人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

国立・公立の図書館はどこからどのような方法で書籍を購入するのですか?出版社に直接、発注するのでしょうか?それとも癒着している特定の書店などがあるのでしょうか?

●質問者: omekoganuretru
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:出版社 図書館 国立 書店 書籍
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●16ポイント

自治体によって違うかと思いますが、1冊1冊は少額ですので、たとえば京都市のように随意契約になっているのではないでしょうか。


なお、国立国会図書館については、納本制度によって、国内で発行されたすべての出版物を納入することが義務づけられています。国立国会図書館は定価の5割程度で買い取っているとのこと。


2 ● kappagold
●16ポイント ベストアンサー

自治体は、基本的には登録制度が多いです。

(基本的には市内)

納入組合というのを作っている自治体もあります。

http://www.city.takatsuki.osaka.jp/db/gaibukansa/gaibukekka16.pd...

http://www5b.biglobe.ne.jp/~k-ombuds/7soukai.htm

http://www.city.joyo.kyoto.jp/government/cityinfo/paper/sozai/06...


国会図書館への納入流れ

http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/deposit_01flow.html


3 ● AppleJuice
●16ポイント

癒着はしていないと思いますが、特定の書物を扱う納入業者があります。


4 ● Baku7770
●16ポイント

自治体には産業振興という事務(行政の仕事)があります。そのため、図書館や役所で購入する物品は行政の管轄内にほぼ限定されます。

癒着という表現が質問文中で使われていましたが、書籍の場合定価も卸値(25%)も決まっており再販制度の対象ですから談合のしようがありません。

一度納入組合(正式な名称は忘れました)の方と話しをしたことがありますが、特定の書籍の納入業者は組合で順番に決めるだけ。と言っていました。

大手の支店よりも町の本屋さんとなることが多いため、時間がかかってしょうがないようですが。


5 ● masanobuyo
●16ポイント

地方公共団体が私法上の契約をするにあたっては、原則として一般競争入札の方法によらなければならないこととされていますが、例外的に指名競争入札、随意契約及びせり売りの方法により行うことができるとのことです。



http://www.pref.gunma.jp/cts/PortalServlet;jsessionid=9CA579521F...


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ