人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

税金についての質問です。A社とB社とC社があってA社は仕事をC社に紹介します。C社はそのことに対して紹介料としてA社に謝礼を支払いたいのですが事情により直接A社にではなく,まずB社に振り込んでから次に

B社がA社に振り込むという形を取りたいのですが,この場合もしC社がB社に対して業務報酬という形で振り込んで,まったく同額をB社がA社に対しても業務報酬として振り込んだ場合,売上げに対する税金としてB社も税金を負担しなければならないのでしょうか?それとも最終的に受取るA社だけの負担になるのでしょうか?もしB社も負担しなければならないのならどれぐらいの負担になり,もしくは負担しなくてもすむ方法があるのでしょうか?最後に業務の委託という名目ですむのであればどのような手続き&契約書を用意する必要があるのでしょうか?長い質問で申し訳ないのですがどうぞよろしくお願いします。

●質問者: okutarou
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:事情 報酬 契約 税金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● v99
●35ポイント

会社同士の取引の場合、個々の支払い(売り上げ)に対して個別の税金は払いません。年間を通じて利益が出ていなければ(赤字)税金はゼロです。

(節税(脱税)の方法としてC社が儲かっているので赤字のB社にA社からの売り上げを計上しておいてその資金をプールしておくというのがあります。)


もし謝礼に消費税が含まれるならばそれはそのままC社からB社を通じてA社に支払われるので特に問題はありません。


但し、一般的に(税務署から)見てそのようなB社にとって何の利益も無い取引は直接C社からA社への支払いとみなされる可能性がありかつB社のA社に対する便宜供与とみなされ経理上の

不備を指摘されるでしょう。その取引に対して5%ないしは10%なりのマージンを上乗せしてB社は間に入るのであれば正常な取引とみなされるでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。大変参考になりました。結構微妙な問題のようですね。


2 ● kappagold
●35ポイント

原則として、課税は利益に対して行われます。

B社は、C社から業務報酬を得て、A社に紹介手数料を支払うわけですから、B社の利益は、(業務報酬?紹介手数料)になります。そのため、税金は、(業務報酬?紹介手数料)に対してかけられますので、B社が紹介手数料の税金を支払うことはありません。


A社の利益は、紹介手数料ですので、A社が紹介手数料に対する税金を支払います。


ご心配なく。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。大変参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ