人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

彼が大人になった時、これらの経験が彼の人格形成にどういう影響を及ぼすと考えられますか?

彼が生まれてすぐに両親は離婚し、しばらく母親との貧乏な二人暮らしが続きました。父親との接触はありません。
彼は一人っ子で甘えん坊でいつも母親にべったりでした。感情表現は苦手で引っ込み思案です。
彼を産んだ時、母親は23才でした。とても美人です。彼女も彼の事をとても愛しており、愛情表現を惜しみませんでした。
彼が3才半の時に母親はある暴力団関係者と同棲を始め、それまでの4畳半のアパート生活から3LDKほどのマンションに彼と共に引っ越しました。
その男性は彼に暴力をふるったり邪険に扱ったりすることはなく、彼はその男性について特に好悪の感情を抱きませんでした。
その生活が半年間続き、彼が4才になったばかりのある日、彼は前日まで元気だった母親が急に亡くなった事を告げられ、同じ市内にある母方の祖父母の家に引き取られました。
彼は母親の死因は聞かされず、周囲の大人は将来的にも彼に母親の死因を告げるつもりはなく、彼は一生母親の真の死因を知らないまま過ごすことになります。
彼は大人になってもこれらの記憶を覚えていると仮定します。


●質問者: wanwei
●カテゴリ:学習・教育 人生相談
✍キーワード:23 3LDK その男 アパート マンション
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● toukadatteba
●18ポイント

子どもに関しては、愛情を与えられて育ったか、というのが最重要なのですが、彼に関しては、一般的ではない家庭ですが、愛情は与えられています。そして彼がその状況を嫌と感じていないので、特に問題があるようには思いません。

人格形成に影響を与えそうだな、とうファクターは、以下のところです。

>その生活が半年間続き、彼が4才になったばかりのある日、彼は前日まで元気だった母親が急に亡くなった事を告げられ、同じ市内にある母方の祖父母の家に引き取られました。

身近なものが死んだり、急に自分のもとからいなくなったりした経験が幼い時分にあると、大人になってもひどく寂しがりになったり、嫉妬深くなったりすることもあります。

一概に言えませんが。死別、離別があるので、気に成るところです。

でも普通のよい人に成長しそうですけど^^


2 ● harumi2
●17ポイント

彼が大人になった時、これらの経験が彼の人格形成にどういう影響を及ぼすと考えられますか?

小さい頃は母親が唯一甘えられる存在で、その母親が4歳で亡くなられてしまい、寂しい思いをしていたのではないかなと思います。この世で甘えられる両親がいないのですからね。

祖父母に少し気を使いながら、また成長していく上で今度は唯一頼りの祖父母も年老いていく、気を遣いながら大人になっていくと思います。

孤独な大人になりそうです。でも逆を言えば 頼りにできる人がいない分、しっかりしないと生きていけないので強い人になると思います。

またお母様の死は聞いても教えてもらいない場合、あまりいい死因ではないのではないでしょうか。できたら知らなくていいと思いますが、聞いても教えてもらえないということは、少なくても病死や事故ではないと思いますが・・同姓していた暴力団関係者がからんでいたのではないですか?

どうしても知りたい時は 祖父母の方にちゃんと聞いたほうがいいと思います。

大人になったからですね。


3 ● truth_or_gossip
●17ポイント

少なくとも、人間に関していえば、原因ー結果というように、はっきりしたデータになって表れてくるわけではありません。どのように影響をあたえたかは、解釈の問題です。彼が、幼いことの経験をいろんな失敗のいいわけにするような人間でなければ、普通のよい人間になると思います。


4 ● peach-i
●17ポイント

周りの人間を信用できなくなる可能性は高いかもしれないですね。

ただ、過去が全てではなく、彼自身が以後、どのような人生を歩むかによって変わってくると思うんです。

人は、確かに生まれ育った環境の影響は大きいですが、その後に、彼が出会う、友達、友人、恋人、その他の出逢いによって、良い方向に進むことも、悪い方向に進むこともあります。

生まれ育った環境を彼がどう受け止めるか、それはこの先出会う人たちにより違ってくるでしょう


5 ● aoikisha
●17ポイント

父親がいない、それに愛しい母も早くになくなってしまった。そのことが人格形成にどのように影響するだろうかということですね。

自身も早くに父を亡くし、そして、母も長い間病床にありました。預けられて成長したことについては自身との類似点が認められます。自身の成長を振り返ると親の不在というのは大きなものであったように思えます。欠落は憎しみでもありました。が、今考えるとそうであったからこそ生きて来られたと思います。つまり、二親がいないから自分でやるしかなかった。

二親がいないことは自身には大きな影響はあったと思います。しかし、それは後付としての性格づけです。寂しがりやだった。孤独だった。が、それゆえに自分で自分のことを始末するしかなかったと言えます。それで自尊心が高くなった。ひたむきにもなった。

その彼の存在は、今そんなに大きく色づけられないであるように思います。基本的なところの性格特徴はあると思います。甘えん坊で依頼心があるとか。が、それがすべてではないように思います。ある意味性格は自身で色づけしていくものだと思います。性格的な予想はできます。が、彼の思いの持ち方によってそれは変わると思います。予想は決定づけるものではないように思えます。

経験は人格形成のすべてではない。経験をどう捉えて人生を亘ろうとするのかによって決まってくるように思います。性格は思い方で変わってくると考えます。二親がいないことは人生を生きていくバネの役割を果たしたように、わたし自身は思いました。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ