人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アルコール飲料メーカーの販促提案の準備をしています。人口減少、少子高齢化などでビールの需要は
減退しています。現在、多くの量販店やスーパーでは、350ml×6缶パックが主力で売れていますが、
消費者の買い物行動から、4缶パックのほうが売れるのではないかとの話が出ております。得意先サイドから4缶が売れる理由、要因を求められております。どのような方法で裏づけしたらよろしいでしょうか?例えば、
・人口減少とビール消費量を回帰分析して、出荷量からみて4缶で割ったほうが効率的?
など、統計手法によるもの
・アンケート調査を取るならどういった方法がありえますか?
・グループインタビュー?
・高齢化が進み、軽量(小分け)のまとめ売りが伸びてきてる、お金を節約するため、小分けのまとめ売りが伸びてきているといったデータと、家計調査からの抽出データを分析を行うなど
(方法とデータの所在;家計調査?)
ざっくりとした質問ですが、広告関係で提案を行っている方、マーケに強い方、統計的解析を得意と
している方など、ご教授いただきたくよろしくお願いいたします。

●質問者: megamax1010
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:お金 アルコール飲料 アンケート インタビュー グループ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●27ポイント

とりあえず、一つだけ。

> アンケート調査を取るならどういった方法がありえますか?

アンケートなら、何本パックが良いかという質問を立てると同時に、なるべく沢山の個人に関する情報、(普段飲む量、普段飲むお酒の種類、普段買う場所、男女の別、年令、収入・・・)を、入手すると、4本パックはどの年代のどのような人たちの中で需要が高いなどの分析が出来るので情報を沢山入力してもらうのが良いでしょう。

後は、値段との兼ね合いも重要だと思いますが、単価は変わらないとして調べた方がやりやすいと思います。

◎質問者からの返答

迅速な対応誠にありがとうございます。参考にさ

せていただきます。


2 ● legnum
●27ポイント

コストをかけられるのであれば以下のサイトで検索して

外注するというのはどうでしょうか

http://www.jmra-net.or.jp/membership/search/index.php

質問の回答からはずれますがチェック項目を見るだけでも参考になるかと


3 ● garoo147
●26ポイント

プロの領域の話だと思いますので、legnumさん推奨のようにJMRA会員社に相談がベストだと思います。

相談だけなら費用は発生しないのが普通です。

適切な調査方法や分析は調査目的によります。

今回のテーマだと「4缶パックがより売れるだろう」という根拠についての仮説を検証することが調査目的です。

今回のご質問では、この根拠についての情報が示されていないため、適切なアドバイスは難しいのではないかと思います。

個人的にはビールは日持ちするものなので、消費量よりも運搬方法のほうが影響が大きそうな気がします。

車で来る人は6本パックやもっと大きいケースで買うけど、徒歩の人は4本パックがいいとか。

以上は単なる思い付きですが、上手にマーケティングリサーチを利用して

素敵な商品開発ができることをお祈りします。

◎質問者からの返答

適切なご指摘本当にありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ