人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

通貨危機や大恐慌は、(FXや外貨を含む)預金をしている人にとって、どんな意味がありますか?
>アジア通貨危機時のウォンや円の預金者にとって

通貨危機や大恐慌で暴落した時、株などを買えば儲かるという話を聞きますが、この売買手法に落とし穴はありますか?

なるべく根拠を示して教えてください。

ポイント配分は有用回答に重点的に行います。宜しくお願い致します。

●質問者: ele_dir
●カテゴリ:インターネット 経済・金融・保険
✍キーワード:Fx アジア通貨危機 ウォン ポイント 外貨
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kamesannn
●35ポイント

?国に信用がなくなれば通貨に価値はなくなる。

国に信用がなくなった状態では、その国にある企業の信用が著しく低下する可能性が高く、資産のかなりの劣化は避けられない。

?株のキャピタルゲイン部分はプラスサムの経済成長を前提としている。

仮に経済がゼロサム、マイナスサムだとすると、株式市場からゼロサムマーケット(FX、先物など)や債券に資金が流れ込む。

それを回避する(元に戻す)には、インカムゲインのみで他の市場と勝負できるレベルまで

本質的に「株価の適正水準」が低下する可能性あり。

この場合、既存のPBR,PERなどの指標はあてにならない。

よって、大恐慌で下がった株価が戻すとは限らない。

http://yahoo.com


2 ● sigma199189
●35ポイント

恐慌や通貨危機の場合、預金者にとっては預金をしている銀行が破たんしてどの会社にも救済されずにペイオフが適用されて

手元に1000万円しか残らないというのが最悪のシナリオでしょうか。

これは銀行が融資を行っていた貸付先がつぶれることによる焦げ付きや投資資金が株価の下落で評価損を計上することなどで起こります。

また、外貨預金ですが外貨で預金をしている人にとっては自国の経済が破たんすることは相対的に外貨の価値が上昇することになりますからくしくも投資で利益を得ることになりますね。

そして、暴落時に投資をすれば儲かるという説ですが投資をする行為自体が暴落前から投資をしていた人達ばかりなので新たな投資資金をねん出する体力もないと思いますのでなかなか難しい話です。新規に始める方にとっては投資のチャンスですが底を見極めるのには相当な勘や資料の読解力・理解力が求められます。結局塩漬けになるパターンが多いですね。

URL必須ですので自サイトを貼らせていただきます。

http://www.geocities.jp/sigma199189/index.htm

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ