人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「機械強度」とはなんですか? また次の文脈ではどういう意味になりますか?「結晶片岩の機械強度が方向によってかなり異なることのあらわれ」

●質問者: neyorawa
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:機械 結晶
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● qooler
●20ポイント

材料系の文章にも見えますね.結晶と言うフレーズが出ていることから考えて,

『機械強度=引張り強さ』

ではないでしょうか? きっと結晶の機械的な強さ(引っ張り)と化学的な強さ(酸に対する強さ)が載っているのでは??


2 ● くまっぷす
●20ポイント

mechanical robustnessの訳でしょう。

http://ci.nii.ac.jp/naid/110003686695/

意味はWikipediaで。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E7%9A%84%E6%80%A...

結晶には軸があるのですが、その軸に対していろんな方向から力をかけたときに壊れやすい方向、そうでない方向がある、というような意味です。


3 ● kappagold
●20ポイント ベストアンサー

強度と同意で、機械的強度とも機械強度とも言われます。


強度の種類は、Wikipediaの通り、

弾性率 、降伏強さ、塑性、引張強さ、伸び、破壊エネルギー、硬度などであるが、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B7%E5%BA%A6

結晶の場合は、

破壊エネルギー

破壊するまでに材料に加えられる総エネルギーを破壊エネルギーと呼ぶ。破壊エネルギーの大きい材料は「剛い (tough) 」と表現される。


が良く使われます。


文例の場合は、力をかける向きによって破壊までのエネルギーが異なるということを示します。

層状に重なる形の結晶の場合、上からの破壊には強いが、層がずれやすいので横からの破壊には弱いという時に良く使います。


4 ● yamadakouzi
●20ポイント

圧縮、引張り、曲げ、せん断、捻り強度の事です。試験体に依っては全てでなく、主に圧縮と引っ張り強度、それに曲げ強度が加わる事が多い。


5 ● kiryu113
●20ポイント

前後の文が分からないので確証をもってお答えは出来ませんが・・・


【機械強度】

→硬さ、せん断応力など


として、捉えることが出来ると思われます。

このサイトの『性質』というのが、強度としてとらえられるかと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E7%9A%84%E6%80%A...





ここからはさらに推測ですが・・・


材料的な話が成されており、

例えば

(このような亀裂が入るということは、結晶構造が均一でないことなどにより)、結晶片岩の【せん断応力】が方向によってかなり異なることのあらわれ


の様に表現できるかもしれません。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ