人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

破産法についての質問です。103条を見ると、確定金銭債権については、破産手続開始後に弁済が行われた場合には破産債権額がその分経るのに、非金銭債権等については、破産手続開始後に弁済が行われた場合でも破産債権の額は減らないように思います。これは不公平ではないのでしょうか?

●質問者: draftand
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:債権 破産 破産手続 破産法
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● hoongt
●60ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%B4%E7%94%A3%E5%82%B5%E6%A8%A...

◎質問者からの返答

回答拒否

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ