人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【アロワナ・オヒョウ】

アロワナとオヒョウという2種の魚に関して、
生息地域、時期、成長過程(どのくらいかけて大きくなっていくのか)、独特な生態(最優先)、平均的な大きさ、最大級のものの大きさを教えて下さい。

おもしろい生態や習性があったら一番知りたいです。

宜しくお願いします!

●質問者: ryota11
●カテゴリ:趣味・スポーツ 科学・統計資料
✍キーワード:アロワナ 地域
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● peach-i
●27ポイント

http://fishing-forum.org/zukan/mashtml/M000626_1.htm

>越王勾踐は船料理で魚を片身だけ食べて海に捨てた。その半身が泳ぎだして魚になった


2 ● kaka777
●27ポイント

オヒョウは、冷たい水を好む北極海の生息種です。水深200?2000メートルに生息しますが、水深400メートルより浅い海域ではあまり見られません。オヒョウは海底と外洋の浅海域の両方に生息しています。ヴェステルオーレン群島からビニョーンオイヤ島にかけての北部の大陸棚がノルウェーにおける主な産卵場所です。

http://www.seafoodfromnorway.jp/seafood/dictionary/halibut.asp



現代においてアロワナが生息する場所として知られているのは、南アメリカのアマゾン川です。アマゾン川といえば、ピラニアやワニといった獰猛な生き物が多く生息する場所です。

http://www.ikita-kaseki.com/ikita/arowana/


3 ● chinjuh
●26ポイント

アロワナって、どこのアロワナですか。

南米ですか、アジア・オーストラリアですか、それともナイル川ですか。

本気で探してるなら顔洗って出直せと言いたい感じがしますが。


アジアアロワナは、タイ周辺とオーストラリアにいます。淡水魚なので海を渡って勢力を広げたわけではありません。アジアとオーストラリアが地続きだったことを意味しています。

アジアアロワナはマウスブルーダーです。すなわち、口の中で卵を孵し、子育てもします。

アジアアロワナは鱗の色が美しく、赤いものをレッドアロワナ、金色のものをゴールデンアロワナ、緑色のものをグリーンアロワナなどと呼び分けます。また中国語では龍魚と呼び、色により紅龍、金龍などと呼び分けます。


ナイルアロワナは浮き袋を肺のように利用して酸素をとりこむことができます(空気呼吸をする)。そのため乾燥に強いことが知られています。南米のピラルク(アロワナ科)も同じ性質を持っているそうです。


南米産のアロワナは、舌に骨がとおっており、舌の表面には「歯」と言われる突起が無数にあります。原住民はその舌をヤスリに使います。また、原住民はアロワナやピラルクをとらえるのに網や釣り竿ではなく弓矢を用いました。

http://www41.tok2.com/home/capino/amazon/manaus.html

↑ここにあるのはピラルクの舌


参考

荒俣宏「世界大博物図鑑・魚類」







でも書きたかったのはそれじゃなくてオヒョウを見に行くんですよね? そのあたりにユーラコン Eulachon というキュウリウオ科の魚はいませんか。学名は Thaleichthys pacificus だと荒俣の本に書いてありました。その魚は非常に脂肪分が多く、干物にして火をつけるとロウソクのように燃えるため、キャンドルフィッシュとも呼ばれる、とのこと。また、北西インディアンはユーラコン油を非常に好み、大事な客人をもてなすためにふんだんに使っていたそうですが、匂いに癖があり、慣れないとキツイそうです(キュウリウオ科の名前は胡瓜に似た香りがすることが由来)。

◎写真

http://flickr.com/photos/crappywildlifephotography/772351786/

◎インディアン関係の本

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4639006500.html

◎ユーラコン油についての古い文献(右上のアイコンをクリックするとPDFファイルで読めます)

http://ci.nii.ac.jp/naid/110003613992/



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ