人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近、テレビで取り上げられたりして、街やお店の人気者になった犬や猫を教えてください。

●質問者: atsu11
●カテゴリ:旅行・地域情報 生活
✍キーワード:テレビ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● key555
●17ポイント

たわしねこ

http://jp.youtube.com/watch?v=g93MMg_At6c

◎質問者からの返答

か、かわいすぎる。。。


2 ● sylphid666
●17ポイント

猫の駅長さんです

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%BE_(%E7%8C%AB%E3%81%AE%E9%A7%85%E9%95%B7)

>たま(1999年4月29日 - )は和歌山電鐵貴志川線の貴志駅において駅長を勤めている雌の三毛猫である。

◎質問者からの返答

他の駅にもいっぱいいるようですね。


3 ● Seychelles
●16ポイント

ネコの鍋物

http://jp.youtube.com/watch?v=BhknLxOHBYY


今年もそろそろナベの季節です。

今年は犬でしょうか。

◎質問者からの返答

犬鍋はちょっと(^o^;)


4 ● powdersnow
●16ポイント

改札ネコ

広島市の玖村駅の自動改札機の上で、人が通っても眠り続けていることで話題に。

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080509/trd0805091835023-n1.h...

◎質問者からの返答

人が通っても寝ているなんて・・・。


5 ● chinjuh
●16ポイント

登山案内犬ポチ

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081004-OYT1T00453.htm

「登山案内犬」ポチ、日本百名山の両神山で大活躍

両神山を案内するポチ、登山客が休んでいる間は「伏せ」の姿勢で待つ

日本百名山に数えられる埼玉県の両神山(りょうかみさん)(1723メートル)に、登山客を連れて山道を“案内”する犬がいる。雑種のメスで、名前は「ポチ」。最近は、ポチに会うために山を訪れる人もいるという。(さいたま支局 森田啓文)

9月中旬、ポチに先導されて小鹿野町の登山口(標高670メートル)にある民宿「両神山荘」の宿泊客2人とともに両神山に登った。午前6時過ぎに入山。ポチは、ゆっくりしたペースに合わせて先頭を歩く。

ポチは1999年生まれの白い中型犬で、ハートの付いた赤い首輪がトレードマーク。両神山荘を経営する山中龍太郎さん(72)、マツヨさん(69)夫妻に飼われている。「相性が合わないと、引き返してしまうこともある」(山中さん)と聞いて心配したが、どうやら仲間と認めてもらえた。

ポチは小さな滝つぼを見つけては、飛び込む。「休むよ」と声をかけると、先行していてもすぐ戻って来る。水場や標識などの休憩ポイントでは、「伏せ」の姿勢で待っていてくれた。

鎖やロープで上り下りする鎖場では、両脚をウサギのようにそろえて勢いよく駆け上がり、私たちを心配そうに見下ろす。山頂に着いたのは午前10時40分。宿泊客の永田文夫さん(65)(盛岡市)は、「登山道を案内してくれる犬は初めて」と満足そう。

下りでは、永田さんの孫、石橋大地君(14)とともに駆け下りたポチに置いて行かれ、遅れること2時間。ポチは、疲れを癒やすように山荘の玄関先で寝ていた。

ポチは1歳のころ、若い男性グループについて初めて両神山に登った。グループは「あまり深く入ると、戻れなくなる」と何度も追い払ったが、頑として離れなかった。鎖場は自力で登れなかったが、グループはバケツリレーのように手渡しで登らせた。それ以来、連日のように宿泊客と山に入る。足をけがして、リュックに入れてもらって下山したこともある。

単独で登ることはないため、マツヨさんは「頂上で分けてもらうご飯が目当てなのかも」。今では、登山者のホームページでもおなじみ。山中さんは「たくさんの人に愛してもらえ、幸せ者」と話している。

(2008年10月4日15時05分 読売新聞)

◎質問者からの返答

ポチっていう名前は、逆に珍しいのかもしれないですね。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ