人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【プログラマのランク】

美容室では、
・サロンディレクター
・トップスタイリスト
・スタイリスト
・アシスタント
という感じで、技術力・経験などでテストがあって、ランク付けされていると思います。

プログラマにもランクをつけるとしたら、
・名称(○○ができる)
と言う感じで、書いてください。

※技術よりのSE職も、欧米っぽくプログラマとして考えてください。
[参考] http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2

※例
1.チーフプログラマ
下ランクの仕事 + 顧客先で要件定義ができる

2.トッププログラマ
下ランクの仕事 + 設計とスケジュール管理ができる

3........

●質問者: PEPOTA
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:SE アシスタント サロン スケジュール管理 スタイリスト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● taku_j_7
●60ポイント ベストアンサー

IT技術者のランク付けは非常に難しいのではないでしょうか。

美容師のように、担当作業範囲における明確な区分が無いからだと思いますが。


スケジュール管理も客先の折衝もこなせる人が、

好んでプログラマというランクに居座る事もありますし、

プログラム(コーディング)ができなくとも、「SE」という札をつけられて

出荷されていく「システムエンジニア」(もどき)も多いです。


以下はあくまで個人的な主観で、まとめたものです。


●一般的下級プログラマ

・仕様書を渡せばコーディングができるレベル。

・「何の処理をすれば良いか」と「こんな関数を使う」が結びついてない。

・ルールが無ければスパゲッティーコードを書く。


●一般的上級プログラマ

・主要部分のプログラムの他、下級プログラマの尻拭いがおまけでつく。

・仕様やコーディングルールを作るのも、営業と喧嘩するのも仕事のうち。


●ウィザード級プログラマ

・中規模の会社などを見て回ると、稀に1人ぐらい居る。

・客先折衝、金勘定もできるが「好きじゃない」という理由でやらない人

・アプリケーション、ミドルウェア、サーバ、ネットワークの範囲まで知識が豊富。

・確実にシステムエンジニアより頼りになる。


●システムエンジニア

・システムの設計と対外的な折衝、小規模トラブル時のゴメンナサイを行う人。

・プログラムが書けるというより、「理解している」事が必要。

・いきなり[SE]という札をつけられて出荷された人も結構居る為、名だけの可能性大。


●プロジェクトマネージャー

・プロジェクトのゆりかごから墓場までを見る人。

・人員配置や金勘定、大人の事情を交渉するのが主な仕事。

・それなりに大きな規模のシステム障害、トラブルの際に謝罪するのもこの職

・営業と技術者の要素が必要。必ず会得してるかは別。



プログラマを経て、客先の折衝や工程管理がある程度できるようになり

「システムエンジニアだ!」と名乗りを上げている人は信用なりません。


得てしてネットワーク、ハードウェア、などプログラム以外の事はあまり考えていない状態で、

プロジェクトは進んでいくため、運用開始後の会議の空気がお通夜になります。



技術者のランクは会社によって、給与体系を明確化にする為、

明確なラインを設けていますが内容も曖昧な物が多いようです。

◎質問者からの返答

ものすごくご丁寧に、ありがとうございます。

殆ど、求めていた回答です。

これで、5ランクですが、

もっと、細かく分類できる(世の中に出回っていない曖昧な単語を使っても良いです)なら、

お願いいたします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ