人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

テレビアナウンサーの返事の仕方が気になります。

プロ野球などでアナウンサーが年上の解説者から解説を聞き終わったときに、それまで敬語で応対しているのに返事をするときだけ「なるほどね」と返答することにものすごく違和感があります。

たとえば
会話の相手 「これは○○○なんです。」
アナウンサー「へー、なるほどね。」もしくは「ふーん、なるほどねー」

返事が「なるほど」や「そうなんですか」などの返答なら気にならないのですが、なぜかアナウンサーのひとは「なるほどね」、「なるほどねー」と返す人が多い気がします。

そこで質問なのですが、アナウンサーが使う「なるほどね」という言葉は砕けた表現ではない、ふつうの返答の言葉なのでしょうか?

もしそうであるなら、いつ頃からこのような表現が一般的になったのでしょうか?


●質問者: deanima
●カテゴリ:芸能・タレント 生活
✍キーワード:ふつう アナウンサー テレビ プロ野球 敬語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● syougun800
●0ポイント

ほーーなるほどね。


2 ● rsc
●44ポイント

使わない方がいいようです。「なるほど、そうですね。」なら少しはいいかも。

しかし、下記URLでは、「なるほど」自体が敬語にならないと書いています。

http://home.alc.co.jp/db/owa/jpn_npa?stage=2&sn=52 ←ここの最後の文章がいいこと言ってます。

http://homepage2.nifty.com/snufkin/naruhodo.html

◎質問者からの返答

丁寧な回答ありがとうございます。はじめの回答があまりにもふざけているのでこのまま続けようか一瞬迷いました。

しかしテレビのアナウンサーはどうして「なるほど」と相づちを打つのでしょうね?

研修などで正しい日本語を習うはずなのに、よくこの言葉を聞くたびにちょっとイラッときます。


3 ● AntoineDoinel
●36ポイント ベストアンサー

たしかに、「なるほど」と言うと相手の話に合点がいったことを表している感じが

するのでよく使われると思いますが、やはりこれ自体は敬語ではないので、

全体の流れから 浮いて聞こえて違和感を感じられるのだと思います。

<返答>ということで言うと、やはりちょっと砕けてしまっていて、

アナウンサーが使う言葉としては模範的なものではないかもしれません。

アナウンサーが使っている様子を自分がTVで見た時の印象で言うと、

「なるほどねー」と言っている時、必ずしも<相手への返答>という意味だけでなく、

<この話に自分自身も納得できた>ということを表す、ひとりごとと言うとへんですが、

感想というか、そういう感じで使われていることが多い気がします。

相手への直接的な返事ではない、というつもりがあるから、ついアナウンサーも

使ってしまうのではないでしょうか。

いつからということでいうと、例えば古いニュース映像のアナウンサーが使っている

のなどは余り聞いたことがないので、決してそう古いことではないと思います。

今 大物司会者と言われるキャスターやフリーアナウンサーの方などが活躍

しだしてからかなぁという印象を持つのですが・・・。

◎質問者からの返答

>>アナウンサーが使っている様子を自分がTVで見た時の印象で言うと、

「なるほどねー」と言っている時、必ずしも<相手への返答>という意味だけでなく、

<この話に自分自身も納得できた>ということを表す、ひとりごとと言うとへんですが、

感想というか、そういう感じで使われていることが多い気がします。

回答ありがとうございます。

わたしもアナウンサーの方はそのような使い方をしていると思います。

なぜこのような質問をしたかといいますと、

日テレの河村アナが巨人戦でよく「なるほどね」と相づちを打つのが気になり、

このような質問をさせていただきました。

>>今 大物司会者と言われるキャスターやフリーアナウンサーの方などが活躍

しだしてからかなぁという印象を持つのですが・・・。

確かにフリーアナウンサーは言葉遣いがひどくて、

私的には司会ができるタレントと思っています。

売れるようになって人に対する言葉遣いや敬意を忘れているひと達が多い気もします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ