人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

小さい病院で待合室がいっぱいだったのでレントゲン室で数十分待たされました。機械は常に唸っていました。人体への影響は?

●質問者: mikiemiki
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:レントゲン 機械 病院
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/4件

▽最新の回答へ

1 ● key555
●30ポイント

こちら参考になりますでしょうか。

レントゲン室でよくされる質問

http://www012.upp.so-net.ne.jp/go_watsc/newpage2.htm#q1

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● Mook
●40ポイント

気になさっているのはX線の被ばくかと思いますが、一般撮影(胸部等のいわゆるレントゲン撮影)であれば

部屋の中にいただけでは人体に影響が出るほどの被ばく量には至りません。


機械が常に唸っていたのは冷却のためで、X線を放射するのは撮影するごく短い時間です。

またX線自体、被写体以外には放射されないよう遮蔽されていますので、反射線の影響は皆無ではありませんが、

直接被ばく(撮影時)に比べて数十分の一?数百分の一ですので自然被ばくとほとんど誤差範囲でしょう。


検査の種類や条件によって大きく異なりますが、遭A科学委員会の2000年報告書によれば、例えば1回の胸部検査で受ける放射線の量を実効線量で表すと、CT検査で平均10ミリシーベルト、一般のX線検査で平均0.01ミリシーベルトとなっています。一方、私たちは土壌、大気、食物などから自然放射線を受けますが、その量は1年間に世界平均で約2.4ミリシーベルトです。

http://www.nirs.go.jp/news/etc/lancet02.shtml

http://www.e-dokuei.jp/service_3.html


まぁ、不安を感じるというのが一番の問題だと思いますが、物理的には問題ない範囲だと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ