人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

株の売買の際の、信用取引についてです。信用取引とは、自分の手持ち資金の数倍の株を買うことができるのですが、その倍率は、証券会社によって、違うと思います。各証券会社(特に、インターネット系の証券会社)の、倍率一覧表が、のっているホームページのURLを教えてください。

●質問者: oct9
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:URL インターネット ホームページ 信用取引 証券会社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● zzz_1980
●27ポイント

http://www.matsui.co.jp/first/margin_qa/qa4.html

担保30%(倍率3.33倍) (最低30万円)

http://www.monex.co.jp/ServiceInformation/00000000/guest/G100/si...

担保30%(倍率3.33倍) (最低30万円)

https://www.joinvest.jp/support/help/trade/shinyou/index.html

担保30%(倍率3.33倍) (最低30万円)

どこでも一緒だったりしますが…


2 ● syou_m
●27ポイント

どこの証券会社も委託保証金率は30%だと思いますよ。

http://q.hatena.ne.jp


3 ● bakuto
●26ポイント

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/invest/sinyo/a/itaku_hoshokin_ritu_to...

私も過去に調べた事が有りますが、保証金が30%でこの数字は法律で定められてます。

理由としては株は一夜にして0円になる可能性が高いので、保証金率もFXとは違い高いのです。

ちなみにこの保証金率は、証券会社の意志で変えられます(30%以上に)


元金の3倍以上の金額を株で扱う方法も有ります。

初めに現物で株を買い、その株を担保に信用取引をすれば、若干通常より多くの金額を扱えます。(いわゆる二階建てと言うやつです)


株では資金の3倍程度までですが、FXならば探せば400倍まで有りますよ。(対レートで0.25円変われば資金が全て飛びますけど)


話は元に戻りますが、保証金率はどこも変わらないので、選ぶポイントは手数料や逆指し値の有無、インターネット証券ならば通信障害等の取引不能状態があまり無いところ。(以前は楽天が評判が良くなかったですけど)。

それと手数料に付いては取引の形態によって、選択できる場合が有りますので、自分の取引スタイル(デイトレなのか、一週間程度保持、中長期なのか)を見極めてから選択した方が良いです。

あとは、なるべく大きな所が良いですよ。(潰れにくいところ)


最後ですが、「株」、「FX」、「先物」と最近は一般の方にも受け入れてもらえる様な雰囲気ですが、一昔前は堂々とイカサマが横行していた世界で、現在もその体質が残っている部分があります。

顧客の資金保全をせずに倒産した会社もありますし、客を殺しにかかる(資金を巻き上げる)会社もあり、そのようなモラルリスクは付いて回ります。(株はまだマシな方ですが)

なので負けてはいけない金額の投資はおすすめしません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ