人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アトピーの治療のためステロイドの軟膏を使っているためか、慢性的に体温調節が上手くいかず、
睡眠時間のリズムが崩れ続けています。このままでは社会生活に差し障りが出てしまいます。
もし経験がおありの方がおられましたら、どのように対策をされているのか、教えていただけないでしょうか。

●質問者: takets
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:アトピー ステロイド リズム 差し 慢性的
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●20ポイント

飲み薬も使っていませんか?

対策としては、問題のステロイド剤を減量/中止するか、睡眠導入剤を処方するかになると思いますが、いずれにしても医師の判断によります。かかりつけ医にご相談ください。


参考サイト

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ステロイド剤の減量はやらなければいけない問題ですので、

他の対策がないか、ない場合は別の病院を探すなどの対策を検討してみます。


2 ● 姉本
●20ポイント

アトピーの症状で毎日が辛いでしょうね。

私もアトピーで日々悩まされております。

昔は体に熱がこもって辛い事がありましたが、最近は改善されつつあります。


さて、ステロイド軟こうでの副作用ですが、汗が出にくくなる…というのは私は今のところ聞いたことありません。

また、主治医にステロイド軟こうで内臓に影響するような副作用は、通常の塗り方では出ないと教わりました(注射や点滴は別)。

個人的に調べたところ、30gあたりが危ない数値で、私の持っているステロイド剤ですと、毎日5?6本を使う事になります。


体感的に汗が出にくいな(体温調節しにくいな)と思ったのは、ワセリンの方です。

油で毛穴が塞がってしまうせいかもしれませんね。

もし、肌の状態が許すのならば、ローション系などべったりしないタイプの保湿剤を使ってみてはいかがでしょうか?

現在ワセリンをお使いでなければ、的外れなのでこの部分は気にしないでください。


また、紫外線は必ず予防した方が良いです。

ただでさえ肌が湿疹で荒れているのに、そのうえ火傷をした状態になってしまいます。

湿疹の痒さと日焼けの痛痒さでなかなか寝付けなく、苦労した覚えがあります(アトピーの湿疹だと思ったら日焼けの火傷だった)。

これからの季節は長袖やUV防止手袋、ストールやマフラーなど活用すると良いでしょう。

顔の日焼け止め剤については、まずは主治医に相談してみてはいかがでしょうか?(評判の良い製品を教えてくれるかもしれません)


食生活で気をつけたのは糖分・塩分控えめ、水分多め、便秘防止(ビタミンBやインターバランスなどのサプリ)くらいですね。


よくオススメされる運動や半身欲は特にしていません(通勤でよく歩きはしますが)。

逆に「運動しなきゃ!お風呂長くつからなきゃ!」みたいな脅迫観念を忘れた方が、かえってストレスがなくて改善した気もします(笑)


汗を出やすくなるには、多少時間がかかりますので、焦らずに進めてください。

それでは、taketsさんの症状が少しでも改善されるよう、お祈りいたしております。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

まさに保湿剤としてワセリンを処方されています。

ひどくない場所はまんべんなく塗っているので、ちょっとやり方をお医者様に聞いてみます。


3 ● peach-i
●20ポイント

ステロイドは、とても強力な薬なので、長期的に使用していると(個人差あるので短期的でも)副作用は出てきます。

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se24/se2456001.html

体温に関してはあまり聞きませんが、睡眠などの障害はありうるかもしれないですね。

ステロイドを服用している人だと、うつになったり、精神的にも影響が大きいと聞いたことあります。

ただ、質問者様は軟膏なので、服用しているのとは違うので、そこまで大きな精神的な障害が出るともあまり考え難いですが、人の体質は個人差あるので、敏感に反応しやすく、塗り薬でも副作用を感じる方も居るのかもしれません。

多くは、ステロイドによるうつや、不眠などでは、心療内科などで睡眠薬や、うつ薬を処方してもらっている友人が居ます。

そちらも一度考えてみてもよいと思います。

自分は、医者ではないので、確実な答えにはなっておりませんが参考まで。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

経口でのステロイド剤はかなり危険と聞いたことはありますが…。

まだ心療内科を検討するほどではありませんが、選択肢の一つとして参考とさせていただきます。


4 ● adgt
●20ポイント

ステロイドを減らしながら症状をコントロールしていきましょう。

すでに実践されていたら申し訳ありませんが、内容がかぶらない様に書くと

?保湿を小まめに必ず毎日行う。

?かゆみが生じた場合にも極力掻き毟らず、アイスノン等で冷やすなどしてコントロールする。

?体を洗うときに泡で洗うようにして、こすらない。

?つめは必ず短く切り、きった後はヤスリで滑らかにしておく。

?カーディガンやパーカーなど、着脱によって体温が調整できる服を着ておく。

などでしょうか。


ステロイドは???段階まで薬の強さが分かれています。

お使いになっているステロイド軟膏の段階を医者に確かめてみると良いですよ。

もう少し弱いものが使えないかどうか相談してみましょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

爪をこまめに切ってはいたのですが、ヤスリはさぼりがちでしたので、ここから始めてみます。


5 ● KairuaAruika
●20ポイント

経験者ですので,大変さやもどかしさ,よく分かります。

私が解決した方法は,海です。

そして飲料水や手洗い,生活上の水環境です。

海水は,かなり効きます。

海に入れるシーズンは,ダイビングをかなりやりました。

一日海に接していると,夜はすべすべです。

生活上の水環境に関しては,貯水タンクから水道管直引きの家に引っ越しました。

この二点は,環境や個人差がかなり大きい類のものです。

治したい,という気持ちが大きければ大きいほど実現できる可能性が高いです。

一度お試し下さい,どうぞお大事に!そしてあきらめないで頑張ってください!

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

海水はちょっと難しいので、にがりを購入してみました。

ダイビングをしたら、全身の傷に染みてのたうちまわりそうな気はしますが、興味はあります。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ