人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本は細かすぎで、会社の業績に関わる本質的な部分以外も丁寧に仕事をしようとするので、それで他の先進国より、仕事の効率が劣っているのではないですか?

●質問者: abcdefg
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:会社 先進国 本質的
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● pikupiku
●18ポイント

そうです。

とくにサービス業は接客などサービスしすぎですね。

そりゃ、生産性あがりませんよ。



http://q.hatena.ne.jp/answer


2 ● yumisaiki
●17ポイント

だから日本が今の経済不況の中でも生き残っていると私は思いますよ。

日本の何でも丁寧にやり、根がまじめであるということが世界の中で存在感をこの小国が示せている理由だと思う。

決して悪いことじゃないと私は思いますよ。

効率がいいことばかりがいいとは私はまったく思わない。

http://www.mskj.or.jp/chinika/9506cnktaidan.html


3 ● amano001
●17ポイント

日本の恥の文化が細かいところまで気配りしている要因であり、それが日本のみならず国際的にも通用している効率化ではないでしょうか?

サービス業を見ているといろんな部分で丁寧に仕事をしている人がいるとそれだけ人々に指示されますしその分会社の寿命が長いと思いますよ。少なくとも現在の日本が海外先進国に比べて劣っている印象はないですね。

http://q.hatena.ne.jp/answer


4 ● ksh
●17ポイント

本質以外の部分の品質向上は、一見無駄に思えるかもしれませんが、本質以外の細かいところに手が回ってることが、エンドユーザーさんに想定外の満足を与えれば、リピーターとなってもらえる率が上がるので、一概に無駄とは言えないと思います。

しかし、私はソフトウェア開発をやってるのですが、ISO準拠のルールでやってると、開発そのものでなくて「ISO準拠にするため」の仕事の割合がどんどん増えてきて、コストや時間がどんどん増大する傾向にあると感じます。

品質確保のために、現場で「それがなぜ必要か(無いとなぜ困るか)」が考えられ、共有されていれば、良いことだと思うのですが、大きな会社さんの場合、偉い人が作った「全社開発標準」にあわせるため、自分のところでは必要がないことをしないといけないことがあり、これは確実にロスコストを生んでいると思いますし、ストレスですねえ。

http://q.hatena.ne.jp/1224776152

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。本質以外の細かいところに手が回ってることが、エンドユーザーさんに想定外の満足を与えれば、リピーターとなってもらえる率が上がるので→顧客のリピート率を上げる細かいサービスというのは、会社の業績に関わる本質的な仕事だとおもいますよ。

その細かいサービスによって、会社の業績が上がっているわけですよね?


5 ● ubsp1977
●17ポイント

効率性を追求する理由は、ますます乏しくなる経営資源を有効活用するためでしょう。効率性と本業の追求は表裏一体だと思います。

ダミー

http://www.apple.co.jp


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ