人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

清水義範の作品だったと思うのですが、「中部地方ではノーベル賞病というものが流行っている。中部地方に関わると、ノーベル賞を取ってしまうという恐ろしい病気だ」というようなネタを書いたものがあったと記憶しています。
具体的に、何という本の何という作品なのか、本当に清水義範の作品なのか、教えてください。
白川英樹、小柴昌俊、田中耕一といった名前が出ていたので、21世紀に入ってからのものだと思うのですが…。

●質問者: yas-mal
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:21世紀 ネタ ノーベル賞 中部地方 名前
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● hetena2

そんなことはないです

◎質問者からの返答

???

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ