人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【法人の株式】

零細企業を営んでおります。

起業するとき、1000万円の自己資金で登記しました。

現状、800万程度の資本が残っている状態で解散したとき、
この800万円は、自分自身に戻ると思いますが、
株式売却による所得として、確定申告が必要でしょうか?

なんだか、登記するときは、自分のお金だったのに、
元に戻すときに税金取られるのは何だかなぁと思いまして。

●質問者: caster777
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:お金 所得 株式 法人 登記
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● sakatan
●35ポイント

質問の状態で、解散後すべての財産と債務を清算して、

設立時から、株式の売買を一切行っていないなら、

課税は行われません。(申告も不要です。)

◎質問者からの返答

なるほど、ありがとうございます。


2 ● himahimatsubushi
●35ポイント ベストアンサー

通常の場合であれば、課税はないと考えてよいと思います。

(減資した上で配当して、その後に会社に利益が出たというような場合を除く。)

http://www.taxac.jp/tazoe/labo/002/labo002_05.html

↑これのケース1に当たる場合がほとんどだと思われます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ