人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今までインターネットの世界やコンピュータにあまり触れてこなかった夫婦が
定年退職後に4?5年してから
コンピュータとインターネット環境を手にして
(この通りでなくても良いです。もともと1台あったコンピュータをある程度触っていて、定年後にさらに買い増しして夫婦1台ずつ環境になった。ノートPCを買って持ち歩くようになった。サーバを組んだ。ホームページを作ってみた。などでもOKです)
どのように生活が変化していくものか、実話や小説、あるいは実話(実体験)を教えて下さい。

ご本人のご意見は当然歓迎しますが、お知り合いや親戚、近所の人を見てみて思うことでもOKです。

・良かった、後悔した、という意見はありますか?
・オタクのように家にこもってしまったりしないでしょうか?
・夫婦間の会話が減る、家事よりゲームや書き込みに夢中、などならないでしょうか?
・第三者からみても有用、楽しそうだなと思える利用方法はありますか?
・何かあると便利な装置や構成、買わないほうが良さそうな機器などありますか?
・こういうタイプの人にはおすすめ、あるいはおすすめしたくない、といったことはありますか?


●質問者: pkb_wn
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:pc おすすめ インターネット オタク ゲーム
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● uehaj
●120ポイント

うちの母は、メールはよく使ってますね。

海外の友人とかとのやりとりに不可欠のようです。

あとは、電車の乗り換え案内、チケット予約などによく使っています。

父はつかいません。

年齢、友達付き合いによるのかもしれません。

◎質問者からの返答

どうも有り難う御座います。


コンピュータ環境は、今までの生活の延長上にあるようですね。


2 ● pikupiku
●120ポイント

親戚のおばちゃんはグーグルストリートビューで今日行ったところを復習するのが日課。

◎質問者からの返答

どうも有り難う御座います。


物議をかもし出しているグーグルストリートビューも

有意義に利用してもらえて光栄でしょうね。

このサービス、対象エリアはこれからもっと広がるでしょうか...


3 ● Baku7770
●120ポイント

共に夫婦ではありませんが、叔父と父の事例を紹介します。

叔父は東京に単身赴任となった後に、次女夫婦に娘が産まれ、お婿さんからインターネットをやっているなら孫娘の写真などが送れるという話しを聞いて急遽インターネットを始めました。後に新聞にパソコンを使いこなせる社長として連載記事になりました。

父は現役時代から趣味の一つであった語学用にフランス語が使えないからといって定年後しばらく経ってからそれまで使っていたワープロに替えてパソコンを購入したのですが、インターネットを始めるまでに少し時間がありました。ネットを始めるきっかけとなったのは、人に連れて行かれて入ったうどん屋があまりにおいしかったことから、連れて行ってくれた方にどうやってこの店を知ったのかと聞いたところインターネットで調べたら出ていたからだと教えてくれたからだそうです。つまり旨いうどんを食いたいならインターネットをやるべきだと知ったからです。

二人とも後悔はしていませんね。目的は達成していますから。

夫婦の会話が減るといったこともありません。ネットで拾った話題を会話のネタにしていますから。

機器としてはデジカメとスキャナのどちらかはあった方がいいでしょう。二人で行った旅行の記念写真などをメールで送ったりするのに必要です。ソフトはワードとパワポですね。ワードは町内会のチラシ作り、パワポは市民大学の講師として講演の資料を作るのに使っています。

後は写真を加工するのにグラフィックソフトの選定をそろそろ始めようかと思っています。

二人とも他人とのコミュニケーションには事欠かなかった人たちですから、問題がなかったのかもしれません。その点で問題がある人たちに勧めてどうなるかという点が気になるところです。

◎質問者からの返答

いろいろと書いていただき、どうも有り難う御座います。


さすが社長さんだけあって、現役ビジネスマンのごとくバリバリ使いこなしてらしているようですね。

やはり、パソコン環境はあくまでもツールであって

もともと目的がある方にとっては何か困った問題を生んだりはしないようですね。


4 ● nofrills
●120ポイント

> こういうタイプの人にはおすすめ

海外旅行によく行かれる方にお勧めしたいです。


定年退職後にご夫婦で海外旅行によく行かれる方で、現地での自由行動の時間の行動予定を立てるのに、ネットを活用しておられるケースを知っています。例えば「ロンドンのウエストミンスター修道院」のように、どのガイドブックにも載っているような名所でも、例えばflickrでいろいろな人の写真を見てみるなどで、自分が「見たい」ものを見つけ、実際に自分の目で見てみる、ということをしていらっしゃるそうです。(一度行ったときにあまりに見るところが多いので辟易としてしまった、という場合など特に、こういう情報の探し方は役立つと思います。)


また、ご夫婦で「ここはよさそうだ」とか「私はそれは興味ない」といったような会話もあり、どちらかが興味がないならそれぞれ単独行動の予定を立てるので、現地でケンカになることが少ない、といったようにうまく回っているそうです。


また、国内旅行でもホテルの予約をネットですれば割引になるといったことで、最初は「孫の写真」のために用意したパソコンとネットを大きく活用されている、というケースも聞きます。


機器は、他の方々もおっしゃっていますが、デジカメはあったほうがいいと思います。プリンタは、写真プリントができるようなものは不要だと思いますが(お店でやってもらったほうが早いしきれい)、ドキュメントの印刷はできたほうがいいようです。また、買わないほうがよいかどうかは人それぞれかもしれませんが、プリンタ&スキャナの複合機が、操作が面倒になって結局使わなくなってしまい、久しぶりに使おうとしたらプリンタヘッドが詰まっていた、という話は聞いたことがあります。

◎質問者からの返答

どうも有り難う御座います。


ご紹介くださった利用法は、素晴らしく洗練されていますね。

国内旅行や巨大テーマパークでも、同じように活用できそうです。


写真を撮って沢山刷ったりあげたりでもしない限り

写真用プリンタは、おっしゃるように家で購入するまでもないでしょうね。


5 ● fugang
●120ポイント

母親にプレゼントしました。

ご心配の「のめり込む」ということは無かったです。

長時間やると目が疲れるらしく、あまり長い時間はやりません。

メールやSkype、サンプル百貨店などを利用しているようです。

http://www.3ple.jp/

はじめはわからないことだらけで忌避しますが、一度「壊れないんだ」とわかると

おもちゃのように使い始めるようになりました。最初は教えるのが大変ですが、

プレゼントして良かったと思っています。

◎質問者からの返答

どうも有り難う御座います。


プレゼントなされたとは、素敵ですね。

パソコンをただ渡すだけではなくて、操作法や活用法もしっかり伝えることが

その後活用されるかやめてしまうかに大きく関わって来そうですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ