”があまり効果が無いことが判明しています。睡眠不足は確実に全身の疲れをもたらしますので注意しましょう。

御粗末さまでした。

◎質問者からの返答

丁寧な回答をありがとうございます。

貴方の回答に含まれるキーワードを元に、まずは色々とWEBサイトを徘徊してみる事にします!

ちなみに当方はフリーで自宅で夜仕事をバリバリしていますが、ジムに通いお酒やコーヒーは取りません。食事時間と回数はバラバラで入浴は毎日シャワーのみです。


4 ● OVA3
●10ポイント

お役に立てるか解りませんが、下記のサイトをごらんください

http://di-ib.net/jjjj54dff.htm

http://www.kanshin.com/keyword/871345

眠る前に牛乳は効果が高いようです

サイトには載ってませんが卵も一緒にとると良いようです


5 ● kazumori7
●3ポイント

日本とほぼ反対の時差のある国たとえばニューヨークで、夜の生活をしてくれば、治ると思いますよ。時差ぼけをうまく活用するのが一番ですね。


1-5件表示/13件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ