人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ネットショップの開設直後のプロモーションで安価な物を探しています。

手間はかかるけど
「ここは登録したほうがいいよ!」
とか、
「ここのサイトとのサービスは安いけど絶対に開設時にはやったほうがいいよ!」
とかあったら是非教えていただきたいです。

例えば・・・・

1)e-shopsへの登録http://www.e-shops.jp/

2)PRjapan http://www.prjapan.co.jp/

などなど、ECサイト開設時に行う宣伝について色々と教えていただきたいです。


よろしくお願い申し上げます。

●質問者: koh46620
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:ECサイト サイト サービス ネットショップ プロモーション
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● hetena2
●40ポイント

色えんぴつ http://www


2 ● morethanjustase
●20ポイント

オークションサイトへの出品が有効だと思います。

ネットショップで扱う商品カテゴリを選び、プロモーションのためと割り切って安価な価格設定で出品すれば、

その商品カテゴリに興味を持っている方からの注目度は高くなりますし、扱う商品と価格設定に魅力があれば、

そのままネットショップのお得意様になってくれる可能性もあります。

http://auctions.yahoo.co.jp/

http://auction.rakuten.co.jp/

http://www.bidders.co.jp/

◎質問者からの返答

それはわかってますよ。

ちょっと質問の意味とは・・・


3 ● kou32rr
●20ポイント

業種によって異なると思います。

SEO狙いであれば、その業種に関するキーワードで検索してみて、

TOPに出ているところに登録する方がベターです。

e-shopも、キーワードによって得意不得意(というか順位が)マチマチです。

商材やサービスの特徴にもよります。

商材、サービスに自信があるようであれば、

やはり効果があるのはオーバーチェアです。

広告は出したときだけ効果があるので、

リピーターを押さえられる自信がある時に効果的です。

地道にやっていくのであれば、SEOがやはり効果的です。

ランキングもそれに依存せず、SEO対策の一環とした方が吉ですよ。

「ここは登録したほうがいいよ!」というのは、

正直なところ実際にはありません。常に流動的だからです。

まずはライバルサイトが登録しているところに、

自分も登録してみると良いかもしれません。

http://www.tanken.ne.jp/

◎質問者からの返答

言われる意味は理解できますが、「実際にはありません・・・」ならご回答をわざわざいただかなくてもよろしいかと。。。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ