人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近人気のあった、外資系銀行就職やMBA留学などは、今後も若者から人気を維持できるでしょうか?

リーマン社員年収4000万で、引きとめ…とか書いてありましたが。。


●質問者: mouse-year
●カテゴリ:就職・転職 経済・金融・保険
✍キーワード:リーマン 外資系 就職 年収 留学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● yo-net
●35ポイント ベストアンサー

人気と実力がは伴わないので難しいところです。

リーマンの社員は普通に考えて倒産が一番無いと証券界として受け止められていました。

野村の方が潰れると思われてました。

それが今回は逆転してしまいました。

当然、野村よりも優秀な人材がリーマンには入るといわれています。

そんな人材が欲しくて野村は冒険に出たわけです。

いや、決して野村に優秀な人材がいないわけでは在りません。

しかし優秀な人材が日本国内にしかいない野村と世界何処にでも優秀な人材がいるリーマンとでは訳が違います。

だから野村は海外のリーマン社員の引止めに4000万円を支払うのは当然だと思います。

野村が海外で優秀な人材が集められないからです。

今後も人気が出るかですが、この業界は独立が比較的に出来やすい関係から、今後も人気が出続けると思います。

変な比較ですが、工場で組み立てているよりも、銀行の行員の方が、企業を離れた場合、どちらが使い物になるかを想像するとわかると思います。

http://www.nomura.co.jp/

◎質問者からの返答

最後のたとえで、なんとなくわかった気もします。。

彼らは何をもって「優秀」であり、報酬が保証されてるのか

庶民からは意味不明なところです。

大富豪の資金を使って、単年度のみの利回りを稼ぎだすのは

わかりますが…。それを持って何か実体経済にプラスを

及ぼすとはあまりないみたいですね。

でも、ここ数年間は、アメリカ、世界の株式市場をなんとか

牽引してきた…その報酬とみれば安いものでしょうか。

ま、今回のことで余計な戦費は少なくなると思います。


2 ● fwap
●35ポイント

賃金が高いことは変わらないと思うので、当然学生や中途採用での人気は相変わらず相当なものだと思います。

これまで、景気がよかったためか採用人数も多めであったため、競争率も高かったです。しかし、これからはこれまで従来の採用されていた層の人間だけが志願してくるので、本来の倍率に戻ったとも解釈できます。

米国では、CEOやトレーダーへのボーナスが高く、給与への規制が検討されていますが、それでもまだまだ日本法人・日本部署での給料は米国本国とは比べものにならない安さです。

ですので、実力ある層にとって社費留学によるMBAや外資系投資銀行に人気は続くと思います。

MBA課程や選考セレクションに通ることのできない明らかな層が減るだけに過ぎないと思います。


参考

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-33966620...

嵐が吹き荒れるウォール街、高額報酬の時代は終えん

◎質問者からの返答

金融的なことを使って、実態経済社会に好影響を与える人も

出てきてほしいですね。

数学的分析だけでは、自然科学と違って、経済のコントロールは

難しいとも感じますが、金融業界の給与水準はある程度は維持されるのですね。



以前、日本が高度成長時には、

「日本に勝ちたかったら、MBAを輸出すればいい」

なんて皮肉記事があったみたいですが…。


そういえば、日本の銀行は、バブル後も、いまだに給与水準

あんまり変わってなかったですね。人気は少し衰えましたが。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ