人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「債権差押命令が来た。第三債務者になってしまった。債務者が潰れて
返品できなかった商品代金の様ですが商品は手元にまだあります、さらに
請求額が商品代より遙かに高額で記載されています。
陳述書の書き方を教えてください。」詳しくはコメント欄に記載しました。

●質問者: koyama2000
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:コメント欄 債務者 債権
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●35ポイント

送られてきた陳述書の書式にもよりますが、たとえば「陳述書に何を記載すればいいのですか?」にある書式を例に挙げるなら、2に事実をありのままに記述ください。

コメント欄にある経緯については、別紙の形で添付してください。書式はフリーですが、コメントのように時系列に沿って書いていけばよいでしょう。

また、債権の金額が分かるような確証(例:商品の定価表、仕入れ価格が変わるような伝票類)があれば、その複写を添付して返送すれば more better です。

◎質問者からの返答

ご返答ありがとうございます。委託品として預かっていた

商品なので潰れてしまって返品できない状態で1年ほど経っております。

返品していない分を勝手に現金に換算して債権者が

200万円と記載してきているのだと思います。

商品自体が債務?だと思うのですが商品自体はまだ保持しているので

できれば委託品を返品して終わりにしたいのですが・・・。

商品代は売れた分を随時補充して支払っていたのでお金自体の債権は無いのです。

債権者が勝手に商品でなく金額に換算して金で頂こうとしているような気がします。

預かっている商品自体のリストと卸値表は持っていますが

売れていない委託品を買わされる?形になってしまうのか疑問です。


2 ● hoongt
●35ポイント

http://www.tabisland.ne.jp/explain/saiken/sakn_252.htm

◎質問者からの返答

金銭債権執行の流れがわかりました。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ