人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

一人会社を立ち上げて、WEB制作などをほそぼそと行っております。

PCがあればどこでも仕事ができるので、
今度タイのほうへ一ヶ月ほど長期で行こうと思っています。

仕事もするのですが、観光もするつもりです。

仕事としては、
・WEB制作用の写真を撮影
・運営サイトの更新
・システム開発
など、きままにやろうと思っています。
ただ、・WEB制作用の写真を撮影 以外はタイでなくてもできることです。

出張ということにできれば経費なると思いますが、
このような場合にどのようにしたらあとあと各費用(航空券・ホテル代などなど)を経費にすることができますでしょうか。

仕事で行ったと証明できるようにする必要がでてくると思いますが、極端な話、旅行のブログを書きそこに広告など貼り付け、私の会社が運営するサイトですと言えれば、旅費は経費として認められるのでしょうか。 またはタイのポータル情報サイトとかテキトーに作ったり。。

全ての費用が経費とならずとも、
航空券代だけでも経費になればいいです。

アドバイスください!!


●質問者: cyberag
●カテゴリ:ビジネス・経営 旅行・地域情報
✍キーワード:pc Web アドバイス サイト システム
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● u00
●27ポイント

仕事としては、

・WEB制作用の写真を撮影

・運営サイトの更新

・システム開発

海外に限らず、その土地に業務上の理由で行く必要があればそれは出張とみなすことができます。

お話のように写真撮影のためにタイへ出張する必要があって、なおかつその写真撮影の期間中に現地で運営サイトの更新やシステム開発などの業務を行う必要があるのであればその期間は業務を行ったと主張できます。

したがって現地までの交通費と宿泊費用は経費として計上できます。但し出張先で業務以外の行動(要するに休暇)を行った場合はその期間中についての滞在費は自己負担とするのが妥当でしょう。

この辺をどう扱うかは会社の旅費規程によりますのでしばしばそのようなことがあるならば規定を作っておくと良いでしょう。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413459...


2 ● zzz_1980
●27ポイント

仕事(出張)とするとすると相手先が必要で、行かれるのでしたら少なくとも

ノンイミグラントビザB(ビジネスミーティング、出張等)ノンイミグラントビザB(就労)

が必要で、ビザ取得には、

6. タイの会社からの英文招聘状 原本1部 (*1参照)

(特に、申請者のタイでの滞在目的、役職、在職期間、給与等を明記すること)

が必要、とのことです。

また、1ヶ月ぐらいというのが微妙ですが、観光目的であっても30日以上の滞在は観光ビザが必要です。

観光ビザ免除41カ国以外のパスポート所持者、観光ビザ免除41カ国のパスポートを所持していても30日以上タイに滞在する方はビザが必要になります。


3 ● gaziro2000
●26ポイント

会計はご自分でやられているのでしょうか?

もし担当の方や外部でお願いしている方がいれば、聞いてみると良いかもしれません。

(すくなくとも決算は会計士さんにお願いするのだと思うのですが)

.

てか、全額経費でいいんじゃね?と思いますが。私ならそうします。

基本的にはレシートを取っておくことだと思いますが、

同じカードで全て精算してログを残すという方法もあります。

(為替レートがわかるようにしておくと後々良いかもしれません)

.

頑張って経費に出来るように稼いで下さい!enjoy!

http://q.hatena.ne.jp/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ