人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本の経済学部を卒業するのですが、海外で投資学や証券分析を学びたいと思っています。今のところ、イギリスかオーストラリアの大学院に行こうと考えていますが、(一年で卒業できるから)将来、ファンドマネージャーになりたい自分にとってこの選択はどうでしょうか?留学するのは勉強のためだけではなく、異文化を理解したり人脈を広げるという理由もあります。
イギリスやオーストラリアの大学院に対する批評や、キャリアプランに対するご指摘などお願いします。

●質問者: stoic-hakichigai
●カテゴリ:学習・教育 経済・金融・保険
✍キーワード:どうでしょう イギリス オーストラリア キャリアプラン ファンドマネージャー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● sigma199189
●35ポイント

大学院に進学する、海外留学をするというのは勉強することも重要ですが将来の人脈を作ることも特に経済関係では重要ですよね。

将来ファンドマネージャーになるための準備段階としてはやはり金融発祥の地イギリスが有力だと思います。

オーストラリアもイギリスも英語なので言語で困るということはなさそうですが本場イギリスで学んだというのは大きいアドバンテージ

となるはずです。証券会社などでのインターンシップというのも面白いかもしれません。

伝統にとらわれて少し硬くなっているという面もあるかもしれませんがイギリスの方がいいと思いますよ。


2 ● hetena2
●35ポイント

その程度は短大卒のOLでもするから、無理じゃないでしょうか?アイビーリーグじゃないとだめなんじゃないでしょうか?金(300万)さえ払えば、日本人は入れてくれるそうです。卒業はさせてくれないそうですが。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ