人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

コンサルタント紹介サイトのA社運営のWebサイトに登録しました。
掲載料の他に案件が成約した際に営業手数料25%を支払うというものです。

試しに登録した直後、案件でなく、コンサル会社を紹介されました。
その後、この会社から案件の再委託がありました。
A社は、この売上金額の25%を手数料として支払う事と、
今後の契約にも15%を支払うように求めてきました。

再請負元の紹介だけで何のリスクも営業努力も負っていないA社に
続的な営業手数料を支払う法的義務はあるのでしょうか?




●質問者: JIJO
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:webサイト コンサル コンサルタント サイト リスク
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●60ポイント

契約ですので、法的義務はまず契約書に記載されている事項に縛られます。

契約書に質問に書いたような決め事が書いてあれば、その条件で支払う事が必要です。

既に契約しているので、契約条項に納得して契約した事になるので、支払わなければ逆に訴えられる可能性もあります。


また、A社がコンサル会社から案件を受けてそれをJIJOさんに紹介することと、A社がコンサル会社をJIJOさんに紹介してコンサル会社が案件をJIJOさんに紹介することは、単に案件を紹介する手続きの順番が違うだけといってしまえば、そこに法的根拠のある違法性を見つけ出すことは困難だと考えます。


納得がいかないのであれば、通常の契約書ならば、契約書で決めていない事項については「協議の上決定する」と言うような文言があると思いますので、契約書決め事が書いていないのであれば、減額等について交渉することも出来るとは思います。


コンサルタント業は、人間関係が大事だと思いますので、最初は利益が低くてもどんどん仕事をこなしていけば、利益率の高い紹介手数料の不要な仕事もどんどん増えていくと思います。


がんばってください。

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

御回答ありがとうございます

A社とはWeb上での会員登録の際に同意した規約のみで個別の契約はありません。

規約はクライアントがWebでクライアントを探した際にマッチングされたケースを想定していますので、

このようなケースでは特に記載されていません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ